Q

手術の謝礼

糖尿病とは直接関係ないのですが、このサイトを見つけたので質問させてください。
近々、父(69歳)がある病院で心臓冠動脈バイパス手術を受けます。執刀頂くのは、心臓血管外科部長の先生です。そこで、よく手術の謝礼の話を聞くのですが(もちろん大事な手術なので、出来る事は全てしたいと思います)、実際どの程度の金額を先生にお渡しするのが適当なのでしょうか?また、お渡しするのは手術の前で良いでしょうか?周りに聞ける人がいないので、教えて頂けると大変助かります。

質問者:びわ さん

面向不背(内科) 先生
血液内科

面向不背(内科) 先生

まず、謝礼は不要です。同僚医師の回答には時折、不愉快な内容も見受けられますが、患者様の義務は医師に謝礼を渡すことではなく、ご自身のご病気について知りうる情報をすべて医師に報告することです。医師の義務は、最大限の努力を持って患者様と共に病気に立ち向かうことです。とても簡単なことですが、悩みの深いところでもありますね。そこでご提案ですが、患者様のお気持ちを、例えばお手紙(メモでもかまいません)にしたためるのは如何でしょうか。私自身、この4月には、桜の花びら数片の入ったお手紙にいたく感動しました。大切なことは、たとえ書字が不得手でも、ご自身の筆でしたためることです。ワープロの活字ほど冷たいものはありませんもの。お大事に。

びわさん

ご回答くださった先生方、ありがとうございます!お1人ではなく、大勢の先生の善意の意見を伺う事ができ、少し大げさですが感動しています。皆様のアドバイス通り、お金ではなく別の形(心のこもったもので)でお礼をしたいと思います。ありがとうございました。

もと患者さん

大学病院で内視鏡の手術を受けました。謝礼は手術前に執刀医に、また術後に病室担当医(手術第一助手)にしました。こちらは特段金持ちでもなくフツーの市民なので、背伸びせずにできる範囲で。
執刀医はその道では世界でもトップクラスの成績を持つグループのリーダークラスで、勿論謝礼の有無で結果に差が出たとは思いませんし、ドクター達は初診時から真摯かつ気さくな態度で接してくれました。
ただ、入院(個室)での扱いに差が出たように思います。数少ない角部屋だったり、病室での扱いが他の同じ治療の入院患者さんより明らかに丁寧だったり、室内での過ごし方を多少大目に見てくれたり。お陰で「治すこと」に専念できました。

広島の開業医 先生

>入院(個室)での扱いに差が出たように思います。

これに関しては偶然だと思います。
もちろん、治療にあたる医師は病棟でのサービスまで指示できるほど権限はありません。
あなたの待遇が良かったとすれば、謝礼を渡したからではなく、病院スタッフに対する接し方が好感もてる方だったからではないでしょうか。人間と人間が接しているわけですから。謝礼を勧めているわけではありませんので、誤解されたくはないのですが、謝礼を考えるような患者さんは、医師に対して常識的な対応をして頂ける方が多いのは事実です。
それに対し、病気を治してもらって当たり前と捉え、その上で過度な要求をされる患者さんも中にはおられるのも事実です。

自分を特別に扱って欲しいという気持ちから謝礼をするのであれば、あまり謝礼は意味がないと思います。純粋に謝礼をしたい御気持ちが生じたら、言葉や簡単な手紙で充分伝わりますし、それを物品や金銭などの形に変える必要はないと思います。

hero2005 先生

個室は個室料金が請求されます。優遇とは必ずしもいえません。差額ベッド代は入院料が高くなっています。

へたれ循環器専門医 先生

そのために角部屋をあけられるほどベッドが余ってる大病院は経験がありません。たまたまですね、内情を知ってる者から見れば。謝礼と同じ都市伝説でしょう。

某医師 先生
内分泌内科

某医師 先生

たとえば、予想外に検査にてこずって手間をかけたとか、なにか迷惑をかけたと感じたとか(それは病院として手間とか迷惑に思っていなくても)で気がすまないのでしたら、退院前に、皆さんで召し上がってくださいということで、簡単なお菓子でも差し上げるくらいにしてはいかが? あまり高価なものだとかえって困るとおもいますので、その辺で買った普通のお菓子で充分ですよ。

