Q

人工関節置換後の膝のゆるみについて

私は、48歳男性です。交通事故が原因で、後十字靭帯断裂後、再建手術を受け15年が経過しました。しかし、膝のゆるみがある状態で痛みを十年我慢して来ました。検査の結果、軟骨の状態もよくない為、この夏、人工関節置換術を受けました。しかし、リハビリを重ねた結果、現在膝のゆるみと共に痛みもあります。医師の話ですと、今まで10年間の左右の靭帯への負担で靭帯自体が伸びてしまい、リハビリを重ねる事で、ゆるみが出て人工関節の部分が後十字靭帯断裂時のゆるみに戻ってしまっているとの説明でした。7月に手術しゆるみと痛みのため、11月にクッションを12ミリから17ミリに変える再手術を受け現在に至りましたが、またゆるみと痛みが出てしまい、正直目の前が真っ暗な状態です。人工関節にすれば痛みが取れるという話で手術をしたのですが、もう安定した膝を取り戻せないのでしょうか。左右の靭帯を再建する方法はないのでしょうか。宜しくお願い致します。

質問者:きーちゃん さん

waterfall 先生
整形外科

waterfall 先生

人工関節置換というのは関節面全てを置換したのでしょうか?それとも片側なのでしょうか?
また、側副靭帯がゆるいというのは内側でしょうか外側でしょうか?それとも膝関節全体がぐらぐらなのでしょうか?
15年前の後十字靭帯再建術は、人工靭帯でしょうか、それとも身体のどこかの腱を用いたのでしょうか?
人工関節置換術後のジョギングは勧められません。スペーサーの磨耗やインプラントの緩みが起こりやすくなるからです。48歳という年齢を考えると、今後2,3度手術が必要になってくると思いますので、少しでも負担を減らした方が良いと思いますが。

きーちゃんさん

早速の返信有難うございます。人工関節についてですが、上下の骨を切り上下に埋め込むタイプの物です。前、後十字靭帯の役割を果たす物という説明を医師から受けていますが、このようなゆるみが出る症状は初めてで対処のしようがないと言われております。側副靭帯のゆるみは両側が考えられるそうです。15年前の再建術は自分自身の腱を使用した手術でした。側副靭帯を再建することで、現在出ている人工関節の前後のゆるみを抑える事は不可能なのでしょうか。ご助言宜しくお願いします。

waterfall 先生

靭帯を再建した後も緩む可能性がありますので、かなりきつく再建します。きつすぎるとリハビリをしても膝の曲がりがよくならない事にもつながりますので、加減がとても難しいです。
全置換術ですね。まだお若いので一生懸命リハビリをしなくてはと思うあまり、負荷をかけすぎたきらいはありませんか?
関節が緩んだという事は。二つのことが考えられると思います。荷重のかけすぎで金属性のインプラントが骨に沈み込んだ。もう一つは、靭帯付着部が剥離しかけて靭帯が伸びた状態になった。これはレントゲンなどを確認しないと何ともいえません。前者であれば、自家骨を埋めて底上げする事も可能かもしれませんが、日常生活に戻るには数ヶ月かかるでしょう。後者の場合は靭帯縫縮術をするか。ん〜っ・・・難しいですね。
今気付きました。前後方向に緩いという事ですか? それならば、硬性装具で何とかなるような気がしますが。

きーちゃんさん

色々アドバイスして頂き有難うございます。硬性装具というのは、前後の緩みを安定させる装具の事なのでしょうか。装具をつける事で緩みはそれ以上大きくならないのでしょうか。緩みが出てから膝の熱感が増しています。膝も重く少し腫れています。今は左膝側面から小指までの痛みをとる事を考えて、治療を進める事がいいのでしょうか。大変参考になる返信を頂き有難うございました。

まるっちーさん

例えば、この程度のスポーツができるまでに治したい、などのご希望はありますか?
膝間接専門ですよね。
QOLのレベルにより、お勧めできる病院・クリニックはございますが…。
(実は医業コンサルだったりしますので、個人的に…)

きーちゃんさん

返信有難うございます。私としましたら、ジョギング程度の運動が出来ればと考えています。しかし二度の手術でこのような状況なので、正直不安でいっぱいです。ご助言有難うございます。

A190 先生

人工膝関節は恐らく全置換型と推察します。人工関節は消耗品ですので、どんなに経過が良好でもスポーツはお勧めできません。早期に破損やゆるみが生じてしまいます。

きーちゃんさん

早速の返信有難うございます。正直言いましてスポーツは出来なくても仕方ないと感じております。ただ、現在の状況ですと、前及び後十字靭帯の代わりとして、人工関節が入っておりますが、置換前と変わらないゆるみと痛みが出ており担当医の話では側副靭帯が伸びているのが原因だろうという事でした。何とか伸びた靭帯を再建する事でゆるみと痛みを和らげて頂く方法はないものでしょうか。痛みの部位は左膝外側の側面から小指までしびれ感と痛みが残存しており私生活面においても大変不自由しております。担当医はその部位は手術とは関係ない部位なので痛む原因は不明だと言っております。

A190 先生

>痛みの部位は左膝外側の側面から小指までしびれ感と痛みが残存しており

詳細が分からないのですが、膝がゆるいのと痛みは切り離して考えておいた方が良いと思います。痛みの原因としては、ひ骨神経損傷の可能性もあると思います。そうであれば、ビタミンB12の使用や神経剥離術なども方法としては存在します。

きーちゃんさん

返信有難うございます。膝の側面を押してみると痛み及び痺れが一段と強く感じられます。しかし、担当医はその部位は手術時には触れていないので原因は分からないというばかりで、痛い部位は押すなとか、痛い体勢はとるなというばかりで今後の治療方法も指示してくれません。正直あきれてしまい、何の為に手術したのかと困惑しています。手術後伸展時に20度位の角度が残りリハビリにて現在10度位の角度まで改善されましたが、リハビリ中上から押した時にその痛みはありました。それ以来痛みがひどくなっています。B12の投薬治療で痛みは軽減するのでしょうか。神経剥離術とはどの程度の入院期間が必要になるのでしょうか。左右の靭帯再建術と一緒に手術を受ける事は可能でしょうか。

A190 先生

足首の背屈や親ゆびの伸展力は低下していないでしょうか。チェックしてみてください。
ビタミンB12は、それ程強い効果はありませんが、使用しておいて損はないと思います。神経剥離は最後の手段です。逆に神経を傷つける可能性もあるので、安易にはお勧めできません、術中に神経を傷つけている可能性があれば、別ですが。入院期間は、それ程長くありません。ただの剥離なら1週間で充分だと思いますし、損傷した部位が見つかって、縫合したとしても、2週くらいで松葉杖で退院可能と考えます。
神経剥離についてはお勧めしているわけではありません。あくまでも最終手段としてこういう方法があるというだけです。実際に診ていただいている先生と良く相談されると良いと思います。

きーちゃんさん

痺れの為、足首及び親指の伸展が異常のない右足と比較しますと、にぶくなっています。膝の外側側面
の痛みが一直線に小指にかけて痺れと共にあります。担当医の先生に相談してビタミンB12の処方をお願いして見たいと思います。良きアドバイスをして頂き本当に有難うございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。