Q

水疱瘡をうつしてもらう?

子供の友達のお母さん達の間で、「うちの子が水疱瘡になったから、今のうちにどう?」などという会話が日常的にされています。
幼稚園に上がる前に、計画的にうつしてもらう方が楽だ、ということなのでしょうが、私はもし合併症になった場合に後悔したくないので、遠慮していました。予防接種も済ませましたが、周りの反応は「高いお金出して・・・」というものでした。

水疱瘡を移してもらうことは普通のことなのでしょうか?また、自然に罹った場合の方が免疫がつくということも聞きます。予防接種をしても罹る場合があると聞きます。この場合は、免疫がしっかりついたと考えてよろしいのでしょうか?

質問者:ririha さん

askmaster 先生
小児科

askmaster 先生

予防接種に対して我が国は先進国の中で最も疎(うと)い国です。そのため「自然にかかった方が・・・」という親御さんは沢山います。我が子を病気にして平気な親は信じられません。

水痘(すいとう(俗:みずぼうそう))の感染力は強く、新生児・乳児・妊婦・一部のハイリスク児では重篤な後遺症を残したり、死亡さえします。

予防接種をしないということは、自分のお子さんを病気にする以外にも、他人を傷つける行為なのです。

インフルエンザ予防接種の効果が一見低く見える為に、定期の予防接種を含む予防接種全体の印象が悪いのかもしれませんが、水痘の予防接種の抗体価獲得は高く、通常、予防接種後に問題になることはあまりありません。

しかし、予防接種済みのお子さんにも一部発症する事がありますが、予防接種を受けていない子とは比べものにならないくらい軽く済みます。

あなたの行為は正しいです。これからも惑わされることなく、全ての予防接種を定期に満了されて下さい。子どもへの贈り物で「健康」以上のすばらしいものがあるでしょうか。

メリー クリスマス。

ririhaさん

askmaster様、メリークリスマス!
アドバイスをお聞きして大変心強く思いました。
「うつしてもらいたくない派」の私は、正直その当時は肩身の狭い思いをしておりました。私だけが過保護のような気もして・・・。
予防接種が無料ではない=それ程深刻な病気ではない、という認識が一般的なようです。

>予防接種をしないということは、自分のお子さんを病気にする以外にも、他人を傷つける行為なのです。

本当にその通りですね。子育てをしていると、どうしても自分の子供第一の考えに陥り、忘れがちになってしまいます。

子供の健康、周りの方の健康のためによりよい選択ができるのであれば、親としてできるだけのことはしてあげたいものです。
(本当は水疱瘡ワクチンが無料か、安い費用になれば一番いいのでしょうが・・・)

皮膚科専門医K 先生
皮膚科

皮膚科専門医K 先生

お話を聞いてびっくりしましたが、これも少子化現象なのかなと思います。予防接種はできるだけされるのが良いと思います。予防接種をすると水痘は非常に軽くすみます。私は皮膚科専門医ですが、おむつ部位に水疱のない紅斑が数個あるが熱はなく元気なので、おむつか何かのかぶれ?と思い治療していたところ、数日後、顔、頭に小さな水疱が出現したため、やっと水痘と診断できたということもあります。病診連係をしている小児科の先生から変わった発疹が出ているが、皮膚科専門医の意見を聞きたいと紹介を受け、ひょっとしたら水痘だと思いますと返事をしました所、あとで、やっぱり水痘だったんだねとお互いが顔を見合わせたことがあるくらいです。予防接種に関してはいろいろと意見がありますが、接種していると、専門医がわからない、あるいは見落としてしまう(良くないと言われるかもしれませんが)くらい軽くすむのです。わざわざ感染を目的に遊びに行くことはありません、結果的に感染しても予防接種していれば軽くすみます。ごく普通の生活をされることを願います。

ririhaさん

子育てをしている母親というの結構孤独です。
孤独ゆえに、母親同士の交流というのが大変貴重なのです。その中である情報が流れると、狭いグループの中でもそれが一番正しいことなのだ、と思ってしまうことがあります。
「予防接種派」は私一人だったので、どうなのかなと思い今回相談させていただきました。
やはり接種を受けていると大変軽く済むのですね。安心いたしました。

ところで、今回のことで母親仲間で話をしていたところ、近所の小児科の先生が「小さいうちにうつしてもらった方が軽く済むからいいよ」と話されていたと聞きびっくりしました。友達やおばあちゃんに言われるならともかく、小児科の先生が言う意見としてはどうなの?!と思ってしましました。

