Q

3人目を出産してから・・・

平成16年1月に3人目を出産して、とにかく大変で忙しい日々が続きましたが、「子育ては今しかできない」と近くの親には頼らず、一人で頑張っていました。
5月ごろからソワソワしたり、イライラやムカムカや、涙が止まらなくなったりして、心療内科を受診しました。
8月から半年間、通院しながらルボックスという薬を飲んで治療しました。だんだん調子も良くなり、自然に薬を飲まなくなり、通院も終わりにしました。
17年4月に親戚のもめごとの仲裁に入ったのがきっかけでまた再発。5ヶ月ほど通院し、薬はまたルボックスを9月くらいまで飲み、自然に飲まなくなりました。
17年12月のクリスマスごろからまた、ソワソワ、ムカムカが始まり、とりあえず今は残っていた薬を飲んでいます。
症状はムカムカ、ソワソワがほとんどで、「ここでムカムカして吐いたらどうしよう」と不安になり、美容室や他の人の車など、その場から自分に意思で動けない所は不安で行けません。外食や友人宅での食事も、急にムカムカして全く食べれません。これは調子がいいときも良くなることはありませんでした。
家族で出かけるときも、今でも遠出は不安でできません。近くに行く時も自分で運転しないと行けません。
「大丈夫、大丈夫」と自分にずっと言い聞かせながら運転しますが、調子が悪いときは家を出て5分くらいでソワソワしだして「ごめん。やっぱり帰る」と帰ることになってしまいます。
主人は口には出しませんが「またか!」と思っているんじゃないかとか、子供たちががっかりしているのを見ると「私の体調のせいでごめんなさい」という気持ちでいっぱいになります。
私はいつになったら普通に家族で出かけることができるんでしょうか?
また再発する可能性が高いのなら、薬は続けたほうがいいんでしょうか?先生には「忘れているなら飲まなくていいです」と言われました。
ちゃんと完治するんでしょうか?

質問者:ひーろ さん

三十路のしがない勤務医 先生
消化器科

三十路のしがない勤務医 先生

専門的解釈をすれば「ここでムカムカして吐いたらどうしよう」というのは予期不安、「今でも遠出は不安でできません」というのは広場恐怖ということになります。
現在症状がありますので、改善するまで受診と内服治療は必要でしょう。
今までは半年ほどの経過で改善されているようですので(まずまずよい経過だと思います)、今回も重症化しないうちに早めの受診をお勧めします。

ひーろさん

ひどくならないよう、疲れないように、何でも神経質にならないように心がけてはいますが、今回は何で症状が出たのかよくわかりません。子供が冬休みに入った事とちょうど重なるので、自分が気づかない間に「また一人で大変な日々がくる」と不安になったのかもしれません。
遠出が出来ないのは「行く途中や、行った先やで具合が悪くなったらどうしよう。みんなに迷惑がかかる」と思うからです。車の中でソワソワしだしたらそのまま乗ってることができなくなり、降りてしばらく歩いたりしたことが何回かあるので、家族のためにどこにでも連れて行ってくれてる主人に申し訳ないのです。
主人は心の病気についてあまり理解がなく「おまえの気合が足りない」と言っていたくらいなので、病状を説明してもわかってくれません。
ソワソワやイライラが少し治まると受診も薬もやめていたので、予期不安などが完全に無くなるまで治療を続けます。ありがとうございました。

三十路のしがない勤務医 先生

書いてられますように、具合が悪くて辛い一方で、
「ご主人とお子様と一緒に外出したい」「ご主人様に申し訳ない」という心理的葛藤があって、
これが症状の増悪に関係している可能性もあります。
もちろんご自身でも充分注意されているようですが「早く良くなりたい」と誰しもが思うことでさえ、足を引っ張りかねません。
ご主人に御理解いただければきっと大きな支えになるでしょう。何とか時間的都合がついて、一緒に外来受診され主治医より説明うけられる機会あればいいのですが。

ひーろさん

「今日は大丈夫、大丈夫。ムカムカしないし、行きたくて出かけるんだから、ちゃんと行ける。」と心の中で言い続けながら、3日の日は初詣に出かけましたが、5分ほど車で行ったところで運転できないくらいソワソワしだし、「ごめん、やっぱり帰る」とUターンしました。
「なんで?イヤイヤ出かけたわけじゃない。自分が初詣に行きたかったのになんで?」と思ってましたが、
心の中で言い聞かせてること自体が具合が悪い証拠ですよね。症状が重くなっていったり、長引く原因のひとつですよね。
「家事も子育ても頑張らない。嫌なことは無理してしない。」これを頑張って守らなくては!って思ってるんですよね。
肩の力をうまく抜く方法を教えて下さい。

三十路のしがない勤務医 先生

予期不安に効果ありとされるのはやはりまずはベンゾジアゼピンに代表されるような薬物療法になると思います。

不安の軽減には、「出かけるとムカムカ・ソワソワする」という出来上がってしまっているいわば「不安の思考回路」を解きほぐすことが必要になります。
これには、カウンセリングや認知・行動療法など有効となります。

普段のスタンスとしては「不安に感じても(ソワソワ・ムカムカしても)やることさえやっていればいい(少なくとも最低限以上のことはできているんだ)」という、いい意味での開き直りが必要かもしれません。
行動しているうちに「大丈夫なんだ」という自信が取り戻せてくればベストです。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。