Q

体力消耗気味です・・

昨年の後半から、毎月1〜2回風邪をひいているような状況です。もともと体質的にアレルギー体質で、ときどき扁桃腺が腫れることがこれまでにもありました。それで、そのうちの何回かは、近所のクリニックを受診して、クラビット・PL顆粒の処方を受けて、それを飲むと良くなりましたが、結果すっきりと抜け切らないで、特に咳が続くような感じでした。年末・年始も、クラビット・PL顆粒に加えてムコソルバン他咳止めの薬を出して貰って、飲みましたが、夜間激しい咳がおさまらず、時間をずらしてパブロンの咳止めも頓服的に飲むといった感じで過ごしました。しかし処方を受けた薬を飲んでいる間は、少なくとも熱は下がり、咳も回数が減ります。正月明けには貰った薬を飲み終わりましたが、するとほんの数日で37.5度程度の熱発・肺深部に痰が絡んで取れ辛く、連続して咳き込む等の状態です。クリニックでも長いなあと言われており、更に薬を1週間分追加して経過観察となっています。この原因について、何かお気付きになりましたら教えてください。

質問者:☆ちょび☆ さん

Doctor_hs 先生
一般内科

Doctor_hs 先生

咳などが長く続くと体力も消耗し、さらに感冒症状を悪化させるので悪循環に入ってしまいます。

アレルギー体質とのことで気管支喘息など軌道過敏症状が続いていたところに上気道炎などを併発されたものと思われます。慢性気管支炎や気管支喘息などの既往はなかったでしょうか?

こうした基礎疾患があるところに感染症を引き起こすと経過も長くなり、3〜5日程度の処方では一時的効果しか見込めません。しばらくは体力を温存しつつ内服を続けることになると思われます。

もちろん、結核や肺炎・肺癌など他の疾患も否定できないわけではありません。あまりにも長引くようであれば呼吸器専門医などの受診もお勧めします。

なお、もし喫煙なさっているのなら禁煙を心がけてください。百害あって一理もありません。

☆ちょび☆さん

情報不足だったかもしれませんが、私のアレルギーは、抗生物質の一部とスギ花粉、それから特殊なある抗体を持っているというような性質のもので、日常生活にはそれほど支障はありません。気管支喘息という診断を受けたことはないのですが、気管支炎は何回か、肺炎は子供の頃に1度罹患暦があります。喫煙歴は過去に一時期ありましたが、禁煙に成功しました。慢性気管支炎というものが、あるのですか・・。そうですか・・。

感染症内科医 先生
一般内科

感染症内科医 先生

慢性の咳についておたずねですが、Doctor_hs 一般内科先生のおっしゃるとおりだと思います。それ以外の原因として、慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿)、逆流性食道炎、咳喘息、アトピー咳嗽などがあります。これらは治療法も異なります。また先にも記載されていましたが、肺癌、肺気腫、結核なども可能性があるため、一ヶ月も続くようなら是非呼吸器内科の受診を勧めます。またその方が治りも早いのではないでしょうか。

☆ちょび☆さん

結核は少し気にはしていたのですが、肺気腫というのは似たような症状と知りませんでした。自分でもいろいろ調べて、長引くようだったら近くの大学病院の呼吸器内科にでも紹介状を書いて貰えるかもしれません。ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。