つぎなる打つ手は・・・!

昨年3月に黄疸がもとで胆道癌の疑い、7月に十二指腸、すい頭、胆のうを切除。経過が思わしくなく、抗がん剤受療できずに10月退院し自宅療養、βグルカンや体内の酸化を防止する水、玄米による食餌療法を実施するも、12月半ばにマーカー値上昇により再発の恐れありとの診断で、急遽温熱療法を目指して玉川温泉へ。結局現地で腹水が急激にたまり始め再入院、pvシャントにて腹水は排尿できるも、今度は嘔吐症状が始まり、腸閉塞を疑われ、検査の結果、癌性腹膜炎と診断。高カロリー点滴と経口ジェル栄養剤、氷とキャンディー程度の絶食状態。医師にはご自宅に戻られますか、といわれますが体重も以前の3分の2となりそんな元気はありません。NFD茶摂取もままならず、マーカー値も10万台・・・、重粒子や放射線、化学療法には体力が持たないと診断されました。でもどうにかして元気になりたいです。海外の特効薬でも結構です、何かよき方法との出会いを限られた時間の中で模索する毎日です。一縷の望みを託します、よろしくお願いします。

person_outlineきっとよくなるさん

1名の医師が回答しています

SecondLife 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師