Q

ピロリ菌の除菌希望

ピロリ菌の除菌を自費で行ってくれる病院をお教え下さい(できれば首都圏、特に東京・千葉)
二ヶ月ほど前から胃炎に悩まされており、かかりつけの病院にて検査をしたところピロリ菌陽性でした。そこで除菌を希望したのですが、「胃潰瘍でない限り、除菌は保険適用外。また自費での除菌も、禁じられている混合診療にあたるためできない」との返答を受けました。
胃の痛みは依然続いており、今夏に控えている資格試験の勉強にも身が入らず、非常に困っております。よろしくお願いします。

質問者:commonsenseless さん

三十路のしがない勤務医 先生
消化器科

三十路のしがない勤務医 先生

書かれておられますように、保険診療で認められるピロリ菌除菌は、胃・十二指腸潰瘍に対して行う場合となります。(他、専門施設での施行が認められる疾患はありますが)

どのような「胃炎」であるのかにもよりますが、除菌治療が上手くいけば痛みが消える、という結果にならないこともあります。
いわゆる機能性胃腸症に対してのピロリ菌除菌の有効性は確立していません。

完全に自由診療に切り替えて、今の病院でも治療をすることはできるのでしょうが、
患者さんがいかに希望しようとも医師がその治療に妥当性がないと判断した場合は、もちろん例え「保険外」でも出来ません。

少々疑問なのは、保険診療でピロリ菌検査が認められるのは
「胃・十二指腸患者で除菌治療を予定するとき」に
限られますので、胃炎の診断でその病院(医師)が検査を保険で行ったのならば問題です。

一度、他の消化器専門医受診され、意見求められてから、除菌を考えられても良いのではないでしょうか?

commonsenselessさん

ご教示ありがとうございます。

検査については、胃カメラの際に私がピロリ菌のチェックを希望し、胃の組織を採取してもらって行いました。その前段階で胃炎との診断は一応出ておりましたが、潰瘍がないことがはっきりしたのは、その胃カメラのときだと思います。おそらくそのため保険にて検査をできたのではないでしょうか。

自由診療に切り替えるなどということが可能だということ自体、初耳で驚いております。私がかかった医師の説明では明らかに、混合診療というのは保険診療を行っている病院が保険外の診療を行うことである、という病院単位での定義の仕方だったため、患者単位で切り替えることも可能なものだとは夢にも思わなかったのです。ちなみにその医師は、
「自費で除菌がしたければ、全ての診療を自費で行っている病院に行くしかない(何でも昔、そのような病院を経営する有名な日本医師会会長がいたそうですね)」
とまで言っておりました。

そのため私はそのような病院を念頭において質問させていただいたのですが、そうではなくてどの病院でも、制度的には自費での除菌が自由診療で可能だと理解してよろしいのですよね?もちろんおっしゃるとおり、治療上の妥当性なしと判断された場合に除菌してもらえないことは別問題と承知しております。

非常に参考になりました。ありがとうございました。

三十路のしがない勤務医 先生

誤解があるといけませんので補足しておきます。

保険医療機関および保険医は”療養担当規則”という厚生労働省令にて厳しく制限をうけています。
この条文に「保険医は特殊な療法または新しい療法等については、厚生労働大臣の定めるもののほか行ってはならない」という規定もあります。

ピロリ除菌も保険承認前に多数行われていたり、未承認抗がん剤の個人輸入・使用などという現実もあるのですが、決して保険外で自由診療だから何でもOKというわけではありません。

思わぬ副作用が起こった場合、不適性使用と判断されれば救済がスムーズに受けれないなどの危惧もあります。

ピロリ菌除菌が治療として必要という妥当性があることと、患者さんへの充分なインフォームドコンセントがなされてはじめて自由診療下での除菌治療も可能だと思います。

具体的ケースとしては、早期胃癌の内視鏡的治療後だろうと思います。
発がんリスクありとして何でも除菌してしまうことは
まだコンセンサス得られていません。
(胃癌家系だとか不安が非常に大きいようなケースでは行われることもありますが)

commonsenselessさん

懇切丁寧にレクチャーしていただき、非常に感謝しております。

私のケースが、除菌が妥当な場合にあたるかについては、担当医の考え方による部分もあると思いますし、もし妥当性なしと判断されるならばそれはそれで仕方ないと思っております。

しかし前述のとおり、私がかかりつけ医で受けた説明は、「制度的に不可能」という、虚偽とさえいえるものであったため、私としてもこのままでは到底納得しかねるのです。これから実績のある医療機関を調べた上、除菌の有効性・妥当性という観点からの医師による判断を仰ぐつもりです。

本当にありがとうございました。

tora 先生
一般内科

tora 先生

胃潰瘍がなくて、胃炎が続くので、非常に困っているというパターンでは、多臓器にも注意を払う必要があります。腹部は臓器も多彩ですので、十分に多臓器のチェックも受けられてください。
また、現在の病態がはっきりしないとなんともいえないのですが、ピロリ菌の感染と症状が直接結びついている可能性は少ないものと考えます。いわゆる「胃炎」という所見しか内視鏡では指摘できない患者さんの症状のコントロールは、結構難しいところがあるのですが、酸分泌抑制剤などは試されたでしょうか?むしろ、今は他疾患の鑑別と、症状コントロールの投薬の選択が重要ではないかと思います。

commonsenselessさん

胃酸を抑える薬、胃の粘膜を保護する薬、ともに処方されて飲んでおりますが、いっこうに良くならないのです。

私の場合、そもそも胃炎などというものになったことはこれまでなく、特に胃が弱いとかストレスが胃に来やすい体質であるとかいうことはおそらくないはずと思っております。

それにも関わらず初めてかかった胃炎がなかなか治らないため、不審に思っていたところにピロリ菌感染が判明し、しかもピロリは胃炎の発症の原因になるというより胃炎の治りにくさや再発しやすさに関わっているという話を聞くに及んだので、これはピロリが原因なのではないかと考えるに至った次第なのです。

しかし他臓器が疑わしいというお話は、非常に参考になりました。よく調べてもらうようにいたします。

ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。