Q

漢方薬・素朴な疑問

漢方医の先生に質問です。
漢方薬は、どうして基本的に空腹時(食前30分前)に服用しないといけないのですか?
そうしないと効き目が出難い理由は何故ですか?

以前、証を診るのがとても上手な漢方医に診てもらっていました。特に風邪・下痢などで処方して貰っていました。
先生の処方した漢方薬は間違いなく利くし、さっさと治るのですが、
ある時、葛根湯を飲んだ後、お腹が空いているのに我慢できなくて昼ご飯を食べたら利きませんでした。
夕ご飯の時は我慢して30分以上待って食べたらちゃんと身体が温まり、症状も軽くなり、葛根湯の効果が出ました。

でも漢方薬に入っている生薬って、ショウガ(ショウキョウ)とかターメリックの仲間(欝金)とか、みかんやゆずの皮のお茶(陳皮?)とか、普通の食事で使う物も結構ありますよね。
だけど食事と一緒に服用すると、効果が激減してしまうのは何故ですか?
食材で入ってる物なら、食事と一緒に摂っても効果が出そうな気がするのですが・・・?

それから「健康食品といえども、ウコンとかハチミツとか、漢方薬と併用しないで」と注意された事があります。
昔の事なので記憶が曖昧なのですが、大筋に「葛根湯とかの処方(調合?)が、身体の中で違う処方になり、期待した効果が出せないから」という理由だったと思います。
他にも漢方薬を服用する上で、避けなければならない食品はあるのでしょうか。
他に気をつける点はありますか?
(○○飲むなら時間をずらせ、この時は○○は食べるな、など)

漢方薬に詳しい方、アドバイスをお願い致します。

質問者:心療内科通院中 さん

ユタカ 先生
全科

ユタカ 先生

わたし自身は,患者さんに処方する時も,自分で服用する時も,食前服用にはこだわっていません。確かに空腹で服用する方が吸収が早いかもしれませんが,最終的には服用した全量が吸収されるはずです。食後に服用して効かなかったことはないです。なので,
<お腹が空いているのに我慢できなくて昼ご飯を食べたら利きませんでした。
夕ご飯の時は我慢して30分以上待って食べたらちゃんと身体が温まり、症状も軽くなり、葛根湯の効果が出ました。 >
というのは,わたしにとっても不思議です。可能な解釈は,「偶然」と言っては言い過ぎかもしれませんが,その日の夕方頃にちょうど風邪が治りかけていた(それまで服用した葛根湯の効き目とご本人の自然治癒力によって)ということでしょうか。こんな説明では納得できないかもしれませんが・・・・。
正確な本の名前は思い出せませんが,漢方医学についての本の中でこの食前服用のことが取り上げられていて「伝統的に漢方薬が食前服用とされるのは,昔の漢方薬は煎じ薬で,どんぶり一杯くらいの分量があった。食事をしてからではとても入らないので食事の前に飲ませていた。その習慣が続いているのだろう」というような記述がありました。

心療内科通院中さん

アドバイス有難うこざいます。
>可能な解釈は,「偶然」
確かにその可能性も強いです。服用して2日目位でしたから、偶然が重なってそうなったのかもしれません。
でも私の体質なのか、こういった事が一度きりではなく、食事と漢方薬を合わせると効き目が悪いのです。過去に飲んだ事がある葛根湯、五苓散、桂枝加芍薬湯、当帰芍薬散などなど、どれも空腹時でないと効果が出ないので、不思議に思っております。

>昔の漢方薬は煎じ薬で,どんぶり一杯くらいの分量があった。食事をしてからではとても入らないので食事の前に飲ませていた。その習慣が続いているのだろう
あ、確かに煎じ薬にするとその位の量になってしまいますね。確かにそれだと食後ではお腹に入りません。
最近は顆粒状エキスが一般的に処方されるので、煎じ薬の存在を忘れていました。
確か土鍋とか非金属の入れ物でコトコト煎じるんですよね。

他に見解がある方は、つづけてアドバイスをお願い致します。

へっちょこユキ 先生

今回の質問とは直接関係ないかもしれませんが、漢方薬の成分は腸内細菌の作用を受けて有効成分に変化してから吸収されるそうです。ですから漢方薬を服用するときには腸内細菌が死に、効果が変わるかなくなってしまう可能性があるので、抗生物質を一緒にのんではいけないと説明されていました。
食物が腸の中にあっては腸内細菌の作用をうけにくいのかもしれません。

心療内科通院中さん

アドバイスありがとうございます。
>漢方薬の成分は腸内細菌の作用を受けて有効成分に変化してから吸収されるそうです。
>食物が腸の中にあっては腸内細菌の作用をうけにくいのかもしれません。
これは知らなかったです。漢方薬の薬効メカニズムはそうだったんですね。かなり複雑なんですね。

>漢方薬を服用するときには腸内細菌が死に、効果が変わるかなくなってしまう可能性があるので、抗生物質を一緒にのんではいけないと説明されていました。
それで漢方医は抗生物質を出したがらない訳ですね。
どうしても抗生物質が必要な場合は、西洋薬に切り替えて治療をした経験があります。あの時はなぜかな〜と思っていましたが、ようやく謎が解けました。有難うございます。

そのほかにも見解がある方は、是非アドバイスをお願い致します。

カフェ・リザン 先生

*ニックネームをユタカからカフェ・リザンに変えました

へっちょこユキ先生,腸内細菌の話,指摘されて思い出しました。そんなこともありますね。もちろん,漢方薬のすべての成分がそうだというわけではありませんが。それにしても,空腹時に服用する方が腸内細菌の作用も強くなるかもしれません。

<でも私の体質なのか、こういった事が一度きりではなく、食事と漢方薬を合わせると効き目が悪いのです。過去に飲んだ事がある葛根湯、五苓散、桂枝加芍薬湯、当帰芍薬散など など、どれも空腹時でないと効果が出ないので>
ということなら,今回の葛根湯も偶然ではなく必然なのでしょう。そういう患者さんもいるんですね。勉強になりました。ただその場合でも,厳密に食前30分にこだわらなくても,空腹時であれば良いと思います。そして1日3回(あるいは指定された回数)ある程度の時間(常識的には4〜5時間以上)あけて空腹時に服用すればよいのではないかと思います。

心療内科通院中さん

カフェ・リザン先生も聞いた事があったんですか。
これは腸内菌説はかなり信憑性がありますね。
漢方医の先生は、もっと突っ込んだ部分まで
ご存知かも知れないので、「食べ合わせ」の事も含めて、このまま回答を待とうと思います。

話はそれますが、カフェ・リザン先生、どうやったらニックネーム替えられますか?
自分も変えたいのですが、何か替えられないっぽいのです。

さて話は戻しますが、「漢方薬は、どうして基本的に空腹時(食前30分前)に服用しないといけないのか」
「健康食品といえども、ウコンとかハチミツとか、漢方薬と併用するな」の漢方薬学視点からの理由、
他にも漢方薬を服用する上で、避けなければならない食品・薬などの情報をお持ちの方は、続けてアドバイスをお願いします。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。