Q

遺伝性からくる甲状腺髄様癌について

甲状腺髄様癌で甲状腺の三分の二を摘出し右頚部リンパ節を郭清しました。その後、別の病院でRET検査をしたら遺伝子に異常があることが判明しました。この場合、甲状腺を全摘し両側の頚部リンパ節を郭清しないと残った甲状腺への転移再発の可能性が高いと聞いたのですが、どうなのでしょうか?
また、子供に遺伝子が伝わると百%近くの割合で甲状腺髄様癌になるというのも本当でしょうか。不安でなりません。

質問者:hurunba さん

へっちょこユキ 先生
小児内科

へっちょこユキ 先生

甲状腺髄様がんの治療はたとえがん細胞が見つからない部分があったとしても甲状腺を全摘するのが基本です。またとっくに検査していると思いますが、副腎腫瘍など他の内分泌腺の異常もあるのが普通です。
常染色体優性遺伝なので、家族や親戚の遺伝子検査をおこなって異常がみつかったら、予防的に手術をすることを勧める専門家もいるようです。

hurunbaさん

遺伝性の甲状腺髄様癌でも甲状腺の部分摘出という手術方針・考え方があるのかとも思ったのですが、やはり全摘が基本なのですね。不安が強まってしまいましたが注意深く経過観察していこうと思います。遺伝子異常に対する予防的手術はもうすこし情報を収集しようと思います。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。