普通の経過で退院して、特に普通以上にお世話になったとか感じていないのでしたら無理に何か気を遣う必要はないでしょう。入院時とか術前になどというのはなおさら不用です。

柿食人さん

父は胃のステルス癌のため全摘手術を受けました。
コネで医大の有名教授が主治医になってくれたこともあり、感激した父は術後に30万円も差し上げたそうです。その教授は「あっ、そうですか」と、もらいなれた様子で、白衣のポケットに謝礼金を滑り込ませて、そっけなく行ってしまったとのこと。そして、2度目の入院の時は、家族に説明がないまま勝手にモルヒネを点滴され、意識が戻らないまま亡くなりました。もっと父と話がしたかったです。いったい、あの謝礼金は何だったのか、悔しい思いです。少し本題を外れてしまいました。すみません。

へたれ循環器専門医 先生

偉い先生にコネを使って主治医になってもらってるという引け目があれば、聞きたい事も聞きにくいと思います。「お偉い」先生が、本当に優秀な臨床医かどうかは日本の場合ははっきりしませんが。優秀な臨床医にはお高く払う。そのかわり患者さんが「こんだけ払ってんだからちゃんとやれ」って言えるだけ、エクストラチャージがオープンになった方がましだと思います。「お偉い」だけの医者が淘汰されるでしょうし。

koro-oteさん

友達の奥さんが胃癌になり、手術前に主治医と担当医の先生に「宜しくお願いします」と渡したところ、「この病気は今からお金がかかるんですよ。こんな心配はいりません」と断られたそうです。それでも、無理やり渡したら、手術後「お見舞い」として返されたそうです。こんな素敵な先生もいるんだな〜と感激しました。もう�つは 従妹が乳癌で手術した時、お世話になるからと10万円渡したところ(女医さん)部屋まで来て「こんなに沢山すみません」とお礼に来られたそうです。同じ癌センターの先生です。院内には「謝礼は受け取りません」と書かれています」先生もいろいろですね。

皮膚科医 先生
皮膚科

皮膚科医 先生

私の勤務する病院では、謝礼を受け取らないよう指導を受けております。
外来や病棟にも張り紙がなされていて、医師側も患者側も、変に気を遣わなくてすんでいます。
他の病院を訪れても最近は掲示がなされている病院が多いようです。
実際、謝礼よりも患者様や御家族の姿勢に心動かされる医師の方が多いと思います。
一生懸命頑張っている患者様や看病されている方をみていると、私たちも何とか力にならなくてはという思いを強くします。

いち内科医 先生
消化器内科

いち内科医 先生

こんにちわ、内科ですが、時折手術、検査に携わっています。周囲の状況をみてみても、当院は民間病院でもあり、たとえ心臓バイパス手術であっても謝礼なしが基本です。菓子折り程度を持ってきてくださる方はいらっしゃいますが、謝礼というケースは少ないようです。
具体的な話では、私自身はどうしても断れず5万円程度はいただいたこともありますが、恐縮しました。謝礼は菓子折りなどの方がこちらとしても受け取りやすいものです。

dr525 先生
呼吸器内科

dr525 先生

自分の生活が支障のない範囲内でお礼をすればよいと思います。
白血病の女子高生より500円のテレホンカードを貰った時もうれしかったし、貿易会社の社長さんよりワインを貰った時もうれしかったです。ただし、何もなくても治療には当然影響しません。白血病の女子高生には寝ないで病棟に泊まりながら治療しました。貿易会社の社長さんは外来で糖尿病を診ていました。お礼は手術後が良いと思います。

aye 先生
一般内科

aye 先生

率直に申し上げて、謝礼は不要です。
そういうことを心配されるよりも、病気のことを理解するよう努めて勉強されるなどして、主治医の先生と患者さん本人が一緒に頑張れるようにしてもらったほうが(私なら)よほどありがたいと思います。何度御説明しても「お任せします」ばかりで実際に病気のことを理解しようとしてくれない方が困りますね。

小さなロナウド 先生
循環器科

小さなロナウド 先生

必要ありませんね。普通の医師であれば謝礼のあるなしで手加減するしないなんてありえないし、目の前の患者さんに常に最善を尽くすと思います。巷には謝礼がいくらとかのうわさがよくありますが、りっぱな医師であるほど必要ないと思います。よくなって退院されるときに、心からの感謝の言葉と笑顔を送られるだけで充分だと思います。

