Q

パキシルとルボックス

パキシルとルボックスは一般的にどちらの方が薬の効き目が強いのですか?
あと個人差や薬の合う、合わないがあると思いますが、一般的にどちらの方が減薬や断薬しやすいか、できれば詳しく教えてください。m(_ _)m

質問者:sunday tubone さん

ilm 先生
精神科

ilm 先生

精神科医ilmです。
パキシルとルボックスはどちらが効き目が強いかということについては、
sunday tuboneさんのお書きいただいている通り、
>個人差や薬の合う、合わない
というところの影響が大きいです。

これはどんな薬についてもいえることで、
“その人にとって”効き目が強いか弱いかということになります。

一般的には薬の「力価」というもので比較しますが、
パキシルの方が少量で効き目が強い、といえると思います。

個人的な意見としてもパキシルのほうが「効く」と思ってはいます。

>一般的にどちらの方が減薬や断薬しやすいか
については一般的には言い難いですし、
sunday tuboneさんの主治医との関係、主治医のさじ加減といったものが影響しやすいです。
どちらが調節しやすいか、ということには順序はつけられません。
主治医と相談しながら調節されていくことが必要です。

個人的にはどちらでも減薬や断薬による副作用や元々の疾患の悪化の可能性は変わらないと思います。
私のスタンスは変わらないからです。

sunday tuboneさん

先生ならどういう減薬の仕方を指導しますか?
私は現在、ルボックスを25mg×4です。

ilm 先生

精神科医ilmです。
>先生ならどういう減薬の仕方を指導しますか?
>私は現在、ルボックスを25mg×4です。
いやー・・・これは難しいです。
私はどう減らすかをいえる立場ではありません。
私はsunday tuboneさんとは偶然すれ違ったような存在だからです。

これは主治医に相談するよりありません。
なぜ減薬を希望するのかをしっかりとお話してみましょう。
もちろんその理由はただ薬を少なくして自分が回復していることを実感したい、でかまわないと思います。

もし私がそういった希望・相談を受けたとすれば、
減薬や断薬による副作用や元々の疾患の悪化の可能性と、それによるメリットを両方を比較してお話して、
患者さんご本人に、減らしてみるのか、その場ではそのままにして次の減らす機会を待つのか、を選んでもらうことになると思います。

sunday tuboneさん

>自分が回復してることを実感したい
まさにその通りだと思いました。先生のようにメリットとデメリットを話して患者に選択権を与えてくれる医者が増えるのを期待しています。本当にありがとうございましたm(_ _)m

笑う精神科医 先生
精神科

笑う精神科医 先生

うつに関して申し上げますと、今までの使用経験から行くと、パキシルのほうが効く人が多かったと思います。ルボックスは私の場合はうつよりも強迫症状を伴ううつ、強迫症状に使っていた記憶があります。パキシルは不安の強いうつに効果があったと思います。

実はパキシルには割と強い抗コリン作用があり、一気に減薬すると強い離脱症状を起こします。この減薬の方法については、有名な話ですので担当医の先生とご相談ください。そのメソッド(1週間に10mg減薬)にのっとっている限りはスムーズに減薬・中止可能です。ルボックスは減薬時の副作用は私は聞いたことはありません。

sunday tuboneさん

私はパニック障害でルボックスを使用しています。
上手な減薬方法を教えていただけませんか?
あとパキシルは割って飲めるとお聞きしたんですが
ルボックスはできませんよね・・・?

さむさん

私もパキシルを処方されており,できれば止めたいと思っているのですが,離脱症状とはどのようなものなのでしょうか。

sunday tuboneさん

私はルボックスを150mgから75mgに一気に下げたとき、(離脱症状?)立ちくらみが連発で起こったり
頭にいやな違和感がありました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。