Q

治療法について

55歳の男性です。膠芽腫と診断され、昨年7月外科手術を受けました。手術で腫瘍は取りきれず、放射線治療を受けました。その後、月1回抗がん剤の投与を受けてきましたが、腫瘍は大きくなっています。今後どのような治療法があるのでしょうか?

質問者:えみお さん

内科医あーる 先生
神経内科

内科医あーる 先生

おそらく、ご本人からの質問ですので、神経膠腫の悪性型である予後の悪い膠芽腫の治療に関しては詳細に述べると問題があるかもしれません。
しかし、あえて申しますと、初期治療から数ヶ月〜数年で再発し、その際はさらに治療が困難になっているのが現状です。再発しても再手術が可能な場合もありますが、運動野、言語野などの深部に進展した場合は、再手術が難しくなります。
可能な限り手術で腫瘍を摘出し、できれば放射線の追加照射を行います。しかし、多くの場合、すでに大線量の照射が行われており、追加照射による正常脳への影響を考えると照射できる放射線の量は限られるので、初回の照射に比べ治療効果も低くなります。
また、抗がん剤も治療効果の高いとされるACNUを用いていながらの再発の場合は、それ以外の薬剤の選択が必要となり、やはり治療効果は低くなります。
最近では、再発の病巣が小さければ、その部分だけに絞って放射線の照射を行うことができる定位的放射線治療が行われています。
再発しやすいので、せっかく良くなったと思ったのにまたか、と思われるかもしれませんが、他の癌よりは放射線や化学療法の効果がみられるので、希望をもって治療にあたられることを祈念いたします。

えみおさん

ご回答頂き有難う御座いました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。