Q

腹膜透析とお風呂

友人の相談なんですが、年齢62歳男性、糖尿病性腎症が進み去年の12月にネフローゼで入院 肺と全身に水が溜まり太ももの付け根から4回程血液透析、その後腹膜透析を行えるようにお腹にチューブを入れました。その後透析の専門病院に転院。最初の病院では腹膜透析を出来る様にと言う事でチューブを入れたのに専門の病院で まだ数値的に透析を行う程ではないのでチューブが詰まる事がない様に一日一回20分程かけてお腹に液を入れ出すという事をしています。 まだ3年ぐらいは透析の必要はないとの事です。 ならなぜお腹にチューブを入れる手術をしたのか 不思議です。それにお風呂も感染症を防ぐ為に入ってはいけないそうです。最初の病院ではお風呂も入れます。と言う説明だったそうです。 先生によって意見が違うような事でしょうか? お風呂好きな人なのですごく落ち込んでいます。 なぜ腹膜透析をすぐしないのにお腹にチューブをいれたのか? お風呂はぜったい駄目なのか? 先生教えて下さい。 宜しくお願いします。(腎臓の検査のはっきりした数値を記載出来なくてすいません)

質問者:ももこ さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

すべての情報がそろっているわけではないので予想の範囲をでませんが・・・。糖尿病性腎症で水がたまって透析が必要になった場合、一時的に離脱できても、何かの拍子に透析が必要になる事が多いです。3年というのは、たぶんBUNとかCreなどといった血液のデータを見て、判断されている数値だと思いますが、3年を待たずして、2つめの書き込みの先生のおっしゃられるように、体内の水分のコントロールの問題で維持透析になる(・・・おそらく3年ももつ事はないのではと思います)可能性が高いと思います。そのあたりは、現主治医に今一度意見を求めてください。教科書的にはCreがいくらになったら透析・・と書いてありますが、それだけで判断はできません。
実際に経験されておられるように、太もむの付け根からチューブを入れて、緊急で透析をする事は、体にとっても急激な変化が起きますし、チューブそのものからばい菌を押しこんだり、もう何もいい事はありません。
前院の主治医は、早晩、維持透析が必要になるだとうという事で腹膜透析の用意をしようと考えられたのだろうと思いますし、それはむしろ懸命な判断だとと思います。ただ、一時的にでも離脱できる可能性があったならば、腹膜透析は段階的導入法をとった方がよかったのかもしれません(これは、結果を見て言ってますので、現場の判断として、チューブを外に出されているのも、間違ってはいないと思います)。施設として、血液透析の器械がキャパシティーいっぱいいっぱいの施設が多くなってきているせいもありますが、何と言っても、腹膜透析はきちんと管理すれば体への負担が本当にマイルドです。そういった事も、前院の主治医はお考えになっていたとすれば、透析療法について、むしろ詳しい方だったのかもしれません。
チューブをとる事はできますが、やはり、今後の見通しを考えると、残しておかれる方がよいように思います。

ももこさん

そうですか〜 やはり透析を近々行う事になる確率が高いんですね〜。 わかりました。 ありがとうございました。

えびちゃ 先生
一般内科

えびちゃ 先生

小生は1990年から94年まで腹膜透析に携わっていました。以下は小生の推測です。
まず、透析(腹膜透析、血液透析)を開始する基準は医師により異なります。これは小生もたくさん経験してきました。
3年という数値はどういう根拠から出たのかは小生にはわかりませんが、糖尿病腎症(ネフローゼを含む概念)の場合、体内にたまった水のコントロールに大変苦労することが多いです(全身浮腫や胸腹水)。そのため一時的、もしくは継続的に透析で除水(体内の余分な水分を除去すること)を行うことはよくあります。
恐らく、最初の病院では今後透析導入(継続)が必要と考え(血液検査も不良であったかも)患者本人とも相談して血液透析(この場合はシャント手術:前腕の動脈と静脈をつなぐ手術)ではなく、腹膜透析を選択したものと思われます。腹膜透析は病院に通院する回数が少ない(2週から4週に1回程度)等の利点があります。そしてその後の病院では数値や全身浮腫や胸腹水の改善が見られたのではないかと推測します。
次に通常、カテーテル(お腹のチューブ)ですがご指摘のようにカテーテル出口や周囲そして排液に感染がなければ入浴可能となります。入浴不可には恐らく、何か事情があるはずです。また不要ならチューブを抜くことも可能です。
本当のところは現在の担当の医師が一番分かっているはずです。一度面談されてください。

