Q

下垂体線種

3年前に下垂体の手術を受けたのですが
硬くて少ししか取れませんでした。
今少し増えているし、視野も狭くなっているので、開頭手術を勧められています。他に方法ないですか

質問者:ハルトシ さん

脳外専門医 先生
脳外科

脳外専門医 先生

先の先生も言われていましたが、下垂体線種にもいろいろな種類があります。成長ホルモンや乳汁分泌ホルモンなどをだす機能性腫瘍。これは小さくてもホルモンが悪さをして末端肥大症や無月経などをおこしますので治療します。これは小さければお薬やガンマナイフとよばれる放射線でも治療できます。それから一番多いのはホルモンをださない良性の下垂体線種です。
これは、小さくて症状がなければ経過観察でもいい場合もあります。種類はいずれにしても、腫瘍が大きくなれば、その上にある視神経を圧迫しますので視力障害、視野欠損がでてきます。この場合は視力障害の進行を防ぐうえで一番効果的なのは手術と考えます。おそらく文面から良性の下垂体線種であって以前は鼻あるいは唇のところから(経蝶形骨洞的腫瘍摘出術)を施行されたが、腫瘍が硬くて全摘出できなかったことが予想されます。腫瘍が柔らかければ、時間とともに腫瘍がまた、下のほうに移動してきて同じ方法で開頭しなくても手術できることもありますが、硬くて上のほうに腫瘍があり、また視力、視野傷害もでてきていますので開頭手術がいちばん良い方法かなと思います。
開頭手術も手術視野が広いですし、顕微鏡を使いますので安全に確実にできると思います。腫瘍の場所、形態、種類にもよって細かな差はありますので主治医の先生に遠慮なく尋ねてみてはと思います。

Traiten 先生
膠原病科

Traiten 先生

大きくなってきているのであれば、再手術は必要と思います。下垂体腺腫の種類によってはお薬で大きくなるのを抑制できるものもありますが、そのような種類ではなかったのでしょうか。また、少し気になるのは、硬くて取れなかったということであれば、再手術をしてもまたあまり取れないのではないかと心配します。手術法も含めて検討されると良いと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。