Q

寝たきりになるのでしょうか?

義母は5年前にアルツハイマーと診断されました。年齢は70才です。今年に入りおむつの生活になりました。その途端に病状がだんだん悪くなり、具体的にはあれほど大食だったのにあまり食べなくなり体重もかなり減りました。首のあたりは骨と皮になってしまいました。足元もふら付いていて人の手が必要になりました。立ち上がりや車に乗せるに手助けがいるのです。弄便行動も始まり平気でおむつから便を取り出して口に入れています。徘徊もたたありまして、先日は丸一日行方不明になり発見されました。この寒さで一日中外にいても外傷だけで熱など出ませんでした。アルツハイマーでも心臓が丈夫だと長生きすると聞きますが本当でしょうか?義父は義母の病状が進まない様に努力していますが、どんなに長生きをねがっても病気なので無理なのは頭では理解しています。アリセプトも飲んでも無駄だと言われていますが、義父の要望で今も飲ませています。最後は寝たきりになるとどの文献を見ても書いてあるのでもう寝たきりが近いのでしょか?寝たきりにさせない為に義父は無理にでも歩かせていますが、寝たきりにさせない努力は必要でしょうか?
このままだとどれ位で寝たきりになるのでしょうか?最後は何かの病気で亡くなる事になるのでしょうか?床ずれにばい菌が入って感染症になるとかでしょうか?長くなり申し訳ありませんが、寝たきりになるとどれぐらいで終焉が来るのでしょうか?心の準備の為にお教えいただければ幸いです。よろしくお願いします。

質問者:四葉 さん

脳外専門医 先生
脳外科

脳外専門医 先生

アルツハイマー型の認知症は残念ながら進行性で、今の医療では進むのを遅らせることしかできないのが現状です。教科書的には平均すると発症からの予後は5〜6年といわれています。これは、患者さんによっても違います。元にほかの病気があるとか、生活の環境(リハビリとか刺激のあるなしとか)などその他のいろいろなものの影響をうけると思います。ただ、最後にはやはり寝たきりになって肺炎を合併したり、脱水、栄養不良、心肺機能の低下を合併したり、尿路感染、床ずれなどの感染です。ただ、認知症は治せませんが、肺炎などの感染症には感染症の治療、脱水、栄養不良にはその対処、また床ずれにならない対策などはあります。いまでは、介護保険を利用した介護サービスや往診などもありいろいろと対処もありますので
、みなさま(特にお父様)が疲れてしまわないように
相談されてみてはいかがでしょうか?住んでるいる地域の役所(福祉課、あるいはやすらぎ対策課など名称はことなりますが)で教えていただけると思います。
もちろん、主治医の先生も対処していただけます。

四葉さん

ご丁寧に返信いただき感謝いたします。夏までは市民病院の神経内科に通院していましたが、もう薬を飲む必要もないので施設などを考える様に言われて町医の内科に転移を進められて今は内科に通院しています。内科の先生も終末医療なので自宅で介護するか施設に入れるかは家族が決める事だと言われました。もう無意味な散歩や外出は必要ないので自宅で静かに生活する様に指示されました。健康の為に散歩をさせるなどと言うレベルではないと言われましたが、義父は現実が受け止めることが出来ないでいます。脳の病気なので目に見えないので余計に信じられない様です。発症から5〜6年とありますが、義母の場合はアルツハイマーだと診断を受けた時はもうかなり酷い状態でした(誰も判別出来ない)とするともうやはり長くはないのですね。家族として覚悟していきたいです。刺激のある生活と思いディサービスにも行っていますが、言葉も話せませんし奇声をあげたり暴れたりしてもう無意味なのでしょかと考えてしまいます。お返事本当にありがとうございました。感謝いたします。

あや2さん

非薬物療法です。音読や計算で脳を鍛えることで、認知症高齢者の方(に限らず障害児指導にも)に効果があるようです。身辺自立機能が改善されるようです。全国の高齢者施設でも導入されていますし、最近は本屋でも購入できます(認知症のための学習療法ドリル。川島隆太・著)。介護は家族の方も大変ですよね。義母も義父の介護で4年頑張っています。体をお大事にされてください。

