手術について

先日質問したものですが、詳細について追記させていただきます。
当人は現在59歳で男性です。高血圧で、現在血圧を下げる薬を病院で処方していただいております。3年前に脳下垂体線種とのことで、手術を受けました。約1ヶ月ほど入院をし、手術は、鼻から腫瘍を取るというものでしたが、腫瘍が直径4センチと大きくて硬かったため、4分の1ほどしか切除できませんでした。その後1年に1回くらいMRIで様子を見ていましたが、先日の検査で、残った腫瘍がわずかに大きくなっているとの事で、再度手術をした方が良いと診断されました。ただし、次は鼻からではなく、開頭手術となるとのことで、当人も非常にナーバスになっています。手術を受けないで放射線の治療もあるとの事ですが、放射線治療では腫瘍が硬くなってしまい、逆に手術は出来なくなってしまうとの事です。診断してくださった先生は、まず開頭手術で腫瘍を取れるだけ取って、(ただし、視神経を圧迫している状態のため、全てを切除することは不可能との事)残った腫瘍に放射線をあてるという事です。
そこで、お聞きしたいのですが、脳下垂体線種の開頭手術というものはどの程度の危険が伴うのでしょうか?開頭手術が今回初めてであり、皆目見当がつきません。また、後遺症の件ですが、脳下垂体の手術で、もし後遺症が出てしまうとしたら、どのような症状があるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いいたします。

person_outlineハルトシ さん -

2名の医師が回答しています

脳外専門医 先生

脳外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師