Q

直腸カルチノイドについて教えて下さい

私41歳の男です。先日痔ろうの手術を受けた際に直腸に見つかったカルチノイド腫瘍について心配しています。先生からは「直腸から切り取った腫瘍は約5ミリの大きさで、顕微鏡での検査の結果カルチノイドと言われるもので癌ではありません。おそらく心配ありませんが半年後に再検査をしましょう」との説明を受けました。私はすっかり安心して、半年後の検査だけはしっかり受けようと思っていました。しかし帰宅後インターネットで検索してみると「カルチノイド=悪性腫瘍」「ガンに準じた治療が必要」「肝臓その他の臓器に転移すると危ない」のような記載のオンパレードで、このサイトでもカルチノイドへの質問は癌のコーナーに分類されています。やはり癌と同様非常に怖いものなのでしょうか?又、元々肝臓の数値があまり良くなく(GPT75,GOT38,γGTPの数値は分かりませんが以前からほぼ正常値でした)中性脂肪も200前後で、脂肪肝だろうと言われています。腫瘍が肝臓に転移しているため肝臓の数値が良くないという可能性はありませんか?
私ビールが大好きなのですが(最近は節制しています)、大腸(腫瘍、ポリープの発生率)への影響はどうでしょうか?色々おうかがい致しますが、ご回答よろしくお願い申し上げます。

質問者:こんちち さん

まえだクリニック 前田 正彦 先生
肝臓内科

プロフィールを見る

前田 正彦 先生

実際に取ったカルチノイドの組織検査での悪性度(おとなしそうか悪そうか)が問題になると思われます。いずれにしましても、癌に準じた定期検査は必要です。
肝障害については、画像検査を受けていれば、肝臓への転移かどうかは分かるはずですので、それがなければ脂肪肝による肝障害でいいはずです。一寸した肝転移のみでは肝障害はきたしませんので、採血のみでは分かりません。
ビールが大腸腫瘍を起こしやすいということはなかろうと思います。
主治医の定期検査を受ける事と、心配な場合は再度の相談をされてみては如何でしょうか。

こんちちさん

こんなに早くご回答いただけるとは思っていませんでしたので、感激しています。今回痔ろうの手術をしていただいた病院は遠隔地にあり、お忙しい先生ですので遠慮していましたが、一度相談してみます。近々に肝臓だけでなく人間ドックで体全体をチェックしてみます。ありがとうござました。

腫瘍外科医 先生
一般外科

腫瘍外科医 先生

直腸のカルチノイドは1cmまでは局所切除(その部分を正常組織と共に広く取る)治療にて基本的には良いと思われます。転移の可能性も無いとは言い切れませんがまれです。どちらにしても定期的に診察を受け必要な検査をされることが重要です。

こんちちさん

少しほっとしました。
やはりカルチノイド腫瘍は大腸ポリープなどと比較すると要注意なのですね。
今は、偶然にも腫瘍が発見されたことを幸運だと思い、あまり深刻に考えず、定期的な診察を欠かさないようにします。やはり半年に1回程度で良いのでしょうか?

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。