Q

強い光の周りに虹が見える

明るい所では気付かないのですが、
夜間暗い所で街灯や車のライトなどの強い光を見ると
光源が円盤状ににじんで見え、
その周りに虹色の輪が見えます。
(その見え方は太陽や月にかかる暈に似ています)

この症状は10年以上前から気付いており、
以前は寝て起きたばかりの時など特定の条件でしか
感じなかったのですが、最近は常にこの現象が
表れるようになりました。目をこすったり
洗ったりしても見え方は変わりません。
何度か眼科で眼底検査なども受けているのですが、
いつも「心配ない」と言われています。

緑内障の発作が起こる前にこのような症状が出る、
と聞いたことがあるのですが、眼科でそのことを
話しても「緑内障の所見はない」と言われます。

この現象は一体なんなのでしょうか?

ちなみに私は36歳男性、
2年前に1型糖尿病を発症しましたが、
血糖コントロールは良好です。(HbA1c=5.8)
最後に眼底検査を受けたのは1年前ですが、
その時点では糖尿病性網膜症の所見は無しでした。
そのときも、ドライアイと言われた程度で、
それ以外の異常は見つかりませんでした。
眼鏡は着用していますが、
コンタクトレンズは使っていません。

なお、幼少期よりアトピー性皮膚炎が上半身から顔に
かけてありますが、薬を使うほどではありません。

目の痛みや頭痛などの症状もありません。
時々パソコンの使いすぎで眼精疲労になる程度です。

ご回答よろしくお願いいたします。

質問者:谷津田 さん

めだまマン 先生
眼科

めだまマン 先生

緑内障の時に光の周りに虹色の輪が見えるのは、眼圧が上昇したときに角膜がむくみ、このむくんだ角膜によるプリズム効果により光が屈折するためです。

ただ、緑内障に関係なく正常な人でも、この虹の輪は見える人がいますから検査を受けて異常がなかったのであれば、心配されることはないと思います。

緑内障以外にも角膜がむくむ病気(角膜炎、角膜変性、虹彩炎などでも)虹視症が起こることがありますし、涙液の異常でも時には起こることもあります。

SecondLife 先生
一般内科

SecondLife 先生

一度だけ大昔に見た事がありますが、たいていは片目だけに症状が出るものだったと思います。若いうちに発作的に眼圧が上昇し、何日かで自然に良くなるもので、年齢とともに自然に頻度が減り、そのうちでなくなるとのことでした。医学辞書では、緑内障性毛様体炎発作ともいうようです。

記憶があいまいなので、もし違っていたらお許しください。

眼科の先生が見ていらしたら、フォローをお願いします。

谷津田さん

「虹視症」で検索したら資料がたくさん見つかりました。緑内障発作に関連したものとは限らないようですね。近々また眼科で定期検査を受けるつもりなので、そのときにも異常なしと言われたら、ひとまず気にしないことにします。ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。