皮膚科専門医K 先生

子供の内に罹る病気は罹っていた方が良いのです。相談者が心配されているような、『無理に感染した方が良いのか』ではありません。たとえば、大人になってから水痘、はしかなどのウイルス感染に罹りますと重症になり、場合によっては不妊症の原因にもなります。妊婦が風疹に罹りますと胎児に奇形の危険性が高まります。現状では(意見が別れると思いますが)できるだけ予防接種をし、感染したとしても軽くすむようにし、将来安心して生活出来るようにすることなのです。感染を恐れないで下さい。最近、相談者のような母親が増えております。これも少子化の現れと思いますが、おそらく相談者の祖父母様の時代は何も気にすることなく生活され、相談者の御両親を立派に育てられたと思います。予防接種が受けられ、豊かになっているのですから、安心して生活されては如何ですか?近所の小児科の先生も私と同じ意味で『小さいうちにうつしてもらった方が軽く済むからいいよ』と言われたのだと思います。そのように言いながら、やさしく微笑まれたのではと想像いたします。

aaa 先生

aaa 先生

僕は、小児科ですが、うつしてもらうのもあながち悪くはないと思いますよ。
現在のワクチンは、ちゃんと免疫がついたとしても、その効果はかかったのと比べるとはるかに弱く、5-10年ぐらいすると一部の子供は、水ぼうそうの子供と遊べば、また、水ぼうそうになるでしょう。
まして、女の子なら、子供のころにうったワクチンの効果が、妊娠適齢期まで維持できるかどうかは疑問です。
なので、うつしてもらうという意見をほかのお母さんたちが言うのも、もっともな部分があります。
問題は、現在のワクチン政策が不適切なことにあります。今後は、予防接種のやり方が、変わる可能性もありますが、水ぼうそうのウイルスの特性から考えれば、水ぼうそうが完全にワクチンで防げるかどうかは疑問です。

子持ちの小児科医 先生
小児科

子持ちの小児科医 先生

新生児期・成人・免疫不全のときに感染すると重症化しやすいですが、健康な小児の場合軽症で済むことが多いです。さらに、最近は抗ウィルス剤を投与することで更に軽症で済むようになっています。実際に、2歳以上ので入院が必要なほど重症になった子供は最近診ていません。
ですから、危険な病気であるという意識がお母さん方に少なく、かえって「元気な時に感染できるなら予防接種の代わりになってちょうどいい」と思っているお母さんが多くなっているためと思います。

もちろん予防接種のほうがより安全なのですが、もともとの合併症の確率が低いので、予防接種の費用がもったいないと言われる方も結構います。

結局は、費用対効果についてどう考えるかの問題だと思います。

ririhaさん

そうですね、罹ってしまっても「良い薬があるから大丈夫」という考えの方が多いように思います。実際、水疱瘡で入院、という話も聞いたことがないですし。私も場合はそれでも、万が一の場合のことを考えたら費用も高くないという考えだったので、予防接種を受けました。

確かに子供さんが2人目、3人目になると親の方も病気に慣れてきてしまって、ワクチンの費用が高いと感じられるのかも知れません。
診療費や他のワクチンの費用の安さに比べて、水疱瘡ワクチンの費用がかなり高いのも事実です。
将来的には無料になったらいいのに、とは思います。

三条 先生
皮膚科

三条 先生

ときどき聞きますが、そんな話が出るお母さん同士の場合は子供達も普段接触している仲であることが大半です。水痘(に限りませんが)は発症以前の潜伏期の間から感染力がありますからすでに感染してしまっていることが多いものです。だから「うつしてしまってごめんなさい」の予防線の張り方がそんな発言になるのだと思っています。

ririhaさん

私も、お友達と遊んでいていつの間にか感染していた・・・というのなら仕方のないことだし、そのお母さんを責めるつもりは毛頭ありません。

「うちの子が罹ってるから、幼稚園入る前に罹っておきたい人は遊びに来てね」ということで、自分から進んでうつしてもらいに行くという方が実際おられ、なおかつそれががめずらしいことでもないので、自分自身が日ごろ疑問に思っていることが少数派なのかな?と疑問に思い、質問させていただきました。

三条 先生

江戸時代に天然痘について似たようなことが行われたという話(患者との接触でなく、治癒期の瘡蓋を粉末にして鼻から吸わせる)は知っていますが、人類が月に行くという時代にそれはちょっと凄いですね。疑問に思われるのが当然だと思います。

ririhaさん

天然痘ですか・・・すごいお話ですね!
そういえば、母の話では「昔は、はしかを移してもらいにいく人もいたのよ」ということでした。今考えると、とんでもない話ですよね。

水疱瘡ワクチンは安全性も高いと聞きますし、将来は無料で皆が受けることができるようになればいいのに、と思います。でも、現在そうなっていないということは、お母さん達の認識の中で「危険性の低い病気だろう=接種させなくてもよい」となっているのではないかと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。