Q

主人がうつ病になりました

41才・エンジニアの主人が昨年12月の半ば欝との診断を受けて会社を休んでいます。おかしいと感じ始めたのは昨年6月ごろからで、疲れが溜まる一方で朝や帰宅後は放心状態のことが多く、それでも12月までは何とかやってこれたようです。私の知らない間に社内の産業医の先生のところで診察していただいていました。現在一日の総服用量がパキシル50mg/セルシン6mg/ドクマチール150mgです。かかり始めはまだ少し元気がない状態が続いているようでしたが、どんどんひどくなり、現在は(特に午前中・一日中の時もしばしば)起き上がることが出来ない状態が続いています。食欲はありますがこの1週間不眠の症状が出てきたようです。今でも出社するために朝7時には起き、着替え、朝食もきちんととるところまではいくのですが、その後すぐに辛くなって寝込んでしまう状態です。本人は人間関係や仕事そのものにストレスを感じていないと言います。ただここ1年仕事量がかなり増えたのが原因の様で、医師も交えて上司と相談し、仕事量を減らして頂き、出来る範囲で出社しながら治療していく方針となりましたがほとんど出社できる状態にはありません。会社の中の診療所のため私が医師に直接話を聞くことも出来ず、本当にこの治療法で治るのか、先生は信頼できるのか、主人はきちんと病状を話しているのか、家族として聞きたいことは山ほどあります。主人は他の病院にかかる気力もないようです。ネットで鬱に関する情報を見て理解しようとしてはいますが、最近は自分自身のストレスが溜まる一方で不安定な気がします。3歳と7歳の男の子がいて一日中怒鳴りっぱなし、いらいらしたり、大声で泣いたり、モノに当たったり、過食気味の様な・・・・こんな状態では子供にも悪影響だし、主人も家に居ても辛いだけで、休養などにならない気がしています。お互いの実家は遠く助けも求められません。これからどうしたらいいのか不安で混乱しています。主人のこと私自身のこと、どうかよいアドバイスをお願いいたします。

質問者:もとこ さん

pooh70hさん

私は、44才で、地方にて商社系のコンピュータ関連企業で、コンピュータのSE部門の管理と汎用コンピュータの担当SEをしております。
(ついでではありませんが、娘は2人 不登校です)

私は、昨年 うつ症状となり半年ほど通院しておりました。私の場合 他部門やお客様との交渉、コンピュータのトラブル、売り上げの低迷などの事で、ストレスがたまり、うつ症状になったのではないか?と思っています。

娘の不登校や、自分の事もあり色々と調べてみました。(エンジニアの仕事がら、調べるのが好きなのかも?)

その中で、私の心に響いたのは、”うつは、心が風邪をひいているんです”です。

風邪なのでみんなかかりますし、治ります。
ず〜とこのままではありません。
風邪には休養が一番です。
奥様も心配ばかりしていると、心の風邪がうつりますので、あまりご心配にならない方が良いと思います。
家の妻は、『つらいんなら、会社辞めてもいいよ〜』、『お米があれば、大丈夫だよ〜』なんて言っていました。彼女は将来が不安な時は、今日1日の事しか考えない様にしていた様です。

自分も、うつの経験をとおして、何か幸せなのか?
考える様になりました。
今の所、『今日一日、家族が笑ってすごせる事』かな?と思っています。

ご参考にならなかったかも知れませんが、投稿させて戴きました。

以 上

もとこさん

本当に本当に皆さん有難うございます。
多くの患者さんを診てこられた先生方や当事者の方々のアドバイスに救われました。
(親や友人に相談しても気持ちが楽になる事はありませんでしたが・・・)

今日会社に連絡をとり、明日病院で心療内科担当の産業医に会って相談することになりなした。

パソコンに向かうことなんてほとんどなかった私がたくさんの見ず知らずの方々に助けられ、不思議な気持ちです。
インターネットの投稿なんてウサン臭いと思っていましたが、「わらをもすがる気持ち」で投稿しました。こんなに皆さんが真剣にメッセージを下さり感動しています。

