Q

整形外科の主治医への不信感

いつもお世話になっています。
私は45歳女性,両股関節の先天性臼蓋形成不全と変形性関節症で一昨年右股関節のRAOを受けました。
お陰様で手術は成功し経過も良好です。ちなみに執刀医は
主治医とは別の先生です。
ところが最近左股関節の痛みが酷くなり、経過観察で受診するたびに主治医に相談するのですが右股関節の時とうって変って主治医の態度が冷淡なのです。もともと左の方が
変形が進んでいてRAOの適応はなく人工股関節置換を
視野に入れての経過観察なのです。手術の方法によって
お医者さんの関心度がこうも違うとは思ってませんでした。話を聞いていてもどこか上の空だし半年経ったら
また来るようにと言われるだけ、ただ痛み止めと湿布だけ
大量に処方して下さいます。嫌なら病院を変えればと言われそうですが執刀医の先生の技術と人柄は地域でも一番との評判が高く私もそう思うので病院は変えたくないのです。今後主治医の先生にあまり期待せずに痛み止めと湿布をくれる窓口と割り切って付き合っていくしかないのでしょうか。

質問者:セルキー さん

膿外科 先生
整形外科

膿外科 先生

セルキーさんの年齢で、膠原病があって、人工関節の適応といってもいいくらいに変形がすすんでいる股関節だと、やはり経過観察しかないように思います。

あとは痛み次第で、痛み止めを使用しても日常生活がかなり困難な状態だと再置換を覚悟の上で人工関節置換を行なうしかないでしょうし、痛み止めでなんとかなるうちは手術の時期を遅らせるようにしますね。あとは中殿筋の筋力が落ちないように体操をするぐらいでしょうか。

ということで、興味がなく態度が冷淡なのではなく、現在のセルキーさんの股関節に対する別の治療がないためではないかと思いますよ。長い付き合いが必要ですから現在の病院でこの先も治療をうけようとされているようですので、割り切るのではなく、何とか主治医の先生の良い部分を見つけ信頼できないかもう一度つきあってみてください。

セルキーさん

主治医の先生の良いところですか。
うーん、真面目で仕事熱心で注射がとても上手だということかな…RAOを受けて入院していた時はこう思っていました。たしかに当時と今とそんなに人間が変ってしまうことはありませんよね。
人工股関節について他の整形外科の先生のご意見を聞いた
のは初めてです。とても参考になりました。少し気持ちが
楽になりました。
主治医だから何とかしてくれるのは当然…なんて先入観や
甘えを捨ててつきあっていくことにします。
今日は本当にありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

左を人工股関節にするタイミングなのかもしれません。痛みがひどいときはそれに対応するべきなのです。強い薬を処方するか、根本的な処置としての手術を考えるなど、です。今の病院を気に入っているのはわかりますが、他の病院の整形外科の医師の意見は聞いていたほうがいいと思います。今の病院に遠慮せず、意見を聞きに受診してください。

セルキーさん

確かに先生の仰る通りだと思います。
実はRAOを受ける前にも遠方ですがとても評判の良い
他の整形外科を受診してセカンドオピニオンを求めたこともありましたが診断結果は今の病院と同じでした。
それに45歳という私の年齢のこともあり人工股関節の手術
を今受ければそう遠くない将来に耐用年数の関係から再置換の手術を受けなければなりません。それに私自身の既往
症や持病(膠原病)の関係から内科の主治医も居られて
設備も整っている今の病院を替わるのを躊躇してしまうのです。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。