特殊な1型糖尿病?

lock有料会員限定

1年前に1型と診断された35歳の男性です。

異常な体重減少と激しい口渇、多飲多尿に見舞われ、
やがて、こむら返りや尿失禁などの症状も見られたため、
内科を受診したところ、随時血糖値(食後5時間)が400以上、
HbA1cが11という結果が出て、糖尿病と診断されました。
その時の抗GAD抗体は12000もあり、症状の進行も急激でした。
(2ヶ月前の血液検査では全く異常がなかったのですが)

その後、半年のインスリン治療により血糖値はほぼ安定し、
最近ではHbA1cが5.2〜5.5の間で推移しています。

現在のインスリン投与量は、ヒューマカートN(中間型)を
1日に1回(4単位)のみですが、基礎分泌は自己分泌で十分
賄えているらしく、注射をしなくとも食前血糖値は110以内に
収まっています。指示されている4単位は、膵臓の疲弊防止が
目的であると主治医からは言われています。

食後の追加分泌の補充については、以前はヒューマログ
(超速効型)を毎食前に注射していましたが、
現在はベイスン0.2mgの食前服用のみとなっています。
ただし、食べ過ぎてしまったときやシックデイ時などには、
状況に応じてヒューマログを投与しています。

私の場合インスリンの自己分泌能がかなり残っているらしく、
昨年末に行なった尿中Cペプチド(24h畜尿)の検査でも、
全く正常値と判定されました。しかし、抗GAD抗体は相変わらず
10000を超える強陽性であり、自己分泌能の低下がいつ起こって
もおかしくない状態であるといわれています。

また、食後血糖値は昼食と夕食後にはそれほど上がらないの
ですが、朝食後は食べ過ぎなくとも200を超えてしまうことが
多く、一時期、実験的にベイスンを0.5mg(0.9mg/日)まで
増量してみましたが、目立った効果は得られませんでした。

現在ハネムーンステージである可能性が考えられるものの、
1型なのに自己分泌能が正常であり、それにもかかわらず
食後血糖値が高く、ベイスンも効果がない、というケースは
非常に珍しい症例らしく、このような結果になる原因は
ちょっと分からないと主治医は言っています。

しかし、治療上は全く問題のない成績であるため、
保険診療の範囲内で原因の追及をするのは難しいとのこと。

主治医が言うように、
このような症例は珍しいものなのでしょうか?
また、やはり今後は自己分泌が枯渇していってインスリンの
投与量が増えていくことは覚悟しておくべきなのでしょうか?

person_outlineGOROさん

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師