健康であることが何にも変えがたい幸せですね・・・

賢者の石は 先生

ちょっと遅い返事で申し訳ありません。
ご指摘のように、うつ病はこころのカゼのようなものだ、としばしば言われますね。
でも本当にそうなのでしょうか。
誰でもなるんだ。良くなるんだ。
確かにそういう意味ではうつ病はカゼとよく似た性質があるのかもしれませんね。
ところで、カゼならば、たいていの場合、暖かくして数日間休養をとれば自然に治ります。また、カゼならば少々の鼻水や咳を辛抱しさえすれば薬をのまなくても回復します。
では、うつ病の場合はどうでしょうか。確かに、休養をとるだけで良くなる方も多いでしょう。薬に頼らなくても良くなる方もいるかもしれません。しかし、その苦しみは(あなた自身がよくご存じのように)並大抵のものではありません。
うつ病はこころのカゼ…などと気楽に考えず、早め早めに病院へ行って治療を受ける。そのことの方を強調したいと思います。
元の書き込みの意図(誰でもなる病気だし、良くなるのだから、気にしない方がいいよ)は承知しておりますが、気になったものですから。

pooh70hさん

そですよね〜。
足りない点をご指摘いただき、有難う御座います。
文章って難しいですね。

そもそも、風邪もこじらすと肺炎になったりするんですよね。
通院も大切ですので、忘れずに!!

ilm 先生
精神科

ilm 先生

精神科医ilmです。
笑う精神科医さんも書かれていますが、入院治療を積極的に選択する状態だと思います。
入院でなくとも転院、転医は必要でしょう。
社内の産業医さんは精神科専門の可能性もなくはないですが、内科などの可能性が高いですし、精神科医であっても非常勤だったりと出勤ができない状態で治療を続けるのは困難な場合が多いです。
まずはご自宅の近くの入院施設もある病院に紹介をしてもらうことが第一だと思います。

医師に直接話を聴けない、というのはもとこさんのご主人が嫌がっていらっしゃるのかもしれませんね。
まずは電話でお話してみましょう。直接会って病状の説明を受けたい旨を伝えてみてください。
常識的な医師であれば断ることはないでしょうし、産業医としてでは十分には治療しがたい状態なことはあきらかですから、きっと快諾してくださるはずです。

どうもお書きいただいたことからは、もとこさんのご主人が治療に対して拒否的なように感じます。うつ病では迷惑や心配をかけたくないと治療を拒み、結果的に遠回りをしてしまわれる患者さんも少なくありません。
ご実家は離れていらっしゃるそうですが、まずは電話だけでもお互いのご実家にしてみて、電話で近隣での治療や入院治療などを説得してみる、というのもひとつの手ではないでしょうか。

もとこさん

まだ鬱の診断を受けて一ヶ月余りだというのに家族が皆壊れていきそうで絶望的な気持ちになりそうです・・・・
子供も家庭のギクシャクした雰囲気を感じ取っています。私自身誰にも理解してもらえないストレスで泣いたりイライラしたり・・・主人の親には「とにかくよろしく」と泣かれました。私の親は主人に対してはもちろんですが、私の事が不憫で可哀想だと泣かれました・・・

主人の実家からは自宅でゆっくり出来ない様であれば主人だけしばらく実家に帰ってくるのはどうかと言われました。入院とか療養所と聞くと、ずっとそのまま普通の生活に戻れないんじゃないかと心配しています。
「入院」と「実家療養」どうしたらよいでしょうか?っといっても、主人はまだこのままで治していくつもりのようですが。
家族はいつも一緒に居るのが自然だし一番と言っていた人です。子供と離れる事も自分にとっても子供にとっても良くないと思っています。

こちらのサイトでいいろいろ読ませて頂いていると
もっと大変な方も多く、かなり長期に患っている方もいらして、これから治療・入院して本当に元通りの生活に戻れるという希望を持っていいのでしょうか?
主人も私も家族みんなが今まで鬱とは全く無縁な環境だと思って生活してきたのに、どうしてこんな事になってしまったのか・・・

会社の産業医さんは普段は内科医が常駐していますが、月に二回専門の診療内科医がきているそうです。それだけこの会社に需要があるということなんですね・・・どういう会社か疑いたくなりました!!

