Q

ボトックス後の痙攣悪化

痙攣のためボトックスを顔に打ったのですが、逆に、こわばり、悪化しました。もっとだらーんと力が抜ける感じかと思ったのですが、筋肉の動きを止めるというボトックスは、このようなこわばりやつっぱり感があるものなのでしょか。
痙攣にはボトックスが今のところ良い方法といわれているのが私にはわかりません。
ボトックスを顔の打ったことある方の打ったご感想やお詳しいかた教えてください。

質問者:BLACK さん

せふぁらるじあ 先生
神経内科

せふぁらるじあ 先生

ボトックスは片側顔面痙攣,眼瞼痙攣,痙性斜頚に適応が通っています

質問からは,片側顔面痙攣に対してボトックス治療を行ったと考えてよろしいでしょうか?

ご存知とは思いますが,ボトックスは,食中毒の原因ともなるボツリヌス菌が作り出す毒素(ボツリヌストキシン)を精製したもので,筋肉を麻痺させる作用があります

顔面痙攣のぴくつきは,顔面の表情を作りだす筋肉の不随意(自分の意志によらない)な収縮(これを痙攣,と表現していますが)なので,その部分の筋肉を麻痺させることで症状を止めてしまうものです

通常,注射間隔が近接しているなどの原因で,中和抗体というボトックスの成分を打ち消してしまう成分が体内でつくられてしまうようなことがなければ,痙攣する筋肉そのものを麻痺させてしまうので,痙攣は起こらなくなります.

治療後に,こわばった感じということは,顔面の筋肉の麻痺が強くでてしまったということなのかと思われますが,現時点で治療後何日くらい経過していますか?

麻痺が強くでて,こわばり感として自覚されているのであれば,1〜2週間くらい待つともう少し麻痺が弱くなり,こわばり感も和らぐのではないかと思いますが

BLACKさん

ご返信有難うございます(_)。

抗体ができたり、神経枝が増えて効果が弱くなることはあるそうですね。

打ってから5ヶ月経っていますが少し良くなったもののつっぱり、こわばり感はあります。

医師にはそれでも打つ前より良くなっていると言われるばかりで、自分では本当に嫌な感じがするので困っています。効果がきれればそのようなこともなくなっていくのだろうと思いますが、これからの治療法に悩んでしまいます。
いったい何を行っていったらよいか・・・。薬、ブロック、針治療などは行っていましたが効果なしです。

MRIでは神経圧迫血管はありませんでしたので片側顔面痙攣ではないのですが、瞼から頬、口元、首まで片側の症状です。Meigeと診断されています。

せふぁらるじあ 先生

血管による神経圧迫がみられないことが,片側顔面痙攣を否定する根拠にはなりません.あくまでも一部の顔面痙攣の方で神経を圧迫する血管がみられることがあると理解されるとよいとは思います.

片側性のMeige症候群というのは多くはないように思いますが,痙攣(スパズム)ではなくジストニアと呼ばれる種類の不随意運動が認められるためにMeige症候群との診断になったものと考えてよいですね?

確かに片側顔面痙攣に比べて,Meige症候群ではボトックスの効果が出づらい方が多い印象を持っています.

ボトックスは,初回治療の1回のみで追加治療はされないまま5か月が経過していると考えてよいでしょうか?

初回の単回治療のみであれば総投与量は規定の量(10単位)になります.

その場合,5か月も経過しているのであればボトックスの効果はすでにほとんど消失していると考えてよいと思います.

ボトックスが一度のみの投与であれば,追加治療を受けてみるというのが選択肢に入ります.

ただ前回の結果が思わしくないのであれば,気がすすまないことと思います.

薬物療法については,担当医師の考え方によって,バリエーションがありますので,内服薬の組み合わせの工夫ということになりましょうか.

ただ,Meige症候群では,なかなか治療が奏効しない方が多く,実際の診療の現場でも困る場合が多いです.

