子宮頸部頸管腺内の高度異形成について。

今年3月、子宮頸部異形成のため円錐切除術を受けました。これに先立ち、2月の組織診の標本では、「全周でコイロサイトーシスを示すmild dysplasiaの所見があるが、11方向で頸管腺内に全層性のdysplasiaを示す重層扁平上皮を見ており、この部分は全層性のdysplaticな所見がある。表層への分化は見られており、severe dysplasiaの所見。severe dysplasiaについてはmargin(-)と見られるが、表層の変化の部分が不明瞭なので,この付近については精査を要する」というものでした。続いて円切の標本では、「重層扁平上皮はごくわずかに見られるのみで、採取時のものと見られる人工変化が強く加わっていて所見が採り難くなっているが、コイロサイトーシスを見るmild dysplasiaの変化と思われる。よってmild dysplasiaの変化はmarginに残存する可能性はある」とのことでした。その後7月の細胞診が、10月がで現在のところは安心しておりますが、腺癌は上皮内癌に比べ放射線も抗癌剤も効き難く進行が早いそうですが、私の場合、高度異形成だったとはいえ、頸管腺内でしたので、やはり上皮内の異形成に比べますと再発(?)しやすく進行も早いということになるのでしょうか?早期の場合は大差はないそうですがとても気になり心配しております。どうかご回答をお願いいたします。

person_outlineアレキサンドラさん

1名の医師が回答しています

obgy 先生

産婦人科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師