ちぃさん

基本的には、医師はそういうような(謝礼)は受け取らないものであるはずです。病人を助けるのが仕事であるのに、更に謝礼が必要だなんて話はないのが普通です。謝礼をもらうもらわないに関わらず、全力を尽くす、それが医療に関わるものだと思います。
なので、謝礼は出す必要がないと思います。

へたれ循環器専門医 先生

その通りです。実際、謝礼の有無と治療の内容には何の因果関係も無いですね。ただ、これはスレ違いですが、医者の報酬が、その劣悪な勤務環境、「患者さん側の」要求の「不当な」高さなどを考慮した場合、現在の水準で適正かは別の問題ですが。大学病院の中堅医師なんて奴隷ですよ。正直、患者さんからのお礼は貴重な生活費でしたね、私の場合。

haroさん

最近父が東京の某有名大学病院で有名医師の元でコネを利用して施術を受けました。聞いていたところでは謝礼が50万円ということ。父はいくらなんでも50万は多すぎるのではと手術前に20万円差し出しました。手術2週間後いざ退院という時期に、コネを作ってくれた他の医師を通して「20万では関係医師達に渡す謝礼が足りないのであと30万円出してくれ」と言われ、あっけに取られながらも言われるままに追加で30万円出しました。医師がどのぐらいの給与を得ているのか分かりませんが、ただでさえ病気でストレスが高く、手術や入院費で出費もかさんでいる折、この金額は弱者に漬け込んだ強者のおごりとしか思えず憤りを感じました。それとも、「この程度の謝礼が払えない者は有名医師に頼るな」ということなのでしょうか?

pippinさん

低所得者、年金生活者はどうするんでしょうね。 私の父(年金暮らし)も国立医大でしたが、教授主治医他Dr看護士等々大変良くして頂きました。謝礼お断りの張り紙もしてましたので、お金ではなく、Dr,ナース室入り口のカウンターに置ける胡蝶蘭を退院後に「御職員一同様」宛てで送りました。感謝お礼、花で(他患者さんも)少しでも安らげられたらみたいな手紙も沿えて。
後日看護婦長より、職員患者皆胡蝶蘭の前で足を止め和やんでおり、ありがたく頂戴致しました、とお電話頂きました。
それだけにharoさんの金額に驚いてます… コネ、ということも災いでしょうか… 誰でも助かりたい一心なのにそこに付け込む様で哀しくなります… その教授は御自分が死と隣り合わせの病気になった事は無いでしょう、もしおありでしたらその様ことは出来ないはずですよね。腕をかわれてるのだから、と言えばそれまでですが…

へたれ循環器専門医 先生

特別扱いを望めば特別料金がかかるのは日本が資本主義社会である以上当然の事です。問題が有るとすれば特別料金の存在とその金額が明示されていない事です。正面切って普通に紹介状を持って列に並んで受付をして診療を受ければ健康保険の金額ですんでいるはずです。私の知る限り、患者全員からお金を受け取っている医者なんて教授クラスを含め聞いた事も有りません。そもそも某有名大学病院の有名医師が腕がいいと信じているのも如何なものかと思いますが、アンダーグラウンドな手段、コネを使おうとする患者さん側にも、謝礼の問題の根が有ると思いますよ。

へたれ循環器専門医 先生

その有名教授はべつに「付け込」んではいないと思いますが?我々の検査や治療の優先順位を決める根拠は病状の緊急性です。それをコネでなんとかしようとする方が私は「哀しい」ですけど。お礼を出そうと出すまいと診療の内容は同じだと言うのを信じないのはどちらですか?マスコミや無責任な噂で騒ぎ立てているのは誰でしょうか?患者さん側もそろそろ一方的な被害者意識はやめるべきだと思います。第一、いちいち謝礼で差別なんかしてるほど日本の臨床医は暇じゃないんです。

父親さん

>それをコネでなんとかしようとする方が私は「哀しい」ですけど。

気持ちの良いご意見ですね。大いに賛同します(患者として)

>第一、いちいち謝礼で差別なんかしてるほど日本の臨床医は暇じゃないんです。

本当にそうなんでしょうね。良識が感じられ嬉しいです!