症状を悪化させる要素(疲労や睡眠不足,精神的な緊張・ストレスなど)があれば,それらを改善させる方向で,症状の緩和がえられた場合もありました.

BLACKさんの症状を悪化させる要素が何かあればそちらを改善させる方向は考えられないでしょうか?

BLACKさん

顔面痙攣の検査で、MRIを行ったとき、筋電図も行いましたが、瞼と口元などの痙攣が連動していないといわれました。もっと詳しく見られるMRIなど何か顔面痙攣がわかる検査方法はありますでしょうか。

結局、眼瞼痙攣と診断されましたが、私は自分で両側、痙攣していないと思います。右は何も感じません。左だけ引きつります。左瞼はぎゅーっとつぶってしまい、左頬は上方向に引きつり、左の首、肩は、じゃりじゃり、ボキボキとなり、とても凝ります。

ほかの部位まできているので、Meigeと診断されています。

薬は、リボトリールと抑肝散を服用しています。飲まないよりは少しは効いている気がするのですが、これ以上に効く薬もあると思いますが、なかなかこういう薬は色々試すのは大変です。リボトリールも長期的には、痙攣を悪化させると聞いたこともあります。
パキシル、トリプタノール、トレドミンなど試しましたが、効果なしでした。
ブロック注射、針治療も効かないと聞きますが、試しましたが、やはり効きませんでした。

外出したいのですが、すると悪化し、なるべく悪化させることは避けていますが、家の中で何をしても悪化します。話すのもだめです。一番寝ているのが良いのですが、この先ずっとそんなことしているわけにもいきません。本当に困っています。

精神神経科や神経病院、大学病院と色々と行っていますが、日本中に、Meige症候群の研究や専門の病院、お詳しい先生は、いらっしゃいますでしょうか。もし何か情報がありましたら教えてください。どうか宜しくお願い致します。

せふぁらるじあ 先生

お返事が遅れてしまいました。
専門誌の過去の報告などもだがしてみたのですが、治療について特に詳しい医師というのは、わかりませんでした。
お役に立てず申し訳ありません。

筋電図検査で、目元と口元の痙攣が同期していなかったようですので、やはり顔面痙攣とは違うのかと考えます(実際に診せていただいているわけではないので、断定はしかねますが、一般的には同期します)。必要な検査はすでに行われているようですし、内服治療に関してもスタンダードな内容かと思われます。
リボトリール長期服用に関する痙攣悪化の可能性については、私の知っている範囲では見当たらないので、なんともいえませんが。

ところで、首の筋肉の症状ですが、頸部筋肉のジストニア(痙性斜頸)のような印象も持つのですが、ボトックス治療は顔面筋肉だけですか?
頸部筋肉にも治療をお受けになっていますか
痙性斜頸の場合、治療経験豊富な医師でなければ,適切な筋肉へのボトックス投与ができないこともありますので、その場合には効果が不十分な場合がありまので・・・。

BLACKさん

お忙しいところ、探していただいて本当に有難うございます。ジストニアの会というのもあり、色々と質問したのですが冷たくされ、少しショックだったので、もちろん自分で調べなくてはいけないことなのですが、医中誌やPubmedなどというもので調べてもなかなか情報がないもので、、せふぁらるじあ先生のように探していただけたということだけでとてもうれしく思います。本当に有難うございます。

症状なのですが、首は、勝手に曲がったりはしないのですが、緊張が首まできているんだと思います。痙性斜頸なのでしょうか。
頚部には何もしていません。首を回したり伸ばしたりしてストレッチのようになるべく凝りをほぐしている感じです。
全体的にボトックスを打ってみることを考えたいと思います。

顔面痙攣ではないと思うのですが、MRIは一度しか撮っていないのですが、3D的なMRI・CT(?)やMRA(?)のようなも行ってみたほうが良いのでしょうか。もっと細い血管などが原因の可能性もありますよね。でも写らないこともあると思いますし、写っても細かったりした場合、手術は難しいのでしょうか。

