Q

発熱が続くのは何故でしょうか?

父69歳が肺がん(扁平上皮がん)のステージ3aで現在、原発癌巣が直径9cmとかなり大きく、リンパにだけは転移があるので、抗がん剤治療をのみを行っています。プリブラチンとナベルビンです。病気の発覚後は、ずっと毎日、微熱(37〜38度)あるのですが、ここ一週間その発熱が高くなっています。38〜39度です。タマタマ背中に大きなコブが出来ていてそれがすこし膿んでいたことも要因かも知れないのですが、今はその膿みも取れているのにまだ熱が下がりません。ちなみに肺のリンパ以外に転移はないのですが。。以前、何かの本で読んだのですが発熱時に転移が行われている事もあるとの事でしたが、どうでしょうか?何かこの発熱の要因は他に考えられるでしょうか?主治医の先生も何故に発熱が起こるのか判断をしかねられているようです。また、この発熱により抗がん剤治療のスケジュールが何度か狂い抗がん剤治療の成果が確認できず現在の治療方法が良い選択なのか判断が出来ず焦ってしまい少し焦ります。発熱自体が抗がん剤の副作用でもあるのでしょうか??
また、発熱とは実際は免疫システムが外敵に対して攻撃している事のあらわれなので、熱さましなどの薬を投与する事はあまりよくないのでしょうか?

質問者:金太郎 さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

私も腫瘍熱が第一ではないかと思います。進行期のがん患者さんであれば、積極的に解熱してあげる方がよいと思います。発熱のせいで、日々苦しんで、食欲もないと、生活の質が極めて悪いですし、弱っていってしまいます。
ただ、腫瘍熱以外にも、抗がん剤の使用後の免疫機能の低下でどこかに感染症(ばい菌の病気)を起こしておられる可能性も考えておく必要はあるかもしれません。あとは、点滴の管やおしっこの管が留置されているという事はありませんか?こういった管類はばい菌の住み着く巣のようなもので、発熱の原因になっている可能性を十分に考えておかないといけません。
こういった事は主治医サイドも考えている事だとは思いますが、意外と落とし穴になっている時も、研修医の指導などをしているとちょくちょくありますので。

金太郎さん

早速のご回答、ありがとうございます。現在、仕事の関係上、父のそばに私自身がいないので、先生の仰る点滴の管などの衛星面に関しては看病している家族に確認をして何かあえば適切に処理を行います。 あとご回答の中で、進行期の癌患者とは具体的にどのようなものでしょうか?転移が行われていない事を指すのでしょうか?初期、末期以外は全てその様に言うのでしょうか? 現在、熱さえなければ癌巣が大きいですが父は元気にしており、この発熱が転移の始まりではないかと気がかりです。 転移に発熱は伴うのでしょうか? また抗がん剤治療の間、免疫力を高める治療などを併用するのはどうでしょうか?

tora 先生

具体的に画像をみせていただかないと現状が把握しづらいのですが、手術をされなかったという事は、リンパ節転移の程度が結構強いとの判断があったのではないかと考えます。IIIA期の中でもこのリンパ節転移の程度によってずいぶん予後がかわってきますが、少なくとも手術で根治しえない肺のリンパ節転移を伴うIIIA期の肺がんは残念ながら早期癌ではなく、進行癌という事になります。
我々は臨床的には末期癌という表現を使用しますが、病気そのものを表現する際には進行癌(だから進行しているといっても、治療できるものもありますし、本当の末期のものもふくみます)という表現を使用します。
発熱については、転移がなくても、原発巣だけでも十分に発熱はありえます。転移に発熱を伴うとお考えになるよりは、体に癌がある事が発熱の原因であるとお考えください。多臓器への転移をご心配なさっているようですが、リンパ節転移がすでに起こっているようでしたら、局所ではなく、全身病として考える必要があるのだと思います。そういう理由でも全身の化学療法という事になっているのだと思います。

tora 先生

すいません、つけたしです。
抗がん剤治療後に感染症が起こりやすい事の主原因は白血球が減少するところによります。一定の白血球数を下回ってくるとか、感染の徴候によって、お薬の注射で白血球を増やすようにしていきます。
この他に、特定の薬品や食品が免疫力を高められるという事をはっきり証明できたものは現時点ではありません。
ひとまず、しっかり熱の原因を主治医に考察してもらう事が大事でしょうね。