pippinさん

ご指摘どおり私も被害者意識の「哀しい」者です。

「謝礼で差別〜臨床医は暇〜」私如ですが、以前親戚が渡した後と前ではDr看護士方々、えッと思える程態度が変わりまして、翌日から無料で差額部屋、面会時間関係なし…(書き出せばキリがありませんので) どうしても Dr=謝礼のイメージになります。
これを第三者に話したら右習い、になるでしょうね。

判らない世界だからこそ、誤・疑・無情報にたよってしまうのは医療の世界ばかりではないと思いますが、病院にかからない人は無に等しいでしょうから余計様々情報が飛びやすいのでしょう。

ここに記されたDr方々、へたれ循環器専門医様みたいなDrばかりなら問題はないのでしょうが……

謝礼をする人の中には差別優先希望等ばかりでなく、純粋にありがたい感謝の気持ちを形にしたいと思う人もいらっしゃると思います。

haroさん

へたれ先生へ
「コネ」と書いてしまったのが誤解を招いてしまったようで申し訳ありませんでしたが、わが父は「今まで見てくれていた先生の紹介状を持って」その大学病院の大先生の所に行ったのです。そして、その50万円の謝礼は大学病院の医師達の間で山分け(?)されたようでした。紹介してくれた先生のほうにもそれとは別に数万円お礼をしました。そうなるとへたれ先生曰く、これは「正面切って普通 に紹介状を持って」行ったケースになりますね?そうなるとやはり病院側に巣食った問題があるように思いますがいかがでしょうか?
また、仮に特別に配慮して有名医師に見てもらったと仮定した場合、その謝礼の現金は医師達のポケットに滑り込むべきでしょうか? へたれ先生のおっしゃるように、特別料金として正々堂々と病院の収入になるべきだと思います。「お礼を出そうと出すまいと診療の内容は同じだと言うのを信じないのはどちらですか?」とへたれ先生はおっしゃいますが、知識のない一般的な者として申し上げますと、一部の病院側にはそのような不安を患者に持たせる空気があるのは否めないと思います。

広島の開業医 先生

正直に言って、その手の話を噂として流し続けることで、
そのような患者の不安を持たせる空気をつくっています。
一部の極端な話をさもよくある話として誇張しないで欲しいです。

病院側にそのような空気があるのでしょうか?
向こうから要求してくるのは、もってのほかです。
なかには、50万ともなると謝礼をわたす仲介役と称して詐欺のように搾取する人がいるかもしれませんし。私はそもそもそんな人聞いたこともありませんが。そんな高額な金額を、それも催促されるなんて、謝礼金詐欺かもしれませんよ。

国民皆保険制度が継続、自由診療・混合診療が認められない限り、その手の噂を医療界全体に蔓延している話だと盲信する人はなくならないでしょう。
特別会計として明朗会計にすれば、とおっしゃるのは、すなわち自由診療・もしくは混合診療になればよいと仰っているのと同じです。
自由診療や今の医療制度改革が進むと、最終的にはそのようになるでしょう。そのかわり、「何時でも何処でも誰でも医療をうけられる」という理想は、これまで以上に遠い現実となります。強者と弱者の受けられる医療は差が明瞭化し、患者側の自己責任となります。

hero2005 先生

患者様を紹介するときその後の診断の参考にするために書くのが診療情報提供書です。特別にみてくれと「コネ」と誤解されるような「紹介状?」だったのでしょうか。

名医が保険外診療されるのはあえて否定はしませんが、保険診療の枠の中で、診療報酬以外のものを医者の側から要求するのは「ゆすり・たかり」のそしりを免れないでしょう。どんなに、立派な診療をやっていようが「保険医取り消し」をされるべきヒトでしょう。

保険診療の陰で、このような恐喝まがいのことをやっていると、その大先生だけの問題ではなくて、若い医師がダメになっていきます。謝礼を断るのに苦労した経験はありますが、自分から要求するなど、夢のまた夢の世界です。国立病院であれば、厳しい処分が下されます。私立であっても、このような事実が判明すれば保険医指定医療機関の取り消しの処分が待っています。闇から闇の世界なのでしょうか。

理不尽と思われた時点で、大学当局に支払い義務があるかどうかの問い合わせをされるのもひとつの考え方です。弱い立場と思われるかも知れませんが、ことが明るみに出たら、弱い立場に立たされるのは患者様でなく、むしろ不当な要求をした医者の側です。厳しい処分と社会的な制裁を医者は受けることになります。

