Q

慢性鼻炎

子供の頃小児喘息を患い、その頃から慢性適な鼻炎症状が20年くらい続いております。1年前に耳鼻科で、アレルギーテストを受けたらハウスダストのアレルギーがあることがわかりました。レントゲンをとったのですが、右側が副鼻腔炎になってるといわれ、3ヶ月くらい通院して薬(抗生物質と鼻炎薬)を3種類くらい服用し、ネオブライザー治療をしてました。病院に通い薬を飲み続けてれば症状がでなくなるのですが止めるとまたもとに戻ってしまいます。今も右鼻が通ることがあまりなく、詰まっているときに鼻の中を鏡でのぞくとピッタリと穴が閉じております。やはり病院に通って治療を続けなければ直らないのでしょうか?あと塩水洗浄を今やっておりますが、他に家でできるケアがあれな教えていただきたいです。

質問者:ティーツリー さん

Charisma Dr. K 先生
耳鼻咽喉科

Charisma Dr. K 先生

抗原の回避・除去です。

ハウスダストアレルギーなら家ダニ対策、すなわち掃除が治療の基本です。自分で掃除をするときは必ずマスクをしたり、窓を開けて換気をしたりしてください。家ダニがいるのは布団、カーペット、ソファ、ぬいぐるみなどです。これらも洗ったり干したり掃除機をかけてください。ダニ防止布団などを活用するのも一方です。ダイソン社の掃除機は英国アレルギー協会の推奨を受けています。

医療機関でできる治療は以下の3つです。

1. 薬物療法
2. 手術療法(含むレーザー治療)
3. 特異的免疫療法(減感作療法)

以上3つのうち、体質を根本的に変えられるのは3.の特異的免疫療法(減感作療法)だけで、1. と 2. はある意味「時間稼ぎ」でしかありません。とはいえ、大掃除や引越し、普段使われていない別荘や保養所等へ行く時など、必ずホコリを浴びそうな場合は、あらかじめ自分に合った薬を飲んで準備を整えておく、というのが賢い対処法だと思います。

ティーツリーさんの副鼻腔炎は、恐らくアレルギーのコントロールがつけば、それに伴って治るのではないかと思われます。体質が自然に変わってアレルギーがなくなることは少ないので、3. の特異的免疫療法(減感作療法)をしない限り、治療を続けなければならないということになります。通院回数を減らしたければ、抗原の回避・除去を徹底してください。

ティーツリーさん

ご回答いただきましてありがとうございます。
薬物療法や手術などは、やはり根本的な解決ではないのだということはなるほどと思いました。やはり体質改善が必要なのですね。ただ、アレルギーのコントロールがつけば治るというのには正直驚きです。家のホコリ対策をし、また医者にかかり治療をしたいと思います。ありがとうございました。

Charisma Dr. K 先生

多かったと思いますが、最近ではあまり見かけませんよね。青っ鼻はまさに蓄膿症(化膿性の副鼻腔炎)の典型的な症状ですが、現在の副鼻腔炎はこうした感染性のものよりも、アレルギー性のもの(アレルギー性鼻副鼻腔炎)が増えてきています。抗生物質の発達や食生活の欧米化、住宅の気密化、大気汚染、寄生虫感染の減少など、様々な要因が関係していると言われています。ですから、アレルギー性鼻炎に伴う副鼻腔炎なら、まずはアレルギーをコントロールしてみることをお勧めします。

ティーツリーさん

わかりました。アレルギーコントロールですね。昨日は早速部屋掃除を念入りにしましたところ、鼻の調子が良いようです。冬場でなんとなく掃除をするのも疎かになっていたのですが、マメにきれいにするよう心がけたいと思います。ご返信ありがとうございました。

DM島田の植田 先生
糖尿病科

DM島田の植田 先生

ハウスダストのアレルギーがあるのですね。ほこりっぽいところはなるべく避けられて、過ごしてくださいね。ご自宅の掃除もまめにされることをお勧めいたします。また、現状では、病院に通われて治療を続けられたことがよいかと思いますが、一度、他の耳鼻科でセカンドオピニオンを聞かれてみるのはいかがでしょうか?

ティーツリーさん

早速のご回答ありがとうございます。
また、病院で治療をすることにします。それとセカンドオピニオンも考えてみます。やはり、ホコリ対策が必須ですね。まめに掃除することを心がけるようにします。アドバイスいただきありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。