Q

血液透析に関して。

よろしくお願いをいたします。患者は70代の女性。血液透析を始めて半年。血液検査の結果、いつもたんぱく質が足りません。もっと、しっかり食べて運動をしてくださいと、注意されます。しっかりは食べております。が、手首、足・腰・膝が痛くて運動は苦手です。摂取した、たんぱく質は、運動をすることで、どうなるのでしょうか?栄養が行き渡るということですか?その結果、クレアチニンの値が上がり、ここから運動不足を、医療者は読み取るのでしょうか?透析患者はクレアチニンの値が高いほど良いと言われるのは、ここに起因しているのでしょうか?仮に運動量が足りないと、当然ドライウエイトは落ちますが、その他、体に及ぼす影響を教えてください。また、手足が思うように動かない高齢者は、リハビリという形で半ば強制的に動かすことを促すべきなのでしょうか?女性の悩みは、痛いのに運動をしなさい。体が小さいので、これ以上は食べられないのに食べなさいと言われることで、介護している私の立場としては、緩和ケアが先決で、その痛みを取り除いてから運動では、どうなのだろうか?と、言うことです。長文で恐縮です。よろしくお願いをいたします。

質問者:みさと さん

DM島田の植田 先生
糖尿病科

DM島田の植田 先生

手首、足・腰・膝が痛いのはどうしてでしょうか?関節リウマチなのでしょうか?いずれにしろ、このような痛みのある状態で、運動を指導されるのは心無い発言だと思います。やはりおしゃっるとおりで、痛みを取り除くことが先決だと思います。担当医師に痛みのことを相談されてはいかがでしょうか?ひょっとして、担当医師があまり気づいていないのかもしれません。あくまで運動はADL(日常生活活動レベル)の低下を防ぐ意味で指導されていることだと思います。決してクレアチニン値だけで判断されているわけではないと思います。

みさとさん

先生には、別の質問でもアドバイスいただきました。ありがとうございます。リウマチでも痛風でもありません。透析患者にありがちなCTSでもありません。背骨が歪曲していまして、コルセット装着で、スリ足歩行です。指も曲がっています。常に四肢が冷えています。漢方を処方していただいています。腎性貧血はエポで解消されています。本人曰く寒いのが痛さの原因だと。植田先生、私の説明不足で申し訳ありません。と、言いますか、こうして書いていて気づきました。主治医のドクターは、自分のプライベートなことは、差し置いても患者さん優先という気持ちで接してくださってメンタルな部分も含め、たいへんよく診ていただいてます。が、いかんせん、前へ前へという意識が高く(実は、私自身もその傾向がありまして)厚生労働省でも、足から衰えるということで、歩くことを優先しましょうという指示なのです。患者のためを思う発言ではあるのです。70代の女性と言うのは母ですが、出不精なところがあって、強引にでも誘わないと、ベッドで寝たままなのです。私には母の痛みがわかりません。寝てばかりでは気持ちが塞ぐと思い外へ外へと連れ出し、新しい出会いや、講演会などで刺激を享受して欲しいと働きかけてきました。が、痛いので行きたくないという人間を、気分転換だからと連れ出す私って、なんなんや?という思いがしてきています。透析療法は、良い選択だと思っています。頑張って通院しています。プラスQOLの向上も考えています。寝たきりにはなってほしくない。自然になら仕方ないとしても。これは、医学的なデータ云々で論じる話ではなく、心の方向性の問題なのかもしれません。いずれにしても、痛みがどこからやってきているのか?整形外科的な処置がいるのか?
だとしても、本人はこれ以上通院はごめんだと言っておりますし。寝ているのが一番ラクと言われれば・・・自発的に行動を促すために、私にできることは何か?やはり、痛みの改善のために、とことん主治医と向き合うことなのか?ほとんど愚痴で申し訳ありません。

DM島田の植田 先生

骨粗しょう症や変形性関節症がおありのようですね。痛みに関係しているのかもしれません。透析のされない日には、介護保険によるデイケアなどの介護サービスを利用されて、本人の気分転換をはかっていただくことはいかがでしょうか?ご自宅で寝たきりになられるのは、やはり好ましくないと思います。他人との交流により、痛みが消える可能性もあるかと思います。

みさとさん

先生、今日は、こちら快晴で、こもっているのがもったいないような気分でしたので、少し強引に連れ出しました。デイサービスは、年寄りばかりで嫌いだと言います(苦笑)博物館の企画展に行きました。日本全国の玩具の展示を、学芸員さんの説明を聴きながら、鑑賞しました。その後も、若い学芸員さんと話しこんでいました。人間が好きなんです。よく頑張って歩いたと思います。植田先生がおっしゃるように、他人との交流が痛みを緩和してくれたのだと思います。まさしく骨粗しょう症も、変形性関節症もあるのだと思います。用心深いので、骨折でもしたらたいへんだと慎重になる余り、動きがトロイ・・・それを、元気な我々は、緩慢と見てしまっているのかもしれません。医学的に痛みを消すというよりは、母の触手をくすぐる対象を探し、そこへ向かう。磨り減った骨や、変形は元には戻らないとしても、心がハレなら、OKですね?
植田先生、アドバイス ありがとうございました。感謝しています。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。