四葉さん

あやさん、お返事ありがとうございます。義母の場合は既に状態が末期に近かくなってきています。言葉もしゃべれませんし理解も出来ません。人格が破壊されているそうです。ごはんを食べなくても食べたいという欲求ももうないみたいです。ただ空気を吸って生きているだけなのです。少しでも話かけて反応とかがあれば脳を鍛えることになるのでしょうが、遅すぎた様です。人それぞれ症状や病気の度合いが違うと思いますが、以前テレビでみた同じアルツの患者さんで発症時期が同じなのに様子が全然違いびっくりしてしまいました。家族の方と会話が出来ていたのです。義母の場合は重度で進行が早いのだと思います。この病気をかかえる家族は本当にたいへんです。最後まで努力するしかないですね。

masさん

某病院でPSW(精神科ソーシャルワーカー)をしている者です。
この状況の方に今さらドリルやら計算やらをさせても、出来ればですが、かえって混乱して状況が悪くなったり、感情的になる方の方が多いかと思います。
むしろ、この状況まできたら、本人に無理をさせず安心できる環境を作ることが最善の対応かと思います。もし、それが在宅で難しければ、介護施設でのケアも検討されてみてはいかがでしょうか。

masさん

某病院でPSW(精神科ソーシャルワーカー)をしている者です。
お母様は大変なご様子のようで、お察しいたします。
しかし、だからといって家族だけで抱え込んでしまってよい問題ではありません。
今はすでに介護保険のサービスを受けられ、在宅で介護をされている状況なのでしょうか。
もしそうであれば、ご家族の介護疲れ、特にお父様の心身共の疲労が気になります。今すでにケアマネージャーさんがいらっしゃるのならその方を通じて施設介護を中心にした介護プランを組んでもらったり、介護施設への入所も検討されてはいかがでしょうか。その際は病院のワーカーも力になってくれると思います。
大変な状況だとは思いますが、本人もさることながら、ご家族が体調を崩されてしまっては何もなりません。困ったらまずは率直にご相談下さい。そのために病院も施設も医療も福祉もあるのですから。

四葉さん

masさん、お返事ありがとうございます。精神ソーシャルワーカーをご職業とされているんですね。
もしよろしければ新たにご質問したいのですが、よろしいでしょうか?専門家のお立場のお答えを是非お聞きしたくてお返事をかいてしまいました。一方的で申し訳ございません。(読んでいただけるだけでもうれしいです)
義父が一人で義母の介護をしていますが、自分の考えることがすべて正しいと間違った介護をしています。例えば、嚥下力が低下しているのに、おかゆなどの介護食を食べさせない、理由は普通食じゃないと栄養がないからです。義母の好物だからとおもちなども食べさせている。寝たきり防止は散歩だと信じて引きずってでも連れて行くのでけがなどしています。外出は徘徊やけがの元なので医師からの禁止だと言われているのに無視して言うことを聞きません。家で静かに暮らす様に言われても理解が出来ない様です。そして、自分一人で人の手を借りずに何でも出来ると主張します。外見は年寄りでも中身は30才だと言い張り好き勝手な介護をしています。
おむつもこまめに換えないし、回りの人間はつかれからおおちゃくになっているのだろうと言います。ディだけ週一しか行きません。ディは年寄りと死に底ないの集まりだから自分たちが行くところではないと言うのです。施設に義母を入れようと何度説得をしても、自分が一人になるのが怖いので義母は離さないと言います。意思の疎通が出来ない義母を愛犬の様な感じで接しています。義父も痴呆ではないかと病院に連れていきましたが、正常で元からの性格だろうと言われました。ディの方からは「共依存」と言って義父は義母から離れられないのだろうと指摘されました。このまま義父一人に介護を任していたら、また徘徊で一晩中探すことになりこれからの時期だとへたをすると屋外だと凍死してしまうかもしれません。散歩も買い物も義母は楽しんでいるし、何より義父自身の生きがいだそうです。家にじっとなどしていたら気が狂いそうになると言います。義父は痴呆ではなくても何か精神的な面でおかされているのでしょうか?痴呆検査は精神内科でしたが、今度は精神科を受診すればいいのでしょうあか?義父は今とても時間にとらわれていて、例えば炊飯器は3時37分に押さなければいけないとか(義母が行方不明でも炊飯器が気になるのです)、自分で立てた一日の計画とうりに実行しています。
病院の診察券を病院のドアの隙間から針がねを使い順番とりを前日の夜にしたりもしています。とっぴな行動を思いつき実践しているのです。
長くなり申し訳ありません。重病人を介護していると介護者までおかしくなってしまうのでしょうか?
最後までお読みいただきありがとうgぽざいました。