主人が一番辛いのは解っていますがこれからどうなるのか不安で不安でしょうがありません。

ilm 先生

精神科医ilmです。
少し冷たい書き方に感じられるかもしれませんが最後までお読みください。

>家族が皆壊れていきそうで絶望的な気持ち
>これから治療・入院して本当に元通りの生活に戻れるという希望を持っていいのでしょうか?
まずすごく冷たい言い方に感じられてしまうかもしれませんが、まったく元通りの生活、ということは人が生きていく以上、ありえないと思います。

うつ病については入院も含めた治療を行っていくことで、程度の差はあれ必ず改善されていきます。
しかしもとこさんのご主人が、そのときに物に当たったりご家族に当たったりした事実は元には戻りません。変えられるのはその事実に対するご家族、ご主人の意味づけ、認識、思い出です。
もとこさんのご主人が回復され、「以前はすまなかった」ときちんと謝罪でき、それをご家族が受け入れられれば「雨降って地固まる」の言葉どおり、これまで以上の関係ですごせるようになるのでしょう。
一人の精神科医としては、そうなるようにサポートさせていただくばかりです。

>会社の産業医さんは普段は内科医が常駐していますが、月に二回専門の心療内科医がきているそうです。それだけこの会社に需要があるということなんですね・・・どういう会社か疑いたくなりました!!
もとこさんというご家族が話を聞きたいといったときの対応はさておいて、専門医を招いているというのはとても良いことです。メンタルヘルスの大切さを理解されていて、しっかりと取り組んでいらっしゃるということのように思われます。
うつ病はすべての人の10%が一生のうちになる疾患です。どなたでも、私でももとこさんでもなる可能性があるのです。
落とし穴を見ない振りをして目をつぶって「落とし穴なんてない!」と言い張るのではなく、きちんと落とし穴を見つめて、それに落ちたときの対処も考えて対応していく、というのがより着実な方法であり、もとこさんのご主人の会社は、そういった意味では一流の対応がされていると私は思います。

>これからどうなるのか不安で不安でしょうがありません。
お書きいただいたとおり、もとこさんは先行きが見えないために、いっそう不安になっていらっしゃるのだと思います。まずは産業医に連絡してみてください。
それがあまりに先で耐え難いようであれば、まずはお近くの精神科病院などにもとこさんだけでも受診して、専門医に直接相談してみることをお勧めします。
一日も早く、もとこさんが対処方法の糸口をつかまれることを祈ります。

もとこさん

元通りの生活、病気になる前の主人に戻ることはないのですか・・・
ilm先生のメッセージを一日じっくり考えていました。
そしてほんのわずかですが、そのことを覚悟しなければならない現状を受け入れる気持ちになりました。
ただ一日一日を過ごすのが精一杯でしたが、とにかくひとつづつ先生のアドバイスを実行していきます。
本当にこのサイトを知って助けられました。
有難うございました。

最後に・・・
主人の調子が悪くなってから、イライラしたり、子供やモノに当たったり、大声で泣いたりしていたのは私です。こんなときこそ家庭の太陽になり、強く優しくいなければならないのに、毎日取り乱していました・・・本当に自分の未熟さを感じました。
誰かに聞いてもらい、懺悔したい気持ちです。

marucoさん

もとこさん、初めまして。私の質問を読んですごく不安になったのではないかと心配しています。

私の場合は、夫が鬱病と診断された時、その前から、初めは2週に1回起きられないと会社を休んでいた夫が、1週間に1回は休むようになり、そのうち週2回になり…というのを経験し、何で会社に行けないのかすっごくイライラしていたので、病気と言われた時は、さぼりじゃなかったんだと解って、ほっとしました。そして、性格の問題じゃなくて病気だったら治るんだと希望を持ちました。