まあさんさん

なんだか患者が不安を持たせるような話題ばかりなので、私の経験談をお話します。

昨年、心臓の近くに5〜6cmの腫瘍が見つかり、すぐに摘出手術をしなくてはいけませんでした。でもその告知をされた時に思ったのは、「いくらかかるのかな」ということでした。自分の体の心配より手術費用の事しか頭にありませんでした。思わず先生に尋ねると、「切るのは18万位かな・・・」とその場で調べてくれました。それから高額医療の申し込みの事など教えてくれて、すごく親切でした。入院時もどの先生方もすごく親切で謝礼金なんてまったく払わずに退院しました。国立病院というとなんだか冷たいイメージがありましたが、とても良い気分で治療を受けることができたので良かったと思います。

先生のおっしゃられる「何時でも何処でも誰でも医療をうけられる」という理想は、貧乏な患者からの願いですが、はなくしてほしくないと思います。

へたれ循環器専門医 先生

誰でもどこでも「必要な」医療を受けられる事は守られるべきですが、「最高の」医療を望むのはちと患者さんも虫が良すぎます。患者さん方は、それがどれくらいのコストがかかるのかを全く知ろうとしません。知りたくないのでしょう。今の医療費では「必要な」医療ですらギリギリで、医療現場の犠牲の上でなんとか水準が維持されています。しかし、ぞろマスコミがちょっと報道すれば医者は儲け過ぎだとかなんとか騒ぎ立てる。金融関係のサラリーマンの方が勤務医より余程高給です。プロの評価ははっきり言って金です。高い水準を望んで必要なコストを負担するのか、コストを押さえる分水準は我慢するのか、安くていいものなんて資本主義ではあり得ません。。

へたれ循環器専門医 先生

これが事実なら国公立病院なら教授でもクビです。50万円は大金ですが、そんなリスクを払う金額では無いでしょう。本当に大学病院の医者に行ったかも怪しいものです。「見てくれていた先生」もかなりおかしな方ですね。ただ、欧米では有名医師に見てもらった場合、病院費用とは別にドクターフィーが請求され、それは医者個人の収入になります。日本のシステムを聞いてアメリカの医者は「日本の医者は奴隷か?」と言いました。彼の国が全て良しとは言いませんが、都合のいい時だけあちらの話を持ち出す日本の患者、マスコミは私は大嫌いです。いいものは高い、資本主義の現実です。私が問題にしてるのは、それならば「有名医師」はきちんと料金を明示し税金を払う、そういうシステムを作れってことです。

40男さん

へたれ先生の「ものいい」は痛快で「スカッ」とします。また内容についても共感できることが多いのですが今回ばかりはそうではありません。

haroさんが「大学病院で50万円むしり取られた。」と言っているのですからそれを信じるしかないと思います。実際、医師による不祥事は多発しているではないですか。(医師の場合ことの他取り沙汰されやすいのもありますが・・)だったら捕まっている医師たちは氷山の一角でharoさんのおっしゃるようなとんでもない大先生や医局の慣習が実際にあったとしても不思議ではないと思います。もちろん全ての先生方の中でも本当にごく一部のことだと思いますが・・。

お気を悪くされた先生方・・申し訳ありませんでした。

へたれ循環器専門医 先生

大学医学部の臨床系教授なんて、どう考えても実力で決ってるとは思えないので、きっと大変な暗闘があるにちがいありません。実情を知るほどわたしゃ偉くなれませんでしたが。そんな彼等がたかだか50万円程度で苦闘の末勝ち取った地位を棒に振る様なリスクは負わないっす。まして「足りない」なんて言うはずが無い。もっと合法的に小金を稼ぐのはわけないですから。講演の謝礼とかね。50万円むしられたことを否定してるのではなく、誰のポッケに入ったかを疑問視しているだけでやす。その件が表沙汰になれば、国公立なら首はホントです。