あや2さん

そうですか・・・。
ドリル=子どもが解く問題集と勘違いされていたら申し訳ないのですが、インプットの一つの手段としてご紹介しました。
義父も病名は違いますが、4年間言葉も喋れず、理解もしていないようで、お義母さまと同じような状態です。でも、(鉛筆を持つなどはもちろんできないですが)読み聞かせをしたりこちらからインプットはできませんか?理解できないというのはこちらからの思い込みかもしれない、というのは、寝たきりの義父に1年以上語りかけてインプットして、反応が出始めたことで、気づかされました。植物人間になった方もこのような語りかけ・インプットで徐々に回復したという例もあるようです。もちろん元の状態に戻ることは難しいかもしれませんが、目があったり、唇を動かして意思表示してたり、少しでも何か症状が回復してくれれば、こちらも嬉しいですよね。

四葉さん

こちらこそ勘違いいたしましてごめんなさい。
心に届く様に願いを込めて語りかけるという行為
ですね。植物人間で目覚めない患者さんに話しか
けていたら奇跡が起きたという意味ですよね。
もちろんそのお考えには賛同しますが、義母の場
合は話かけると興奮状態におちいるので出来るだ
け静かにさせてあげた方が本人の為かもしれない
のです。音楽は聞かせていますが、おむつをかえ
たり着替えをさせたりするとパニックになるよう
なのです。静かにさせておいてあげれば何もしな
いで静かな時が流れるのです。先生もリハビリも
意味がもうないと言われましたので・・・。
家族があきらめてはいけませんが、便などを食べ
ている姿を見るともう人ではない気がしてしまう
のです。本当に情けないですが、介護とはきれい
ごとでは済まないのが真実だと思います。

masさん

お返事・ご質問頂き恐縮です。
さて、本題ですが、とっぴな事の内容にもよりますが、現状ではお父様は何か精神的な病気とまでは言えないのではないかと思います。
そのデイサービスの方が言われているように「共依存」なのではないかと思います。
どこまでが愛情でどこからが依存なのか、判断は難しいところですが、非常に大雑把に言うと、「愛情」はお互いのためになり、なおかつ相互の理解・分かち合い・感謝があることだと思います。一方、「依存」は、相手の反応は関係なく、自分が良かれと思った感情を押し付けている、という状態だと思います。
ですので、そうした行為が、本当に本人のためになっているのか、冷静かつ客観的に判断をする教唆的な第三者が必要だと思います。
一番良いのは、医師やいわゆる立場の上の方からしっかり説明してもらうのがよいのですが、それはもうやられているようですね。であれば、逆にお父さんに自身のことで不安は無いのか聞いてみたらいかがでしょうか。
よく私が依存症などの家族介入でやる方法は、極端に言うと2つで、1つは「決断を本人に返すこと」と、もう1つは「それをすることで本人が楽になるのか、苦しくなるのか」に議論のポイントを絞ることです。
今回の場合、前者はお母さん自身の意向を確認することが難しいので無理ですが、後者は可能かと思います。
具体的には、本来不安を煽るのは良くないのですが、先ほど申したように、お父さん自身の不安を聞き、自分のこと、自分の今後を一歩引いて考えるきっかけにするのがよいかもしれません。そしてその中で、お母さんに対してやられることが、「本当に当人の為になるのか否か」率直に話し合ってみてはいかがでしょうか。可能であれば、本人も信頼できる第三者を入れて。
ともかく、不安になりすぎるよりは、まずはやってみましょう。問題解決へのプランは一つではないと思いますから。

