Q

悪性リンパ腫

55歳女性。右足そけい部にしこりを感じ、約1年前に、非ホジキン型低悪性度悪性リンパ腫、ステージIVと診断されました。副作用を避け、完治を目指したいなどの理由から、当面は化学療法はうけず、漢方を含む、総合的な免疫療法で療養に努めてきました。その結果、2ヵ月毎の血液検査はほぼ正常値内、SIL2Rも200台後半、高いときで344でした。白血球数は4000〜5100、リンパ数は約1年前は1200前後だったのが最近は1700〜2100台に増えています。それまでみられた、頭痛、咳き込みなどの症状も消え、他にも自覚症状はなく体調は良好です。
しかし、肝心のそけい部のしこりがCT検査の結果、2.0cm*1.3cm(昨年12月)から2.4cm*1.9cm(本年1月)とやや拡大しています。担当医師の所見では、この程度の変化は気にする必要なし、とのことです。
全体としては、これまでの方針で臨みたいのですが、用心すべき点、改善すべき点があればご教示下さい。

質問者:apr01 さん

芋ようかん 先生
血液内科

芋ようかん 先生

低悪性度の非ホジキンリンパ腫についてはなかなか標準的な治療法が定まっていませんがstage4であれば現在はCHOP療法にリツキサンというモノクローナル抗体を併用した治療が主となっています。抗CD20モノクローナル抗体であるリツキサンは腫瘍細胞を特異的に攻撃するというコンセプトで開発された効果が期待できる保険の通っている免疫療法なんですよ。stage1.2であれば経過観察という選択肢がありますが、この場合には腫瘍のサイズが急激に増加した際に化学療法を開始するというものです。2.0cmであったものが2.4になっただけで、その他の部位に新たなリンパ腫の浸潤が認められないのであればそのまま経過観察でもよいかと思います。しかしながらCHOP+リツキサンの治療でどのくらいの副作用があってどれだけが長期生存できているかについてはかかりつけの先生から詳しく伺ってみてもいいかと思います。

apr01さん

アドバイスありがとうございます。
これをもとに次の作戦を考えていきます。

hemato 先生
血液内科

hemato 先生

低悪性度リンパ腫のステージ4ということは、骨髄にもリンパ腫細胞が浸潤しているのだと思います。そうするとリンパ節の大きさも大切ですが、貧血や血小板減少によって治療開始時期が決まることもあります。リンパ節の大きさもほとんど変わっていないので、このまま経過観察で良いと思います。抗CD20単クローン抗体であるリツキシマブは副作用は少ないですが、単剤では効果が少なく、また抗がん剤との併用でも2-3年で再発することがよく見られます。症状がなければ経過観察で良いと思いますが、感染症および怪我には注意して下さい。

apr01さん

アドバイスありがとうございます。
ご指摘のとおり、リツキシマコブの効用は理解できるものの、再発を恐れて治療に踏み切ることを避けているところです。
感染症、怪我についてのご指摘は特に参考となりました。感謝しております。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。