Q

電気ショック療法について

うつ病になって1年半経過しています。仕事が出来なくなり3ヶ月前から自宅で静養しています。
薬もSSRIからSNRIそして現在アモキサンを服用しています。
アモキサンに変更するとき主治医から電気ショック療法という治療法もあるといわれました。ですが通院するその医院では出来ず大学病院にいってもらうとのことでした。
早く治るならとても興味のある治療法です。
電気ショック療法についてくわしく知りたいです。

質問者:けんじ さん

カフェ・リザン 先生
全科

カフェ・リザン 先生

わたしは外来クリニックの勤務医なので実際に電気ショック療法を施行することはありません。知識として知っていることをお伝えします。
まず,現在はほとんどの場合,筋弛緩薬と全身麻酔を併用するので,痛みはほとんどないはずです。これを修正電気痙攣療法(mECT)と呼びます。入院して,週に2〜3回,4週間くらいが標準のようです。対象となるのは難治性うつ病,なかなか治らないうつ病です。
効果は,たいていの場合,とりあえず治るようです。そのままずっと治癒する人もいれば,半年くらいで元に戻る人もいます。副作用は一過性の健忘,つまり治療当日ないしその前数日分くらいの記憶が一時的にとんでしまう。ほとんどの場合,翌日には回復します。例外的に,記憶が戻るのに数カ月かかることがあります。
わたしが知っているのは以上です。ところで,「現在アモキサンを服用しています」とのことですが,アモキサンだけですか?もしそうだとしたら,mECTの前もっと薬を増やしてはいかがでしょう?わたしが担当した例で,1日あたり,トレドミン25mg4錠,アモキサン25mg6錠,ルボックス50mg3錠それに漢方薬の帰脾湯3包まで増やしてやっと状態が落ち着き,そこから徐々に減薬して,現在は減薬の最終段階という人がいます。薬を増やすのは怖いですか?

ほほえむカメさん 先生
精神科

ほほえむカメさん 先生

私が知っているのは、一世代前(と言ってしまってよいのかどうか)の『電気痙攣療法』です。
ご存知の通り、歴史的な病院での事故(?)以来、すごく嫌なイメージがついてしまっていますが、実際、私自身が100例以上(数え切れない!)行ってきた限りにおいては、適応(心疾患や脳障害の有無、栄養状態)さえ間違わなければ安全な治療方法だと言い切れます。
実際、患者さんは寝ている間に行われる処置ですから、手術を受ける感覚でもいいんじゃないでしょうか?
特に主治医から勧められた、ということは非常に辛い経過を経て・・・ということでしょうから。
食べれなくなって、処置も出来ないくらいに痩せてしまってからでは遅いです。
確かに、薬合わせも不十分な気がしますが。
もし将来的に電気ショック療法を受けるつもりがあるなら、炭酸リチウム(リーマス・リチオマール)は薬物療法に加えないようにしておいて下さい。

余計な一言かも知れませんが、今のネット事情である限りは、詳しく知ろうとした方が、逆に不安になると思います。
別のサイトの掲示板で、私の意見は踏み潰されました。踏み潰したのは、実際にこの治療を行ったことの無い医師や興味本位のネットトーク参加者たちでした。
この治療の成功者に書き込みをお願いしたいものです。

カフェ・リザン 先生

ほほえむカメさん先生へ,
<私の意見は踏み潰されました。踏み潰したのは、実際にこの治療を行ったことの無い医師や興味本位のネットトーク参加者たちでした。
この治療の成功者に書き込みをお願いしたいものです。>
わたしも同感です。前回のわたしの投稿がひょっとしてmECTに否定的なニュアンスを感じさせたとしたら,それはわたしの文章の拙さのせいです。わたしはmECTが日本でも難治性うつ病治療の一つの選択肢として根付いて欲しいと思い,mECTの経験豊な精神科医が育って欲しいと思っています。
わたしの場合,2種類の抗うつ薬,たいていはミルナシプラン(商品名「トレドミン」)ともう1種類(SSRIか三環系抗うつ薬のどれか)を保険の限度まで処方しても十分な改善が見られないなら,患者さんにmECTという選択肢があることを説明しています。前回の投稿で紹介した患者さんにも,トレドミン25mg4錠,アモキサン25mg6錠まで増やしても十分な改善が見られなかった時点でmECTを紹介しました。この患者さんを含め多くの患者さんは薬を追加する方を選びますが,その理由はmECTが怖いからではありません。きちんと説明すれば,根拠のない恐怖や不安を抱くことはありません。患者さんがmECTをためらうのは入院が必要となるためです。「外来では無理ですか?」という質問を何人もの患者さんから受ました。現状では「無理です」と答えざるを得ません。
そこで,mECTを実際に施行しておられる先生方に質問です。本当に技術的に見てmECTは入院でなければ不可能なのでしょうか?麻酔科医が必要である以上,普通の外来精神科クリニックで不可能なことは理解できますが,麻酔科医のいる病院で,朝一番に来て麻酔導入,mECT施行し,外来ベッドで休んで夕方帰宅という方法は無理なのでしょうか?こういう方法が可能なら,mECTの潜在的需要は多いと感じています。

ほほえむカメさん 先生

私の場合はmの無い痙攣療法の方ですが、これまで2例を外来で施行しました。
しかし、それは共に医療従事者の家族で、しかも往診の形をとり、何かあっても直ぐに駆けつけるという約束の下に実施しました。
実際、mの付く(変な言い方ですみません)方は、どうなんでしょうか?
まず、家族が充分に理解していて本人と離れずに居る(極端なことを言えば夜も寝ずに側にいる等)条件を付けないと難しいんじゃないでしょうか?