四葉さん

お礼が遅れてすみませんでした。本当にありがとうございました。

まりのさん

母はプライドが高く、出来ません。母の為に妹が鍛える器械を買って来たようですが見向きもしませんでした。もったいないので自分のために買った計算ドリルの1頁をコピーしてやらせたのですが途中で「こんなことさせるなんてお母さんをバカにして。お母さんが出来るかどうかテストするのね?悲しい」どんな説明しても聞く耳をもちませんでした。幻聴みたいなものも出てきて、バカにした笑い声が聞こえてくると言ってました。在宅で出来るだけ一人暮らしをと思っています。なんでも出来ると思っているし、ヘルパーを呼ぶなんて、何してもらうの?だって。ちょっと前までおいしい料理をたくさん作ってたのに、ゆで野菜が普通のものを生でマヨネーズつけて出したり、ひじきとミニトマトを炒めて味付けなしで出来上がりとか味覚もわからなくなってる。同じような相談があると人事ではなく、一生懸命読んでいます。

精神科看護師さん

何点かお答えさせて頂きます

まず、お父様のご様子に関してですが、これは元からこのような感じ(わりと頑固であったり、突飛な考えをする)の方だったでしょうか?

一つ目に考えられることは、年をとると、性格の先鋭化ということがあります。老化の範囲です

これは元々持っていた性格の特徴が、さらに強くなるというものです。

二つ目に考えられることは、お若い頃から精神的な面で

病気と診断されないまでも、その傾向があったというものです。

三つ目に考えられることは、認知症は検査で否定されたようですので、老年期精神障害の疑い、というものです。

精神科領域の問題ですと、薬物で少し性格を丸くすることも可能ですが、ご本人が自ら飲むとは思えませんので

1、内科など他の薬だと説明する

2、ご家族がお父様の飲み物に混ぜる

などの方法があります

この手段については、本人に治療が必要でかつそれを理解し同意する判断能力が無い、などの状況が必要ですので

あまりに目に余るようでしたら、一度精神科へご家族だけでも受診してみて、良くご相談されると良いかと思います。

間違った介護について、それが正しいと信じてやってらっしゃる場合、ご家族の言うこともなかなか聞いてもらえないというのは大変ですよね。

権威のある人(すごく信頼している医師)の言うことなら

聞くというタイプの方ですと、その人から言ってもらうのが一番なのですが・・・

後はお父様が弱い人、お孫さんの言うことなら聞く、あるいは第三者の女性(例えば看護婦)の言うことなら聞く、というタイプの方もいらっしゃいます

いずれにしてもお父様のやり方を全否定すると、逆に反発が強くなるでしょうから、お父様の意見も尊重しつつ

妥協点を見つけられるとよろしいかと思います。

共依存についてはPSWの方が詳しくご説明なさっているので

省きますが、「自分が1人になるのが怖い」という部分は

気になります

お父様の不安感がその辺にあるのだとすれば、

その辺を皆様で解決して行けると良いかもしれません。

次にお母様のことについてですが、ご質問を拝見しますと

徘徊、不潔行動、大声などがあり、介護抵抗があるんですね

私としては、それだけ問題行動がありながら、薬をもう飲む必要が無いからと仰った先生に疑問を感じるのですが

確かにアリセプトはもう・・・というのはわかりますが

問題行動に効く薬はあります。

それから家でじっとしていさせなさいというのも疑問です。意図するところはわかりますが・・・

歩行が不安定で転倒骨折してしまうと、たちまち寝たきり、認知症の進行ということになってしまうので、ということでしょうが、家の中でずっとベッド上で寝ていたり

しても結局廃用症候群で、寝たきりになるのは一緒です。

一番良いのは安全な方法で外にお散歩に行くことです。

車いすをレンタルし、今の季節ですと暖かい格好でお散歩に行く、訪問リハビリを利用して、筋力低下を防止する、などの方法があります。

