整形外科の主治医への不信感

いつもお世話になっています。
私は45歳女性,両股関節の先天性臼蓋形成不全と変形性関節症で一昨年右股関節のRAOを受けました。
お陰様で手術は成功し経過も良好です。ちなみに執刀医は
主治医とは別の先生です。
ところが最近左股関節の痛みが酷くなり、経過観察で受診するたびに主治医に相談するのですが右股関節の時とうって変って主治医の態度が冷淡なのです。もともと左の方が
変形が進んでいてRAOの適応はなく人工股関節置換を
視野に入れての経過観察なのです。手術の方法によって
お医者さんの関心度がこうも違うとは思ってませんでした。話を聞いていてもどこか上の空だし半年経ったら
また来るようにと言われるだけ、ただ痛み止めと湿布だけ
大量に処方して下さいます。嫌なら病院を変えればと言われそうですが執刀医の先生の技術と人柄は地域でも一番との評判が高く私もそう思うので病院は変えたくないのです。今後主治医の先生にあまり期待せずに痛み止めと湿布をくれる窓口と割り切って付き合っていくしかないのでしょうか。

person_outlineセルキーさん

2名の医師が回答しています

膿外科 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師