特殊な1型糖尿病?

1年前に1型と診断された35歳の男性です。

異常な体重減少と激しい口渇、多飲多尿に見舞われ、
やがて、こむら返りや尿失禁などの症状も見られたため、
内科を受診したところ、随時血糖値(食後5時間)が400以上、
HbA1cが11という結果が出て、糖尿病と診断されました。
その時の抗GAD抗体は12000もあり、症状の進行も急激でした。
(2ヶ月前の血液検査では全く異常がなかったのですが)

その後、半年のインスリン治療により血糖値はほぼ安定し、
最近ではHbA1cが5.2〜5.5の間で推移しています。

現在のインスリン投与量は、ヒューマカートN(中間型)を
1日に1回(4単位)のみですが、基礎分泌は自己分泌で十分
賄えているらしく、注射をしなくとも食前血糖値は110以内に
収まっています。指示されている4単位は、膵臓の疲弊防止が
目的であると主治医からは言われています。

食後の追加分泌の補充については、以前はヒューマログ
(超速効型)を毎食前に注射していましたが、
現在はベイスン0.2mgの食前服用のみとなっています。
ただし、食べ過ぎてしまったときやシックデイ時などには、
状況に応じてヒューマログを投与しています。

私の場合インスリンの自己分泌能がかなり残っているらしく、
昨年末に行なった尿中Cペプチド(24h畜尿)の検査でも、
全く正常値と判定されました。しかし、抗GAD抗体は相変わらず
10000を超える強陽性であり、自己分泌能の低下がいつ起こって
もおかしくない状態であるといわれています。

また、食後血糖値は昼食と夕食後にはそれほど上がらないの
ですが、朝食後は食べ過ぎなくとも200を超えてしまうことが
多く、一時期、実験的にベイスンを0.5mg(0.9mg/日)まで
増量してみましたが、目立った効果は得られませんでした。

現在ハネムーンステージである可能性が考えられるものの、
1型なのに自己分泌能が正常であり、それにもかかわらず
食後血糖値が高く、ベイスンも効果がない、というケースは
非常に珍しい症例らしく、このような結果になる原因は
ちょっと分からないと主治医は言っています。

しかし、治療上は全く問題のない成績であるため、
保険診療の範囲内で原因の追及をするのは難しいとのこと。

主治医が言うように、
このような症例は珍しいものなのでしょうか?
また、やはり今後は自己分泌が枯渇していってインスリンの
投与量が増えていくことは覚悟しておくべきなのでしょうか?

person_outlineGORO さん -

12名の医師が回答しています

Daylight 先生

糖尿病科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師