ねこにえささん

私の母は卵巣がんで3年前に亡くなりましたが、県立がんセンターに入院中、担当医師から毎日いじめのように「あんたの体はがんだらけなんだから!」「死ぬんだから!」とお金(5万円)を非常階段でこっそり渡すまで言われ続けました。(この時の母のステージは末期で抗がん剤、放射線治療を受けていました)病院の壁には「謝礼・礼金は受け取っていません」の張り紙。患者側としては病院に訴えようにも1人しかいない入院患者専門の担当医師が変わるでなし、他の病院では末期患者を受付けず、どうしていいかわからない状態で大変苦しい思いをしました。首にできるものならしたいです。今でも。

ねこにえささん

へたれ先生のおっしゃる資本主義の理論には同意です。付加サービスが欲しいならその分の支払いは生じますよね。指名したい先生がいるなら、裏金?を使ってでも執刀してもらえれば患者は安心するわけですから、それは意味のあるお金だと思います。(私、この経験も有です)現状に望むことは、へたれ先生のおっしゃるように勤務医の待遇が改善されて、不当な「謝礼」要求がなくなることですね。「謝礼」と称したお金を手術前に要求されたりするなんていうのは本末転倒だと思います。(患者の本当の気持ちを現したい「謝礼」を推奨したいです)

へたれ循環器専門医 先生

日本もどうかしているとは思いますが、アメリカもまともだとは思いません。医者にはある程度の報酬は必要だとは思いますが、法外な収入が欲しければ他の職に就くべきだと思います。優秀な人間に報いる事も必要でしょうが、むしろ、質の極端に悪い医者をきちんと排除することを考える方が健全な方向性だと思います。一人の医者が診れる患者さんの数なんてたかがしれてますから。最低限の質が確保されていないと患者さんは感じているから「良い病院100選」なんちゅう馬鹿な企画があるのでしょう。あれ、読みましたが大爆笑でしたね、医局で。ただ現状は、医者に当直明けにも通常勤務を強いるなど、労働基準法全く無視の状態で、それでいて質がどうだとか給料がどうだとか国や、マスコミや、そして申し訳ないが貴方を含めた一般の方々が、あたかも医者がぬれ手に粟で暴利を貪ってるかの様なことをおっしゃるから「だったら金はらえ」と。今のままだと、日本の医療は質的に崩壊するでしょう。勤務医はすごい危機感あると思いますよ、みんな。もう少し、現場の実情を知った人をシステム構築に関係させて欲しいもんだ、え、厚生労働省。ここで吠えたって無駄なんスけどね。

ねこにえささん

米国の医療は進んでいるように日本では報道されていますが、その恩恵を受けられるのはお金のある人だけ。中流階級所得者でさえ、会社のサポートがない限り望むような治療は受けられません。国が医療保険を提供していないので、無保険の人は4割にも達します。米国はホント発展途上国のように「お金」がモノをいってます。それと比べると日本の医療制度は「いつでも受けられる」ので、外から見て初めて「すばらしい」と実感してます。でもいつも思うのですが、医師の仕事がもう少し分業されれば、と。患者さんのなかには診察ではなく、治療方法の相談にこられる方などもいるはずです。治療前の相談、質問等を分業するだけでも医師の負担が減るでしょうし、患者ももっと自分の病気を考える時間ができると思うのですが。(素人考えですけどね)日本の政府はどうも米国スタイルに傾倒しがちなようですが、ココの医療制度も崩壊しつつあります。そうなる前にへたれ先生も切望しているように、内外の質的改善して欲しいですよね。命を預かっている機関なのですから。蛇足ですが「ぬれ手に粟」、勤務医にはないかもしれませんね、開業医だけで。

HbA1c 先生
一般内科

HbA1c 先生

私の家族もバイパス術を受けています。私自身も謝礼を断る際に気まずい思いをすることがあるため、主治医に対する謝礼も現金や商品券は遠慮して菓子折りにしたのですが、それでも断られてしまいました。お礼はお金や物ではなく言葉や手紙にすべきであったと反省しています。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

建前は謝礼は必要ないという事ですが、やはりもらうと自然と意識します。謝礼なしで手を抜くわけではありませんが、当然、もらった方が医師側としてもそれなりの配慮はあるでしょう。渡すのは術前の方がいいでしょう。