BLACKさん

なぜ
>確かに片側顔面痙攣に比べて,Meige症候群ではボトックスの効果が出づらい方が多い
のでしょうか。
ボトックス1回しかやったことなくて判断するのもだめですが、私には合わない気がするんですよね・・。打った以外のところが悪化していく。一時的ではなくて。
ボトックスが合う顔の位置を見つけて地道に打っていくしかないのでしょうか。でも見つけていく間にどんどん悪化していきそう・・。

MeigeがDBS手術で効果があるかもということで、先日DBSについて、脳外科へ行ってきました。しかし、やはり私はMeigeといっても首の凝りはすごいですが、首まで症状がないので、今の段階ではできない、年齢的にも、ということでした。手段がないので、少しでも軽減するのならやっていただきたいと思っていたので、できないのはショックでした、これでもDBSを行う程の症状ではないのか・・と思いました。他に治療法ないですよね・・。

せふぁらるじあ 先生

ジストニアに対するDBSなどの脳神経外科的治療については、経験した症例がないので、詳しくはわかりませんが、それほど多くの症例に対して行われている治療のような印象がありません。
東京では、一部の大学病院で治療に対して熱心なところがあるようですが、私の住んでいる地域は、立派な田舎町なので、身近にそのような施設がなく、治療を行っている医師に感想を聞くこともできないので、コメントしづらいところではあります。

Meige症候群で、ボトックスが効きづらいことについては、ジストニアの起こる理由が、片側顔面けいれんに比べてより複雑なのだろうと考えています。また、一カ所の筋肉に対して治療した後、他の筋肉にまたジストニアが出現するということは、時に見られるようで、もぐらたたき現象、と名付けている医師もいるようです。

BLACKさんが相談された脳神経外科が、どの分野が得意な医師が診察されたのかはわかりませんが、機能的脳神経外科の得意な医師(それほど多くはないと思いますが)でなかったのなら、そのような医師を選んで受診してみてはいかがでしょうか

BLACKさん

ご返信有難うございます。

私の行った脳外科は、数例ですが日本でMeigeに対してのDBS手術を行っているほうで、パーキンソン病、麻痺がある方にDBSを行っていて、不随運動、ジストニアのかたにも行っているのですが、主に書痙、全身性ジストニアの方には適応され、結構症例が多いようです。

最近数人のMeigeの方が同じ脳外科でDBSを行ったと聞いたのですが、首にも下半身などには一切症状はなく、瞼、頬、口元、喉に症状があるという方達でした。

やはり私は年齢的に手術を行ってくれないことが大きいのでしょうか。20代前半です。手術が合うかわからないですが手段がないので、少しでも軽減するのなら本当にやってもらいたいと思っていたので、できないのは悲しいです、すごく目がぎゅーっとするのですが、これでもDBSを行う程の症状ではないのかと思いました。

喉に症状が無いことも関係しているのか。

他の病院紹介するからボトックスで、、と言われました。もちろん治療法はボトックスがあります、1回しかやったことなくて判断するのもだめですが、私にはほんと合わない気がするんです・・。打った以外のところが悪化していく。一時的ではなくて。せふぁらるじあ先生のおっしゃるとおり、もぐらたたき現象が起きやすいのかも知れません。

ボトックスが合う顔の位置を見つけて地道に打っていくしかないのでしょうか。でも見つけていく間にどんどん悪化していきそう・・。悪化しながら打っていく・・・

ボトックスを行ってからなおさら顔が力の入る(ひきつる)方向に、本当にゆがんできました。

Meigeにはボトックスが合うかは、人それぞれなのですよね。悩むほどではないのかもしれませんが、ボトックスを打つべきか、他にも色々と悩んでいます。何をしたら良いのかもうわからなくなってきました。

いつもだらだらと長くて本当に申し訳ありません。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。