網膜静脈閉塞の処置ついて

今年8月17日の朝起きたら右目が見えづらくすぐに眼科に行ってみたところ、眼底出血と言われ総合病院を紹介していただき翌日すぐに行ってみましたが紹介医師が休みで他の医師が診察していただき、結果静脈が詰まっているが中心部でないのでそんなに心配いらないと言われ薬を頂きました。
薬はアドナ30mgとカルナクリン25を各1錠 1日3回服用です。
これを服用し23日まで待つように言われ帰宅しましたが、その後もだんだんと見えなくなっていくので心配になり、もう一度急いで診ていただきましたが同じ医師に問題ないから23日まで待つようにと言われ帰されました。
23日には非常に悪くなり、全体が暗くところどころしか見えなくなっており、紹介された医師に診ていただいたところ網膜静脈閉塞症で中心部が詰まっていてそこからの剥がれた血栓が毛細血管に詰まり出血していると違う診断が出てレーザー手術をすることとなりました。
8月31日、9月14日の2回手術を受けました。
その後も目の奥が痛くなることがあり相談しましたが、病状には関係ありませんと言われ不安が続きました。
11月25日に診察に行きOCT検査を受けると不安的中でまた出血しているので再度レーザー手術が1〜2回必要と言われました。
12月14日に手術になり、今度は緑内障の危険性もあると言われました。
今までの手術は点眼麻酔でしたが回を重ねるごとに痛くなってきていると話したところ、今度は眼球麻酔を注射しましょうと言われたのですが、全てにおいてきちんとした説明を何もしていただけなくて、ただ同意書に眼球麻酔によって球後出血、皮下出血などにより再手術もありとだけ書いてあり、実際危険性の高さがわからず、またそれにより術中の痛みが本当に無くなるのかさえあいまいな返事で、今すごく悩んでおります。
点眼と眼球どちらがいいのか、これ以上悪くならないのか、他の緑内障等他の病気を出さない生活方法などを教えていただきたいです。
他に持病はWPW症候群、頻脈発作、不整脈で別病院にて心臓の医師にかかっております。
飲んでる薬はシベノールを1日2回服用しております。
心臓の現状は血圧上135〜150下82〜98で何か家事等をすると上160位下100位に一時的に上がる状態で心臓の担当医には話してありますが、この症状には関係ないと言われています。
眼底出血の原因はわからないとどちらの医師にも言われております。
一応、家庭では血栓を溶かす効果があると言われているナットウキナーゼの含まれている納豆を朝夕2回たべて、眼によいと言われているルティン ゼアキサンチンの錠剤を飲んでいます。
今後もこの繰り返しが続くものだと言われ、この病院にて続けて受診していくのも良いのか判りません。
長く色々質問が多いですがよろしくお願いいたします。

person_outline病気持ちすぎ さん -

1名の医師が回答しています

Ordinary Dr.K 先生

眼科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師