YU-RI(熊本市在住糖尿病専門医) 先生

ブログで現役心臓外科医の先生が書いておられたすばらしい謝礼についての意見がありましたので、紹介させてください。

http://absinth.exblog.jp/1530775

今までの自分の態度を反省することしきりです。

みーママさん

そういうお考えをお持ちの方がいらっしゃるのが分かってショックです。
それが医師の何パーセントの本音なのでしょうか。

ナンナンさん

私の父が肺がんで手術を受けた時、退院後の診察の時に謝礼を渡しましたが、慣れた手つきですっと受け取られて、カルテの下に隠しておられました。
それを見て、ほかの患者さんからも頂いてるんだなって思いました。
術前か術後が迷うところですが、お医者さんにとって大した金額ではないだろうと思い、術前に渡すのはこのくらい?って思われたら嫌なので、術後に渡しました。
その病院には、謝礼は受け取りませんって張り紙が貼ってあるんですけどね。
看護婦さんたちは、絶対に受け取りませんでした。
看護婦さんたちにもかなりお世話になって、感謝しているので本当は渡したかったのですけどね。
私が手術を受けることになったらどうするかなって悩みますね。
母が胆のうの手術を受けた時は、今後、またお世話になる確率は低い気がしたので、渡しませんでした。
建前と本音があると思うので、悩む問題ですよね。
こちらに書かれている先生のような方ばかりだったらうれしいです。
患者は、弱い立場にあります。
お医者さんに嫌われたら???ってびくびくしている部分ってありますよね。
特に、名医と言われているようなお医者さんだと・・・
お医者さんと患者側と両方から変えていく必要がある問題ですね。

へたれ循環器専門医 先生

お金もらって意識しない方が問題でしょう。多少愛想が良くなる程度の効果しか無いでしょうが。治療上やることは変わりませんけど。いっその事オープンにすればいいと個人的には思ってます。名医に診てもらうのにエクストラチャージを取られるのは欧米では常識です。彼等はそれだけの才能を持ち、努力をしてきた訳ですから。私のようなへたれと同じ、健康保険の技術料だけで診療を強要されるのはいささかお気の毒かと思いますね。「高い技術には高い報酬を」という当たり前の論理が日本の医療には通用しないからお礼なんてわけのわからん慣習が続いているのです。

ちびちゃんさん

確かに、その医師の私的医療機関では別料金が発生します。
ただそのお偉い医師でも、たいていは公共医療機関で診察しています。 待たなくていけないですが、ここが良いとこですが、緊急の場合はすぐに診てもらえますよ。

へたれ循環器専門医 先生

実体験からのご指摘、ありがとうございます。勉強になります。具体的にはどちらの御国ですか?欧州内でも結構違うと聞くんですが。でも、日本では、私的医療機関であろうがなかろうが「別料金」はとれません。それに公共医療機関の医者は一応ですが兼業禁止です。それも、ご考慮下さい。
日本でも緊急の場合はすぐに診ます。その点はご安心下さい。

子羊さん

わたしは膀胱ガンで数分の内視鏡の手術です。
退院後、はじめて診察の時に1万円だけ茶封筒に入れて「お世話になりました。気持ちだけです」と渡します。

いち内科医 先生

手術前、手術後に謝礼を持ってこられる患者さん、ご家族のお気持ちはどういったものなのか、参考までにお聞かせ下さい。手術をしっかりやれよ、という場合も、無事退院できたことへの礼の場合もあると思いますが。手術前などに頂くと正直プレッシャーになる場合もあります。

koro-oteさん

� 手術前の謝礼は「手術をしっかりやれよ」と言うよりも、 術後のアフターフォローを「親身になってお願いします」 という気持ちが強いですね。
それと、皆んながしてるのに、自分だけしないと、先生の 見る目が 違うのでは・・・という気持ちも少し有りま す。
� 術後の謝礼は「良くして頂いた先生」への心からの感謝の 気持ちを伝えたい時にします。(感謝の気持ちが起こらな い先生には、していません)

koro-oteさん

文章の前に?が付いてしまいました・・変換ミスです。ごめんなさい!

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

多くのまじめな施設では謝礼は排除されています。どうしても不安な気持ちを抱きがちですが杞憂にすぎません。

nado 先生
一般内科

nado 先生

要らないと思います。
よく持ってこられる方もいますが、角が立たないようにやんわりとお断りしております。

ryre 先生
一般内科

ryre 先生

私たちの謝礼は給与という形で支払われているわけであるので、別な形で謝礼を頂く必要はありません。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。