Q

大腸がん再再発

ステージ4(肝転移)から切除後3年で再発しました。イレウスのリオペも成功したのですが(局所転移再発)肺に再再発しました。現在FOLFOX6のレジメンで治療中ですが状況によって生存期間はどのくらいになるのでしょうか。色々と計画をしなければいけないと思っています。

質問者:知りたいです さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

肝転移がコントロールされていて(手術後の再発がなく),肺転移が数個の小転移巣であれば,深刻な状況ではないと思います.

肺転移の状況が,外科切除する適応にあるのかどうか,外科切除するのかどうかなどにも事情は変わってきます.

抗癌剤治療(FOLFOX6のレジメン)で肺転移の経過をまずは見ることはなると思いますが,その間に,抗癌剤に効果があるのか,ないのか,新たな肺転移巣の出現の有無はどうかなどが生命予後にとって大きな意味をなしてくると思います.肺転移の経過を見るのにも2-3ヶ月はかかると思います.

知りたいですさん

肝転移のほうはその後まったく腫瘍の姿を認められず経過しております。肺転移の方はPETでは認められなかったのですが、CTでは両肺に7〜8個微細な影が認められるということで、一部は胸膜の近くにもあるという説明があり、現状では手術適応は難しいとのことです。ただ、旨のX線造影写真にも分かりにくいほど医師曰くCTの位置からしてこれなのかなぁといわないと殆んど分からない状況だということです。CEAは現在8.3〜9.5になっておりますが。CA19-9で35という値で推移しております。

和歌山の医師 一般内科 先生

肺転移はPETでは認められない、というのは、肺転移が非常に小さい、あるいは肺転移の部分が抗がん剤で完全に抑えられている(がんが死滅じている)なども期待できます。

肺転移は消失していて、腫瘍マーカーも横ばいであるのなら、抗がん剤が癌をうまく抑え込めている状態です。

今後も抗がん剤の効果に期待できると思います。

知りたいですさん

ケモの副作用で入院しておりまして、チェックが遅れ申し訳ありません。ご回答本当に有難うございます。重ねて御礼申し上げます。
早速ですが、ご提示した情報の次期についてご説明の空けたことがあったことに気づき反省と共に付け加えをさせていただきます。
PET及びCTの画像共にケモ開始直前の撮影画像でした。そこで、主治医はCTの断面を指しここがサスピシャスと話されましたが、縦郭には何も映っていない。との所見を頂いております。
次週再度PETとCTを実施して確認することとしております。
入院は、FOLFOX6の3回目にしてトラぶったということです。嘔吐が続いて脱水状態になったためです。直前のマーカー値は実施時点と変わりませんでした。
主治医も、評価をする目処が難しいとのことでしたので、
次週のチェックに期待しています。
結果につきましては、またお願いすることになりそうですが、御寛慮頂けましたら幸いです。寒さ厳しき折、先生に置かれましても、御自愛下さるよう。敬具

知りたいですさん

その時点ではCEA9.3 CA19-9 29となっております。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。