悪性リンパ腫

55歳女性。右足そけい部にしこりを感じ、約1年前に、非ホジキン型低悪性度悪性リンパ腫、ステージIVと診断されました。副作用を避け、完治を目指したいなどの理由から、当面は化学療法はうけず、漢方を含む、総合的な免疫療法で療養に努めてきました。その結果、2ヵ月毎の血液検査はほぼ正常値内、SIL2Rも200台後半、高いときで344でした。白血球数は4000〜5100、リンパ数は約1年前は1200前後だったのが最近は1700〜2100台に増えています。それまでみられた、頭痛、咳き込みなどの症状も消え、他にも自覚症状はなく体調は良好です。
しかし、肝心のそけい部のしこりがCT検査の結果、2.0cm*1.3cm(昨年12月)から2.4cm*1.9cm(本年1月)とやや拡大しています。担当医師の所見では、この程度の変化は気にする必要なし、とのことです。
全体としては、これまでの方針で臨みたいのですが、用心すべき点、改善すべき点があればご教示下さい。

person_outlineapr01さん

2名の医師が回答しています

芋ようかん 先生

血液内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師