でも、やはり同時にどう接したらいいんだろう?これからどうなるんだろう?すごく不安になりました。そして私も、もとこさんの両方のご両親と同じような対応を受けました。自分で解決するしかないんだと、本当に孤独な気持ちになりました。

友人に愚痴を言っても、すっきりはするけど本当の理解は得られませんでした。やはり、同じ鬱病の夫を持つ方と話したり、夫の主治医の先生に相談するのが、一番安心できました。

ぜひ、一度勇気を出して、先生に電話をすることをお勧めします。早い人だと3ヶ月で復職できるそうです。鬱病を繰り返さないためにも、とにかくご主人にあった医師やカウンセラーに巡り会えることを、心から祈っています。

もとこさん

本当に有難うございました。今まで両親やごく親しい友人にしか相談していなかったので、不安から抜け出せず苦しんでいました。
この場で適確で納得のいくアドバイスを頂き、また同じ病気で苦しんでいらっしゃる方、ご家族がたくさんいることを知り自分も頑張らなければっと思っています。

marukoさんのご主人の最初の症状も夫と全く同じだったので、今まで理解できずにイライラしていましたが、病状のひとつとして受け入れる気持ちになりました。
お互いに、心も体も健康になるよう心からお祈りしています。有難うございました。

タカさんさん

44歳、銀行員です。5年前、完璧主義の行き過ぎと仕事のし過ぎで、うつ病になりました。
現在は軽快しておりますが、念のため月1回通院し、不調を感じる時期はドグマチールを服用しております。
妻が私の変調を察知して、精神科に相談に行き、医師のアドバイスによって、妻同伴で受診、そしてすぐ入院しました。
その後、紆余曲折を経ながらも回復し、現在に至っております。
休職・復職を繰り返し、しばしば絶望いたしましたが、妻が落ち着いて、そして時には大胆に私を支えてくれました。
本人が辛いのと同様に、ご家族も大変お辛い思いをされてらっしゃることは、痛いほどわかります。
「うつ病は必ず治ります。」と、私の主治医は繰り返し言いました。本人が病気を受け入れるとともに、家庭、医療者そして職場がサポートすれば、必ず治る、と確信しております。
その上で、今ご主人様の盾になれるのは、奥様ではないでしょうか。平常心と勇気を持って、専門家に相談し、適切な措置が受けられますことを祈ります。

もとこさん

皆さん「うつ」を乗り越えて、今いらっしゃること
本当に心強く思いました。
皆さんの奥様の力・支えに、今の自分を思うと少々落ち込みます・・・

身の上話になりますが・・・私は主人の8歳年下で、結婚と同時に縁もゆかりも無い土地に住むことになり、(それがすべてではないと思いますが)すべてを主人に頼りきっていました。それが突然主人、家族の支えになるなんて・・・無理でした。
急には無理ですが、今は自分自身が少しでも強く成長していく様頑張ります。

笑う精神科医 先生
精神科

笑う精神科医 先生

こんにちは

おうちで休養が取れないような状況であれば、入院されたほうがいいのではないでしょうか?ご本人の同意書が必要な任意入院と、主治医が入院を必要と認め、奥さんの同意の下の医療保護入院という入院形態があります。また、入院されたほうが思い切った薬の調整ができるためと、積極的に休養できるため早く治ります。

またいくら会社の中とはいえ医師が家族に病状説明をしないのはおかしな話です。ご主人が受診されるさいに付き添うなど何とか医師とコンタクトを取るように試みてください。

もとこさん

「入院」と聞くととても抵抗がありますが・・・・やはりきちんと医師の説明が聞きたいです。入院が必要であれば主人も私も納得して治療に専念できると思います。
会社の中の診療所で、診察に行くときはかなり体調のいいときに限られているので主治医に本当の症状が理解してもらえているのか疑問です。
会社はセキュリティ上たとえ家族でも中には入れないと主人は言いますが、一度直接電話して話が聞けるようお願いしてみます。
私自身日々の生活で精一杯になり、新しい行動が起こせなくなったり、考えられなくなったりしていました・・・・ご指摘頂いてこれからやるべきこと、行動に移していきたいです。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。