Q

肺がんの可能性が大きいと言われ・・・

主人75才が9ヵ月ほど咳が続き喘息薬を飲んでいました。風邪を引いたのをキッカケに病院に行きレントゲン検査をしたところ 「肺に水が溜まっている」と「大きな潰がある」と言われました。その日は利尿剤と咳と痰を出す薬をもらい一週間後に受診しました。再びレントゲンを撮ったのですが、大きな白い塊はレントゲンに写っていました。レントゲンの先生も担当医も「癌か炎症か解らないのでカメラを飲んで検査しましょう」と言ってくれたのですが、本人が拒否しました。先生に「血液検査で癌かどうか調べられますか?と伺ったところ「ある程度なら」とのことだったので、取り合えず血液検査をしました。再び一週間後、結果「癌を示す数値が平均の二倍以上ある」と言われました。長い英語の項目で平均が2,0となっていました。主人は4,2でした。これは間違いなく肺がんなのでしょうか?本人は「癌のわけがない」と言い全ての検査等を拒否しました。「咳が出るんで行ったのになんで癌にされるんだ」と言います。病院から以前処方された咳と痰を出す薬を止めた途端、喘息かと思っていた咳も出なくなりました。今後どうすればよいのでしょうか。本人は病院に行かないです。仕事場で年一度の健康診断がありますが、それでも癌はわかるのでしょうか。癌の場合、どのような症状がでるのですか?注意することとかありますか?教えてください。

質問者:胡 さん

えびちゃ 先生
一般内科

えびちゃ 先生

「癌を示す数値が平均の二倍以上ある」は、腫瘍マーカーと言って、数値が大きいと癌の可能性が高くなります。しかし、「平均が2,0となっていました。主人は4,2でした」とのことから詳細はわかりませんが、極端に高値ではないと推測します。これでは明らかに癌を疑うことはできないと思います。間違いなく癌とはいえません。
健康診断では恐らく普通の胸部レントゲン(正面)写真しか撮影しないと思いますので、仮に癌としてもよほど進行しない限り、分かりにくいと思われます。
「カメラを飲んで・・」は気管支鏡と言いまして、病変部を一部切り取って、顕微鏡で見て癌かどうか確定する手段です。これがないと本当は癌かどうかいえません。
肺癌の場合、咳、痰(血痰も)、進行すると胸痛、食欲不振、全身のだるさ、体重減少等の症状がみられます。
本当は、再診されて、胸部CTや上記の気管支鏡で診断確定された方が良いのですが・・・。お大事になさってください。

胡さん

気管支鏡の検査をかなり嫌がっているんです。「オエッーとなって苦しい」と友人から聞いたようで・・・ 頑固爺で説得するのも大変ですが、年明けには検査を受けてもらえるよう頑張ります。ありがとうございました。

Doctor_hs 先生
一般内科

Doctor_hs 先生

心中お察しいたします。肺癌の可能性についてのご質問のようですが、年齢などを考慮すればやはり可能性としては癌を疑います。

我々臨床家は基本的に「悪い」方向で検討を始めることが多く、検査の結果シロと判定されれば「良かったですね」というお返事をさせていただくことが多いです。

疑わしきは罰せず、ではなく疑わしいからこそ精査を進めるべきだろうと思います。癌は放置しておいて良くなるような病気ではありません。

症状についてですが、残念ながら癌に特徴的な症状はありません。カメラを飲んで……というのはおそらく気管支鏡のことだと思いますが、本人に負担の少ないCTなどでもかなりの情報が得られます。単純写真だけではなく、こうした検査も利用されてみてはいかがでしょうか?

いずれにせよ、このまま放置するのは危険です。できるだけ検査を受けるように説得してあげてください。

胡さん

辛い思いをしたくない、弱いところを見せたくないとの思いがあるのでしょう・・・ CTなどの検査もあることを進めてみます。ありがとうございます。

SecondLife 先生
一般内科

SecondLife 先生

おそらく先生方のおっしゃるのが正しく、9分9厘肺癌に間違いないでしょう。そのまま放っておけば今後はきわめて厳しい可能性が強いです。

ただ私は、人は自分の病気の治療法を選ぶ事が出来ますし、いかに生きるかと同時に、本当はいかに死ぬかも選ぶことが出来ると思っています。御主人が何の治療もしないで自然に任せるのも、御主人にとっては一つの選択だと思います(周りの方の方がつらいとは思いますが)。ただそれなら恐れずに、ガンのわけが無いなどと逃げないで、こうすればこうなる、放っておけばこうなると言う先生の説明をきちんと聞いて、自分で覚悟を決めて治療法を選ぶようにしたほうが良いと思います。今は昔と違って肺癌でもかなり抗癌剤も有効なものがありますし、治癒することもありえます。よく考えて選択なさるべきだと思います。

胡さん

頑固爺なので説得に時間が掛かりますが、再度お医者様の説明を受けに病院に連れて行きたいと思います。ありがとうございました。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

最悪のケースを想定すると肺癌が進行して、胸に水のたまる状態(癌による胸水)にまで及んでいる可能性があります。

気管支鏡は確定診断に重要ですが、CT(断層撮影)など病変の拡がりを把握する検査を受ける必要があります。炎症であるならば肺結核のようなものも考えなければなりません。家族に感染する可能性もあります。

いずれにせよ、精査をする必要があります。原因がはっきりすれば治療の方法はおのずと決まってくると思います。

胡さん

癌以外で肺に水が溜まることはないのでしょうか?ともかく、検査が必要なんですね! 頑固爺で説得が大変ですが、再び病院に連れて行こうと思います。ありがとうございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。