けんじさん

本日、診察を受けて来ました。「だいぶ調子も良いようだし、安定してきたようだ。」といわれました。
電気ショック療法について尋ねたら「近隣の大学病院では最新の機器を導入していて、麻酔の必要はあるが外来での実施も可能なのでは」と言いました。

入院の必要がなく、外来でも可能なのでしょうか。

安定期にある私に効果は期待できるのでしょうか。

早く社会復帰できればと思い、どうしても関心を持ちます。
どうか詳しい方、返信願います。

精神科専門医 先生

私も、一昔前の電気ショック療法をしていました。つまり最新の機器は使わずにです。
病院の外来で、したこともあります。ただ、その場合、痙攣後に、もうろう状態となる方がいて、そのために家族やスタッフにしっかりと一定の時間横についていてもらいました。
しかし、やはり、外来でするよりは、短期間でも入院をして、行ってもらうほうが安全かつ安心なのではと考えます。
それはさておき、調子がよく安定してきたのであれば、電気ショック療法の適応ではなくなったのではないかと考えます。やはり原則は、遷延する(長引く)重症うつ病・自殺企図のある方や焦燥感が非常に強い方などが適応だと思います。良くなった状態を、更に良くするという療法ではありません。

ところで、だいぶ調子が良くなったそうですが、その場合の薬の調整(減量なども含め)などが大変だと思います。しっかりと、担当医と話し合ってください。

ilm 先生

精神科医ilmです。
修正型電気療法(m-ECT)を年間800件以上行っている病院に勤務しています。
ECTは一部の経験のない、偏見に満ちた人たちの間では
「廃人になる、回復のレベルを落とす」などとの誹謗を受ける治療法ですが、
副作用と効果の比較において、現在選択しうる最も安全で、効果の高いうつ病の治療法のひとつです。
もし私が重いうつ病となった際には、自ら希望してECTを受けようと心に決めています。

ではなぜすべてのうつ病の患者さんにECTをしないのか、というと、
まず入院が必要となるのでその負担が大きいことと、
ECTには状態を改善させる強い力はあっても、その状態を維持する作用はないので、薬物療法を併用する必要があるためです。
薬物で改善したのであれば、維持のためには間違いなくそのお薬が有効ですが、ECTで改善した場合には薬物が有効であるかどうかは賭けになります。だからまず薬物療法で、というのがセオリーなのです。

安定期にあるけんじさんに効果が期待できるかどうか、ですが、
一般的には効果はないでしょう、とお答えせざるを得ません。
ただ、けんじさんのようにお悩みの方で、少ない可能性に望みをかけて、
うつ状態が大きく改善された、というよりもそれをきっかけとして状況が進展する、といった方がいらっしゃることも事実です。
主治医とも相談して近隣の大学病院を受診してみるのも手でしょう。
ただ、外来ECTを行っている病院はごく限られていると思います。

けんじさん

医師からは「安定してきたのでカウンセリングを始めましょう。」と言われました。
カウンセリングがどのようなもので、どんな効果がでるかわからず不安です。

早くスッキリ治るために最短ルートをたどりたいのですが。

ilm 先生

精神科医ilmです。
>早くスッキリ治るために最短ルートをたどりたい
もちろん当然なお気持ちです。
ただ、うつの治療では焦る気持ち、はやる気持ちが治療の障害となる場合があります。

けんじさんの主治医もそのように考えてカウンセリングをお勧めしたのではないでしょうか。
More haste, less speed. 急がば回れ、ということもあります。

けんじさん

来週、投薬に続きカウンセリングを受けることになりましたが、うつ病である私にどのような効果があるのかは未知数です。
確かに一時期より回復してきた感はあるのですが、主治医からは「まだ仕事は無理、考えないほうがよい。」と言われています。
電気ショック療法に効果があるのなら、また即効性があるのならとても興味を持つ治療法なのですが。

ilm 先生

精神科医ilmです。
>電気ショック療法に効果があるのなら、また即効性があるのならとても興味を持つ治療法なのですが。
電気治療は重度のうつ病には間違いなく有効な治療法ですし、そもそもが迅速かつ確実な治療効果が求められる場合に行う治療ですから、即効性も折り紙つきです。

ただ、何でも良くなる奇跡の治療ではありません。けんじさんがこれまでお書きいただいてきたとおりの回復期にある方であれば、さほど良くなる感じはないかもしれません。
直接の診察の上でないと判断は不可能でしょう。
悩まれているのであれば、現在の主治医に紹介してもらって、電気治療が可能な病院に受診してみましょう。
やってみたらよいのか、それとも無駄な入院となる可能性が高いのか、説明してくださることと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。