海馬硬化と海馬縮小

海馬硬化と海馬縮小

質問者:スカット
  • 2010/07/01 23:45
  • 閲覧数:2
  • 報告する
  • 医師回答あり

てんかんの症状があり、右海馬に硬化が見られるということです。
1.海馬硬化と海馬縮小の違いはどのようなことでしょうか?縮小というとアルツハイマー病で認知症というイメージがあるのですが・・・海馬硬化がある場合は認知症の症状がでるのでしょうか?
2.海馬硬化と海馬縮小が左右どちらかの場合はどのような違いが起こるのでしょうか?左は言語中枢があるということでどちらかといえば重要なイメージがあるのですが・・・
3.海馬を切除した場合は新しいことが全く記憶できなくなるのでしょうか?

(40代/男)

初回の質問から2週間で返信の受付は終了いたします。
受付終了後、医師に追加で質問したい場合には、再度質問をお願いします。

Avator doctor
横浜在住の医師(循環器内科)医師認証済

専門ではないので,既存の知識と調べた範囲内の情報で答えさせて頂きたいと思います.

海馬硬化症とは海馬が萎縮し変性を起こした状態を指します.
海馬とは側頭葉の内側に位置する神経核で,記憶の入り口となる部分に当たります.

海馬硬化症と海馬萎縮は記銘力障害を呈する点で類似します.
しかし,前者は側頭葉てんかん(側頭葉性複雑部分発作:動悸や胃部不快感等の前兆から意識が遠のく発作.周囲からは急に応対しなくなり,一点を凝視したまま動作が止まったようにしか見えない.物を食べている様な口の動きや無意味な手の動きを伴う事も多い.)を引き起こす事が知られています.
後者は退行変性により起こると考えられ,アルツハイマー型認知症や類似する疾患にでてくる病態です.

癲癇の重積発作を生じたり,抗てんかん薬を使用しても癲癇がコントロールできない場合に手術が考慮されるようです.
その場合,海馬を切除するのではなく,癲癇を生じている部位(多くの場合,側頭葉)を切除する手術が行われます.

ちなみに海馬を完全に切除してしまったら,新しいことが記憶できなくなってしまいます.
腫瘍でもできない限りこの部分を切除する手術はしないでしょう.
ただし海馬にも大脳半球のように左右差があるか否かついては判っていません.

Avator questioner
スカット

横浜在住の医師先生、回答いただきましてありがとうございます。
かつて仕事でお世話になった方がアルツハイマー病と診断されました。まだ日常生活に大きな影響はないとのことですが、認知症は進んでいくとうかがいました。
てんかん専門医にかかっておりますが、症状が続いていること、性格変化や記憶力低下を自覚できることなど、現在、将来に大きな不安を持っています。
その方のMRI画像で海馬の萎縮が見られることを聞き、てんかんで海馬硬化が見られるという自身のことと重なってしまいました。

Avator doctor
横浜在住の医師(循環器内科)医師認証済

そうですか.
お知り合いがアルツハイマー病になられたとは本当に気の毒です.
この病気は未だに原因が解明されていない進行性の病気で,難病です.
記憶力低下から始まり,人格崩壊が起こり,いずれ一人では生活できなくなってしまいます.
進行を遅らせるといわれる薬はありますが,進行を止めるないしは病気を治す薬は今なお市場に出回っていません.

この質問に関連するコンテンツ

認知症の区別、透析時の投薬医師回答あり

左脳の海馬硬化症医師回答あり

アルツハイマーについて医師回答あり

多発性硬化症について医師回答あり

オススメ受診記録はありません

AskDoctors「アスクドクターズ」は、国内最大級の医師会員を持つエムスリーが運営する医師相談サービスです。

  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
  • スマートフォン対応
会員登録

人気カテゴリランキング

AskDoctors

病気の医療相談なら医師に相談できるAskDoctors「アスクドクターズ」
  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
会員登録
  • 医師に相談Q&A現役の医師があなたの疑問を解決。過去の質問も検索できます。医師に相談 〉
  • 病院検索病院の診察を受けた会員による受信記録・口コミで病院探しの参考に。病院を検索 〉
  • アンケート気になる疑問を選択式で会員に質問。みんなの考えがわかります。みんなに質問 〉
  • スマートフォンでもQ&Aや病院検索、生理日予測などが利用できます。お支払いも便利。

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

AskDoctorsのグループサイト

医知恵
病気に関する疑問や不安を専門医と同じ悩みを持つ会員の知恵で解決できる知恵共有サイトです。
医知恵乳がん トップ医知恵更年期 トップ
AskDoctors
一般生活向者向け健康商品・サービスにおいて、医師の意見を取り込んだ商品開発や商品評価を実施するサービスです。
AskDoctors総研 トップ商品詳細AskDoctors総研について