ももこさん

今の病院では腹膜透析の患者には入浴は禁止しているそうです。でも先生方のお話では入浴出来る様で感染症を起こさないように注意深く入浴する方法を考えてみるように友人に薦めてみます。
前の病院に入院した時は全身浮腫、胸腹水がひどく息も絶え絶えでしたが、太ももからの透析のお陰で30キロ体重が減りました。でもまだ水分量が多いようです。やっぱりそう遠い未来ではなく継続腹膜透析が必要になるのかもしれませんね。 また友人とも話してみます。 ありがとうございました。

みさとさん

はじめまして。シロウト考えですので、聞き流してください。太ももからカテーテルを挿入、血液透析というのは、水抜きのための緊急手段だったのではないでしょうか?確かイーカムとか言う血液療法だったと思います。それと、ご友人は、血管や心臓に何か問題があって、シャント形成が難しくて、CAPDを導入されたのではないでしょうか?転院された施設では、数値的に導入の必要はないとのことですので、無駄だったとお考えになられるのも無理はないと思いますが、この数値も明日には変化しているということもありますし、先生が書かれているように、基準値に達して、はい スタートというわけでもなさそうです。お風呂は、パウチを貼れば問題なく、入れます。ただ、カテーテルの出口感染だけは、気をつけてください。CAPDは、通院の手間がいりません。職場でも、可能です。食事の制限も、HDほど厳しくありません。私は、いい療法だと思っています。どうぞ、お大事に。

ももこさん

太ももから血液透析をしたのは 水抜きの為だったと思います。 4回程行って 肺、全身に溜まった水が少なくなり体重が30キロ減りました。びっくりです! でもまだ足などは大変浮腫んでいます。それと最近お腹のチューブのプラスチックの様な匂いが 内臓からして 食欲減退ぎみのようです。 チューブのにおいが気になると 家族の方はおっしゃってられますでしょうか? 血管や心臓に今のところは問題はないそうです。 CAPDの方が生活がし易いと先生が思われたのかもしれませんね? お風呂はいろいろ調べてみると入れそうなので 少し元気な気持ちになっている様です。 2ヶ月入院していましたが明日退院します。

XYZ小児科 先生
小児科

XYZ小児科 先生

私の患者様(小児)も腹膜透析を行っていますが、腹膜透析導入前に専門のケアナースにお願いして、在宅での日々の管理方法を患者様に教育していただきました。その際、チューブ挿入後しばらくは入浴については透明なシールのようなものを貼って入浴すること、そして数ヵ月後からは何もしなくても入浴できるようになることを指導していました。透析管理の医学書で確認しましても、その管理法が一般的だと思います。入浴できないことは決してありません。何か入浴できない他の理由があるかもしれませんので主治医にご確認ください。

ryre 先生
一般内科

ryre 先生

糖尿病性腎症で、腹膜透析を導入したことは疑問は残りますが、現在カテーテル出口の感染症がコントロールされているのならば、風呂は可能です。

ももこさん

ご回答ありがとうございました。 糖尿病性腎症で腹膜透析を導入した事に対する疑問って何ですか? 教えて下さい。

ryre 先生

糖尿病性腎症の方は経験的に容易に溢水の状態となり心不全になりやすいことが知られているので、除水のコントロールの難しい、腹膜透析を導入することは少ないと思われます。
また、血糖コントロールが困難になることが多いので、血液透析を選ぶことが多いです。
細かく言うともっとありますが、上記のような理由です。

ももこさん

そうですか。 心臓の方は今の所は異常がないそうです。 ヘモグロビン検査も5.6でコントロールが出来ている状態の様です。 浮腫みがひどいので除水コントロールが腹膜透析は難しいとの事がひっかかり心配ですが…… 返信ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。