Q

病気でありたい

こんにちは、いつもお世話になっております。
適応障害・抑鬱神経症と診断され、神経科に 通院して
1年半ほどになる女性です。
毎日心身ともにだるく、仕事も手につかない状態で、
こんなふうに仕事中にネットをしている有り様です。
このままで大丈夫なんだろうかとなんとな〜く感じて
います。
しかしそれとは逆に、いつまでもこのままでいたいと
いう気持ちが大きいのです。
1ヶ月に1度の通院ですが、病院が一番落ち着く場所
です。
薬を減らされるのがとても悲しいです。
そんなときには、家に余っている安定剤を飲んでしまう
こともあります(飲み合わせ等については問題なし)。
薬を増やしてもらいたくて、主治医と話すときには、
小さなことでも大袈裟に話してしまいます。
それでも「神経症」のせいか、薬が増えることは殆ど
ありません。
先生もわかっているのでしょう。
だからといって、依存症ではないように思います。
とにかく、病気を治そうとか、少しでも薬を減らして
いきたいとか、そういう気持ちが皆無に近いのです。
これを主治医に打ち明けてしまうと、「これは薬に
依存しているな」と思われ、減らされてしまうのでは
ないかと思うと、とても言い出せません。
精神的におかしい自分に酔っているのかなと感じます。
しかし日常では、神経科に通っているようなそぶりは
全く見せていないつもりですし、言いふらしたりも
していません(言いたい気持ちがないわけはない)。
これは一体どういうことなんでしょうか。

質問者:無人 さん

ともさん

素人意見なので,鵜呑みにしないで読んで下さい。

まずは病気を治す事が一番先決だと思います。

会社は,この病気で休めないんですか?
私は自律神経失調症による「うつ状態」で会社を休んで3ヶ月になります。
会社により健保組合や就業規則が違いますが,私の場合は最初の1ヶ月は有給休暇を使い,後は就業規則で現在,欠勤扱いです。もちろん給与は0ですが,でも健保組合から傷病手当で給料の7割ぐらいを支給されています。(毎月,医師の診断書が必要ですが)
ちなみに国保では,でません。
私は生来のなまけ症なのか,はっきり言って仕事なんて,したくありません。まぁやりがいがある仕事なら別ですが…。
まぁ誰でも宝くじ3億円当たって,仕事せず遊んで暮らしたいと思っている人は結構いると思いますよ。
でも何もせず1日中寝ているのも結構退屈で苦痛じゃないですか?
結局,何が言いたいかと言うと就業規則を調べて利用できるものは何でも利用すればいいんです。
私は最近,転勤になり,職場になじめず,それが原因で現在の病気になりましたので,完治するまで無理して会社に行こうとは思いませんし,行きたいとも思いません。
人には,やはり向き,不向きがあると思います。
でも生活の為に不向きな事もしなくてはいけない場合があります。
自分の生活が最高に幸せだと思ってる方が何人いるのでしょうか?たくさんいると思います?
多くはいないでしょ…多分。
だから最終的には就業規則を良く調べる。特に休職規定,傷病手当を調べる。
ネット等で傷病手当についても詳しく調べる。他に32条について調べる。申請が通れば診察代,薬代が5%ないし,無料になる。
もうしてらっしゃるかも知れませんが…。
人生1度きりです。生きたい様に生きるのが一番。
色々事情があって,そうもいかないのが現実ですが。
私も病気の為,乱文になり申し訳ありません。
ただ,こんな世の中になったのが一番悪いんだと思います。うまい事,生きましょうよ!
それでは,お大事に。

無人さん

おはようございます。返信有難う御座います。
>私は生来のなまけ症なのか,はっきり言って仕事なん
>て,したくありません。まぁやりがいがある仕事なら
>別ですが…。
これは私も同感です。
一般的に、「うつは怠けではない」なんて言われます
が、私には当てはまらないような気がしています。
学校に行くのが嫌で仮病を使う子供と変わらないので
はないかと思ってしまいます。

昨年の夏頃から半年間、休職をしていました。
健保からの傷病手当と会社の組合からで、100%の
お金は支給されていました。
またこれを使って休むことは可能です。
しかし、このまま休んでみたり出勤してみたりで
一生この会社にいられるだろうかという不安があり
ます。1度や2度の休職なら多目に見てもらえると
思います。これを一生続けていくには無理がある
でしょう。
転職するといっても、こんな状態の人間を雇ってく
れるような会社はないと思われます。私が経営者だ
ったら、絶対に雇いませんし。

32条については、以前に主治医に相談したところ、
「そんな軽いんじゃだめよ、統失くらいじゃなきゃ」
とあっさり断られてしまいました。
病院によっては、私と同じような病状でも受けられる
ようですが、仕方ないかと諦めました。

しかし、調べれば何か見つかるかもしれません。
できるだけ楽で自分の過ごしやすい人生を求めて、
いちから探してみることにします。
有難うございました、大変有益なご意見でした。

三十路のしがない勤務医 先生
消化器科

三十路のしがない勤務医 先生

「疾病利得」(病気利得)と呼ばれるものです。

専門的には(精神分析学)、病気になることによって無意識に現実から逃避し、心理的安定や満足を得ている場合を一次疾病利得といい、病気の結果、周囲からの同乗や手厚い看護、補償など現実的な利益や満足を得ている場合二次疾病利得といいます。

適応障害・抑鬱神経症などに限らず、誰しも感じたことはあるようなものです。
(風邪でゆっくり休める・周りからやさしくされる・このまま風邪のままでいたい・・・など)

無意識のうちに「病気」にかかわってくることもあるのですが(例えば「夜尿症」(おねしょ)の一部など)、あなたの場合、充分に自覚されておられますし、このことを主治医にお伝えになれば(それこそこの文面をプリントアウトされても良いと思います)、本来の病気に対しても治療の糸口につながる可能性高いと思われます。

無人さん

早速の返信有難う御座います。
疾病利得については、過去偶然にも目にしたことが
ある言葉です。
私の場合は、どちらかというと一次疾病利得になる
のかと思います。
これはよくないことなのでしょうか?

三十路のしがない勤務医 先生

大きなストレスから自身を守るため、病気に逃げ込むのはその方法の一つになりえます。選択枝が「逃げる」ことしかないのか分かりませんが、例えば、その「病気」のため仕事に支障が出てくる、あるいは気分が落ち込んでさらに不安が大きくなる、ならば病状として「よくない」ことになります。

疾病利得に依存的になるのはまた問題となりますが、
「逃げ道がそこにしかない」場合もありますし
一概に良い悪いの判断も出来ないとは思います。

そこそこ問題なく(他人に迷惑かけず自身の精神状態も安定して)社会生活を送れるのであれば、疾病利得もよくないとは言い切れないのかもしれません。

無人さん

なかなか難しい問題ですね。
私自身、自分の病気を持て余しているところがあります。
今どういう状態なのか、どういう状態であることが
ベストなのか、皆目検討もつきません。
考えるのが面倒くさくて、投げやりになってしまいます。
一生引きこもって寝ていたい。
仕事の向き・不向きがあるように、人生に向き・不向きが
あるんだなと思い知らされます。
まさか自分が不向きだったとは。
今日は1日ネットして過ごしました。
仕事は進んでいません。
・・・なんだか関係のない愚痴になってしまいました。
とにかく、ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。