Q

肺がん(ステージ4:肋骨転移) 抗がん剤治療について

63才の母のことでお伺いします。11月下旬に肺がんが見つかり、12月14日の追加検査で肋骨への転移が認められました。以下検査結果の概要です。

病名 :肺腺がん(ステージ4)
原発部 :左上肺部(鎖骨の裏側あたり)、直径2cm弱
転移部 :左第5肋骨、大きさ不明
腫瘍マーカー数値:90超(通常は5以下とのこと。)

母はここ20年来糖尿病を患っており(経口薬による治療を続けています。)、3年ほど前には狭心症で倒れ、その際血管を「金網の筒」で拡げる手術を受けています。
担当医からの説明では、こうした経緯(既往症)を踏まえて、現段階では痛みもないため、放射線治療は行わず、体力の消耗を避けながら、抗がん剤治療を行うのがベストではないかとのことでした。

なお、抗がん剤は「パラプラチン」と「タキソール」の二剤を使用し、これは副作用が比較的少なく、広く一般的に取られている組み合わせとのことでした。
また、効果が出る確率はあくまで10〜40%とのことで、やれば必ず効くというものではないという説明も同時に受けました。

そこでお伺いしたいのですが、母のような状況(がん自体の進行状況・既往症など)からして、この抗がん剤の組み合わせは妥当なものなのでしょうか?
また、この抗がん剤治療を行った結果、あまり効果が得られなかった場合に、その後の選択肢としてはどのようなものが考えられるのでしょうか(他の抗がん剤への切替え、全く別の治療法への変更等)?
ご教授のほどよろしくお願いします。

質問者:kussune15 さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

担当医の示された選択肢は、よく考えられた選択肢の一つで賛成です。肋骨への転移がすぐに生命に影響することはないですが、さらなる転移部位を少しでも防ぐという意味で抗癌剤治療が重要になってきます。

「パラプラチン」と「タキソール」で開始し、無効であれば「ジェムザール」あるいは「イレッサ」といった選択があります。

骨転移による痛みが出現してきた場合には、高カルシウム血症で用いられる「ビスホスホネート剤」といった薬剤が有用になってくると思います。

kussune15さん

和歌山の医師 一般内科 腫瘍科 様

詳細かつ的確なご回答ありがとうございます。
担当医の勧めに従って、とりあえず1クール(約4週間とのこと)は、「パラプラチン」・「タキソール」投与によることとし、処方後の経過をみていきたいと思います。
わからないことばかりでしたので、本当に助かりました。
今後ともよろしくお願いします。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。