尋常性乾癬のビオチン療法について

43才男性、尋常性乾癬を約20年前に発症。既往の治療法は、ステロイド外用(弱〜最強まで)、液体窒素塗布、PUVA、ゲッケルマン療法、チガソン、サンディミュン、漢方薬(黄連解毒湯)などを単独あるいは併用し、寛解と悪化を繰り返す。最悪時の症状は頭部から足の裏まで全身に皮疹(PASI=26)、爪変形、全身の関節痛とそれによる十二指腸潰瘍20数箇所、痒み強烈な状態でした。現在は、頭にデルモベートスカルプかリドメックス+グリセリンミックス、顔にオキサロール、体にマイザー+サリチル酸ワセリンミックス、保湿剤としてヒルドイドソフト、クラリチン内服で治療中です。ここ3〜4年は寛解と体表の20%程度の皮疹、時々関節痛を繰り返す状態です。また、3年前より腎不全により人工透析を導入しました。先般、ビオチン療法なるものを知り、副作用の心配がほとんど無いのでダメ元でやってみる価値があるという趣旨の発表をいくつかみつけたのでトライしたいと思っております。ビオチンを9〜12g/day、活性酪酸菌(ミヤリサン)、ビタミンCの服用を考えておりますが、透析患者はビオチン要求量が正常人より多いとのことなのでどの程度増量すれば良いか判断できません。アドバイス頂けたら幸いです。

person_outlinebokukidenyさん

1名の医師が回答しています

皮膚科専門医K 先生

皮膚科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師