Q

毛嚢表皮腫?

私自身のことですが41歳男性です。20代後半より鼻全体と鼻の両脇にブツブツが出来始め今に至ります。30歳位の時、大学病院で細胞の検査をしてもらい毛嚢表皮腫?(だったかな)という遺伝性の良性の腫瘍で特に問題ないと言われました。
病気としては問題なくても見た目がとても気になり、
近くの皮膚科で相談したらレーザーでとるしかないと言われました。レーザーメスではないと言ってました。しかし、完全に取れるかはやってみなければわからず、取れても再度大きくはならないと思うけど出てくる可能性もあると言われました。麻酔の注射もチョット痛いかもと言われそれもビビッてしまっています。麻酔の注射はとても痛いのでしょうか?そして、レーザー治療は腫瘍は取れてもかえって見た目が酷くなったりすることもあるのでしょうか?アドバイスをお願い致します。

質問者:ケンケン さん

三条 先生
皮膚科

三条 先生

皮膚科専門医とは日本皮膚科学会が皮膚科医として一定水準を満たすと認定した者で、厚生労働省から医療機関の看板にそれを表示することを許されています。学会のページの「市民のみなさまへ」から検索できますが名前だけで勤務先などまで公表している方は多くありません(私も名前だけの掲載です。名前すら公表を断っている医師も若干いるようです)。
ただ、病院であれば皮膚科単独で診察室を開設している、診療所であれば看板には単独で皮膚科しか書かれていない(他の科が付属していても皮膚科が筆頭に書かれている)ということあたりを確認すればまず大丈夫でしょう。形成外科についても同様に考えれば良いと思います。

なお、以前に大学病院で一部を取って組織検査をした上での診断とのことですから全身検索が必要な疾患の一部ではなかった可能性が大です(大学にそのような患者さんが来られれば必ず強く検査を勧められたはずですから...大学とはそういうところです)。もちろん患者さんから不安や希望を申し出られることに差し支えはありません。

ケンケンさん

三条先生へ
ご回答有難うございました。専門医の意味よく解りました。皮膚科と形成外科学会のHPをみたら、今私が相談に行っている先生は形成外科の専門医でした。
形成外科学会のHPを見ると私の症状は形成外科の範囲の症状でもあるのですね。
その先生は以前、私が他の皮膚科で水虫だと判断され、薬をつけても何年も全然治らなかったものを見ただけで、多分水虫ではないと言いワセリンを出してくれて(何か薬品が入っていたのかな?)、あっという間に治ってしまったことがありました。
なのでとても信頼している先生でもあるので再度相談して治療したいと思います。
大学病院のことも参考になりました。
先生方から頂けるアドバイスは、私の症状の情報はあまり見つからなかったのでとてもあり難いです。
本当に有難うございます。

皮膚科専門医K 先生
皮膚科

皮膚科専門医K 先生

20代後半より鼻全体と鼻の両脇にブツブツができ、遺伝性の良性の腫瘍と言われたとのことですので、タイトルのような疾患を念頭におく必要があります。大学病院でどのように説明を受けたでしょうか?消化管の精査、頭のCT検査が必要だと言われませんでしたでしょうか?診察しないと何とも言えないのですが、上記疾患であれば、全身的な検査が必要になります。皮膚科専門医の診察をもう一度受けることを勧めます。手術ですが、レーザーで取れる場合もありますし、メスで切って開放療法の方がきれいになる場合があります。皮膚科専門医あるいは形成外科で御相談下さい。ただ、まずは皮膚以外に病変を伴う疾患かどうか診察を受けて下さい。

ケンケンさん

皮膚科専門医K先生へ
アドバイス有難うございました。
当時大学病院で検査をしてもらった時は、書き込んだこと以上の説明は特になく「鼻の頭などは上手く取れないので取りたかったら鼻の両脇だけ取ってみればよいのでは。問題ないものなので取る必要はない。」と言われただけです。
消化管の精査、頭のCT検査が必要という話は全くありませんでした。先生からのアドバイスで初めて聞きました。

レーザーを提案してもらった皮膚科では特に新たに検査はしてません。
消化管・CTの件、再度相談してみます。自分から話を持ち出しても構わないのでしょうか?
因みに皮膚科専門医とは皮膚科だけの医院を選択するということなのでしょうか?

他に疑うものがある場合も有り得るという事、今回初めて知りました。
有難うございました。

三条 先生
皮膚科

三条 先生

多発性丘疹状毛包上皮腫と言われるものがそのような症状を示します。もう一つプリングル病と言われるものが同様の症状を示しますが病理検査の結果として聞かれた名前と混同するような組織像ではありません。

どちらだとしてもかなり深いところに存在する実質性のものです。レーザーで取れるとしても瘢痕を残すかもしれません。2〜3個を試しに取ってみられて、その出来栄えでさらに取るか止めるかを判断されてはいかがでしょう。

麻酔は歯科で抜歯される際程度のものです。使う麻酔薬も量も同じないしほとんど同じです。

ケンケンさん

三条先生へ
病名は、たしかこう言われたという記憶なので、絶対こういう名前かは自信ありません。ただ、良性の腫瘍と言われたことは間違い有りません。

試にとってみて様子を見る方法、レーザーを提案してくださった先生に相談してみます。

麻酔の件、(ホッ!)安心出来ました。

長いこと気になっている症状のことなのでアドバイス頂けたことをとても感謝しております。レーザー手術を受けることになっても安心感が出てきました。
本当に有難うございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。