Q

インスリン追加打ちについて

私は今年2月に1型と診断されたys_juneと申します。
質問の内容は「インスリンの追加打ち」は有り or 無し?です。
主治医に聞いたところ、まだそんなことはしなくて良いよ。
との回答でした。まぁまだまだ注射初心者ですから。
医師の皆様はどのように考えているのでしょうか?

質問者:ys_june さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

お若い1型なので,がんばって良い調節を続けたいですね。1型なので頻回注射をされていると思いますが,血糖値がとても不安定ならば,追加打ちは理にかなった方法です。
理想的・教科書的には,インスリンも食事・運動すべて一定量として血糖値も安定させたいです。しかし現実にはやむを得ない社会的事情があったり,まじめにやっていても自前のインスリンがとても少なくなってくると,血糖値は不安定になってしまいます。特に後者の場合は,非常にマジメな方でも,血糖が300や400になったと思うと,同じ日に低血糖になったりします。こういう時に教科書どうりにしていたらヘモグロビンA1Cは恐ろしい値になります。そこでそういう時は,高すぎる血糖を元に戻すため,高すぎる分に応じてインスリンを基本の注射量に足して注射します。
ただし追加打ちは,あくまで不安定な場合に限るべきです。ほんの少し高いくらいで追加打ちをしていたら,インスリン量が不安定になって,そのせいで逆にもっと血糖が不安定になることがあるからです。

マシマロDr 先生
消化器科

マシマロDr 先生

一般的なこととして 追加打ちというやり方は有りだと思います。
しかしながら すべてのインスリン自己注射の方に必要なものではないでしょう。
基本的に規則正しい生活(食事時間 食事量 運動量など)を送れている場合には決まった量の注射である程度のコントロールは可能でしょう。
やはり 仕事の都合などで不規則になりがちな場合、いつも同じ量での注射ではコントロールが乱れるのは当然です。その場合は主治医との相談し、追加打ちを考えるのがよいでしょう。
2月から始めたばかりではまだ日常生活でのインスリン量も確定していないのではないでしょうか?ある程度落ち着いたところで、また注射に慣れてからの方がいいと思います。
そういう意味での 主治医の先生の ”まだ”なのではないでしょうか? 先々に対する希望として主治医の先生に希望を伝えておくのはよいと思います。

膵臓を守る会会長 先生
糖尿病科

膵臓を守る会会長 先生

成長期にある場合とそうでない場合で違うと思います.成長期には血糖コントロールは少し甘めでむしろ成長に必要なカロリーを十分にとることが優先されます.従って追加うちも必要なときは許可しても良いと思います.しかし成長期が過ぎると食事療法は厳密にやる必要が出てきますので,悪い意味で食事療法の乱れを追加うちでコントロールするようなやり方はおすすめできません.肥満を助長するだけですので.食事の乱れ以外の原因での高血糖に対する追加うちも私の外来では特に指導はしていません.食前血糖をモニターしながらスライディング(食前に打つインスリン量を調節する)させることは良くやります.

ys_juneさん

今年30歳になります。身長175・体重67です。
食事前の血糖値の平均は120前後です。
ちなみに食事の制限は22.5単位です。

膵臓を守る会会長 先生

1型糖尿病は年余にわたってインスリン分泌能が低下していきます.発症間もない頃はある程度インスリン分泌能が保持されているので,それほど血糖値は不安定にはならないと思います.ただインスリン分泌能が極端に低下し枯渇してくると,同じような献立のものを食しても血糖値は著しく不安定になります.このような状態になれば追加打ちやスライディングスケールなども必要になると思いますが,現時点では定量打ちで経過観察をされてはいかがでしょうか.

nana 先生
内分泌内科

nana 先生

肥満もなく若い1型の方でしたら、自己コントロールで追加打ちをしていただいていることも多いです。「今日はお友達の結婚式でお食事がたくさん出るから2単位増やそう」とか。追加打ちの量は個人差がありますが2から6単位で大幅な変更はしていないことが多いです。しかし、あくまで定量が決まり、安定したあと、自分でも血糖の変動に対する対処が十分焦らずできるようになってからでないと、かえって血糖やインスリンのことで悩む時間が多くなって負担になってしまうので、「慣れてから」です。インスリン使って(個人差もあるけど)半年後ぐらいかな?

いち内科医 先生
消化器内科

いち内科医 先生

こんにちわ。
インスリンの使用方法はあくまでも定期打ちを基本とされたほうがわかりやすいと思います。
追加打ちを含めると、一日に何度も打つことになり忘れることもきっとでてきます。
ですから、インスリン療法に慣れて、担当の先生がどうしても必要であるといわれるまでは、あなたの定期打ちの状態でよいと思います。
また、担当の先生は定期打ちでのコントロールを目指すべきなのだと思います。

Doctor_hs 先生
一般内科

Doctor_hs 先生

は必要ないと思います。現状ですと、定期定量の打ち方が望ましいと思います。追加打ちはあくまでも緊急避難的なものと考えられてはいかがでしょうか?

無理矢理血糖を補正するという考え方を切り替え、血糖を自分の体調の指標の一つとして考えれば食生活を含めた生活を見直すきっかけにもなるでしょうし、どのような治療がベストであるかを判断するいい材料になると思います。

HbA1c 先生
一般内科

HbA1c 先生

追加打ちの解釈ですが、「食前血糖が高かった場合に増やして打つ」というのはあまりお勧めできません。「間食の時に適量を打つ」というのは慣れた方ならやっていることで、うまくコントロールしています。もちろんそこで使用するのは速効型か超速効型です。ただし肥満がある場合は間食自体お勧めできません。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

有りか無しかと言われれば有りです。しかし、追加うちが頻繁であれば定期注射のインスリン量の調節を速やかに行うことが必要です。追加うちは不定期ですし血糖コントロールの評価がしづらいという一面もありますので最終的には追加うちのないコントロールを目指しましょう。

わかりやすく説明する医師 先生
一般内科

わかりやすく説明する医師 先生

主治医の先生はまだインスリンの効き具合を調べているのと1日の総インスリン量をどのぐらいがいいか考えているのではないでしょうか。一時的な追加打ちではなく。これからストレスなどでインスリンが効かなくなり、一時的な追加打ちも必要な時もあると思います。

神奈川区の医師 先生
内分泌内科

神奈川区の医師 先生

1型糖尿病ですので、インスリン治療は必要です。必要量のインスリンは使いますが生活習慣の是正で1単位でもインスリン量を減らす努力も必要です。先ずは追加打ちが本当に必要かしっかり生活習慣を見極める必要があると思います。

ys_juneさん

ys_juneです。
ご回答頂いた皆様。有難うございます。
まだまだ糖尿初心者?ですので、
日々勉強中でありますが、大変参考になりました。
他の質問等も興味深く読ませて頂いてます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。