問題行動があり、周囲の刺激で興奮してしまう今の状態ではそれは難しいと思われるかもしれませんが、薬で落ち着いた状態になれば可能になる可能性が高いです。

それから予後についてですが、心臓の強い方だと寝たきりになっても亡くなるまで長いことが多いというのは確かです。

元々徘徊があって、寝たきりになった方が楽だわ、と仰る方もおられますが、場合によりけりです

医療的な処置が必要になるような寝たきりになればなるほど、どんどん受け入れてくれる施設が少なくなっていきます

施設に預けた方が良いのかどうか、その辺りも早めに

ご家族で話し合われてCMとも相談して下さい

長くなりましたが、とりあえず精神科にご家族だけでも受診し、お父様お母様両方について相談する。その際往診してもらえる所がベストでしょう お母様の往診ということにして、お父様を診察してもらうことができますから。

四葉さん

とてもご丁寧なお返事をいただき本当にありがとうございます。
まず、義父は定年後に老人性うつ病にかかった事があります。よだれをたらしてうまく話せなくなり性格も荒くなりどうなるか心配でしたが、義母がアルツになり義母の介護が生きがいになりうつ病はすっかりよくなりました。
うつ病になった訳は義母が働きに出ていて義父一人の生活が耐えられなくなり、足を骨折してどこにも行けなくなったらとたんに精神面がおかしくなってしまったのです。義母がほんとに働いているか仕事場を見て来いとおかしな事を言ったりしました。
その時の体験から義父は一人で家にいるのに恐怖を
感じるみたいです。
病気になっても介護者が入院させないと言う話しもケアマネさんから聞いていますので、義父も義母が入院しないといけなくなっても病院に入院させないかもしれません。
そこで矛盾が生じます、そんなに離れたくないほど大事な義母のはずなのに、なんできちんとした介護が出来ないのかです?食事も食べれなくなり痩せてきていて、医者やケアマネさん、家族がどんなに説得してもおかゆひとつ作らないのです。炊きたてごはんのうわずみのごはんがやわらかいからそれで充分だと言うのです。食事の介護もしないで自分一人でどんどん食べているのです。以前は義母は手ずかみでも一人で食べていましたが、今は食べる意志も消えてしまっていますので、介護者が一口ずつ口へ
運ぶ作業が必要なのに義父はしないのです。
これを介護の疲れからくるおおちゃくと判断するのか、義父も痴呆なのかで悩みましたが、義父は痴呆ではないと判断されたので、いいかげんな介護をしているということになります。
たぶん、今日一日が生きられればそれでいいと言うことなのではないでしょうか?
医者の言うことも聞き入れてもらえないので回りの家族もどうすることも出来ないのです。
義父を精神科で見てもらうことも検討したいですがそこで何らかの病名がつき薬をもらっても飲んでくれるのか、また継続的に受診してくれるのか不安は
たくさんあります。遠方で私たちは暮らしているので厳しい監視と管理は難しいのです。長くなりましたが、本当にありがとうございました、感謝致します。

四葉さん

こんちちは、お母様がアルツハイマーなのでしょうか?まだ初期なのでしょか?
うちの義母はアルツハイマーだと診断されてから4年ぐらいは一人トイレにも行けましたが、今年に入りおむつの生活になってからは、転がり落ちるように病状が進んでしまいました。
おむつになると介護するのは本当にたいへんです。
少しでもおむつの生活にならない為にも、脳に刺激を与えるのが一番だと言われるので是非、実践して下さい。うちの場合はほとんど刺激がない生活だったので進行が早かったのかもしれません。
お互いまだまだ辛い生活が続くと思いますが、少しでも努力をして乗り越えて生きましょう。お体を大切に介護がんばって下さいね。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。