金太郎さん

先生の仰ること、理解しました。以前も同じような内容の回答を免疫については回答されていたと思います。 あと、更に何度もお聞きして申し訳ないのですが、食品ではなく治療としての免疫治療についてはどうなのでしょうか?具体的にはリンパ球治療や丸山ワクチンです。一度、先生の御考えを教えてください。
現在の抗がん剤治療の結果がまだ出ていないのですが、それ次第では、別の方法も検討する必要があると思いますので..。勿論、別の抗がん剤を投与してみる事も選択肢にはなりますが。。とにかく、父に対して出来る事は全てしてあげたいと思っています。

tora 先生

世俗的な免疫療法ではなく、学術的な知見を元にした免疫療法は様々な手法を用いてトライアルが続いているところです。ただ、現時点では普遍的に、特定の疾患・・今回は肺がんですが、これの生命予後を著明に改善できるという確たる証拠というものが、まだまだ乏しいのが現状です。そういう意味では、いろんな大学病院などで治験も行われていますが、あくまでも治療ではなく、効果にいちまつの期待をかけて試しに投与を受けてみるという事になると思います。もちろん、そういった治療が効果があることもあるでしょうが、保証はまったくありませんし、副作用の事もよくわからないで投与を受けるという事です。
一般医科は、基本的には確立された治療行為を軸として治療をしていきます。それ以外の治療法については、効果がどのくらいきちんと証明されている(ないしはされていない)という事について、ご説明申し上げて、選択はなるべく患者さん本人に決めていただくようにしています。つまり、患者さんサイドは効果を期待したいから新規の治療を望まれているので、どのくらい効果が期待できるのか、期待できないのか(多くの場合は人間できちんと効くことが証明されていないという説明になりますが)をお話します。後は選択はおまかせするしかありませんが、私個人としては、例えば自身の両親がかかった場合には、きっと科学的根拠にのっとった治療行為以外は選択しないと思います。効果がきちんと証明されていれば、きちんとした形で報告され、一般医科にも使用できるようになっているはずですから。

金太郎さん

何度も細かくご説明を頂きありがとうございます。
まずは主治医と家族、本人で色々と相談してみます。正直、何か気休めでもカラダに良い事、また抗がん効果があると言われているものについては、試してみたいと思います。もちろん、現在の治療の邪魔にならない事また、効き目がなくても、逆にそれが逆効果にならないならば、使ってみようと思います。先生の言うように、副作用や保証がない事については出来るだけ、こちらで他の患者さんの話しや経験談なんかを参考にしてみます。
科学的根拠がない治療法というのが、時折、日本ではといった薬なんかもあり、その場合、先生はどのようにお考えですか?例えばタルセバなんかを先生はどのようにお考えですか??

tora 先生

主治医をしていても、行政と医学的な知見のギャップを感じる事はよくあります。
現実問題として、国内で認められている治療以外にも、日本人にあてはめても効果が期待されるものもある事には間違いありません。ただ、現行のガイドラインを大きく上回れる程の治療効果を、おすすめするだけの材料がない事、自由診療で個人輸入で薬剤を投与した際に、思わぬ副作用(特に抗がん剤は高頻度)で救済処置がとられない事などを考えると、お勧めしにくいのが、現実的なところではないかと思います。
一部の報道で、患者さんの事を本位に考えて、個人輸入で、日本では承認が後れている薬剤を積極的に使用しています・・・、という報道もドラマチックにされていますが・・・、間違ってはいないと思いますが、個人的には一面真理という側面があるのではないかと感じています。

金太郎さん

何度もご親切に細かく有難うございました。とにかく、何かしてあげたい一心ですので。。ぶしつけな質問、ご勘弁下さい。また、状況の報告も含め質問に投稿をいたしますので、よろしくお願いいたします。

Charisma Dr. K 先生
耳鼻咽喉科

Charisma Dr. K 先生

おっしゃる通り、免疫系が反応している熱で、安易に下げない方が良いとも言えます(腫瘍熱)。腫瘍熱にしては高すぎる気がしますが、あまり高熱が続くと体力そのものが消耗するので、熱さましを少し投与するのも悪くないと思います。
それから、水分も十分取り、脱水にならないよう気をつけてください。
発熱の原因については、主治医とよくご相談の上、検索を続けてください。

金太郎さん

回答、ありがとうございます。先生の仰る腫瘍熱ならそろそろ熱が下がっていも良い頃ですよね。。ちなみに通常、この腫瘍熱ってどの位の期間、発熱するのでしょうか?人によって、またその人の体力によっても様々と思いますが・・・ また、今週末まで続くようでしたら別の要因での発熱を疑う方が賢明でしょうか?

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。