Q

レントゲンについて・・・

現在5歳の娘と2歳の息子がいます。娘が生後8ヶ月の時、ショッピングカートのかごの中に乗りたがり乗せていた所(乗せていた私が悪いのですが)立ち上がり、かごごと転倒して大泣きしたため心配しすぐさま病院へ行ってレントゲン(3角度から3枚)をとってもらいました。結局異常はありませんでした。その後、2歳の時に咳が続き、胸のレントゲンを、4歳の時に前歯を脱臼し歯のレントゲン、鼻風邪からフクビク炎で鼻のレントゲンを2回、つい半年前、転んで目の下をスリッパ立てのとがった部分に強打し、腫れたので先生に勧められ脳のCTを撮りました。よくよく考えてみるとレントゲン=被爆ですよね。レントゲンを撮ってみて大丈夫で安心するというメリットも大きいのですが小さい子供にこれだけの放射線を浴びさせてしまって大丈夫なのでしょうか?今は元気にしていますが今後何か影響などでないかとても心配しています。特に頭のCTは放射量が多いとインターネットで読みました。不安でいっぱいです。また、下の2歳の子も頭が大きいせいもあり、連日打たない日がないというほどよく頭を打っています。コンクリートで後頭部を強打したこともあります。そのため一応脳のMRを撮りました。先生はこちらの検査は放射線とは違って何の問題もありません。とおっしゃいましたが本当でしょうか?いろいろ気になることがあり心配性な母ですみません。ご回答よろしくお願いします。

質問者:トーマス さん

みいちゃん先生 先生
公衆衛生科

みいちゃん先生 先生

別の先生も指摘されていますが、今回の量ではさほど問題になるような被曝(被爆ではありません)量ではないです。

まず、日本人は放射線に対するアレルギーというか難しい感情があるようですが、まず医療被曝がゼロであっても、自然界から結構な量の放射線を浴びているということをまずもって認識しておく必要があります。

具体的な数値を上げるのは避けますが、住む場所によっても被曝量は違いますし、食べ物からも放射性物質は取り込まれます。飛行機に乗っても宇宙線からの被曝を受けますしね。

しかし、日本人はまた画像診断が大好き(過信と言っても良い)な国民でもあります。「CTを撮ってくれ」とドクターショッピングする患者さんもいまだにかなり多いのが現実です。悩ましい問題だとは思います。

なお、子供の意識障害を伴わない頭部打撲ですが、CTよりも「様子を観察する」方が何倍も重要だと考えています。

トーマスさん

先生のご回答により不安が取り除かれました。ありがとうございました。

DM島田の植田 先生
糖尿病科

DM島田の植田 先生

小児に関する放射線の被曝の影響については悩ましいところがあります。しかし打撲による出血や骨折のリスクを考慮しますと、放射線検査はせざるをえないと思います。被爆量と障害に関するデータから考えますと、今回の予測される被爆量は特に人体に殆ど影響を及ぼさないと思います。またMRIによる被爆磁気量による障害に関してもまだまだよくわかっていないとも言われています。現時点での医学的見解では特に問題ないと言われています。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。