カテーテルアブレーションによる再手術について

1/12の質問の続きです。発作性心房細動が頻発し症状も酷いので、一昨年5月にカテーテルアブレーションの手術を行いましたが、その後、主に心房粗動が出るようになり、薬(タンボコール2錠+ジゴキシン1錠)を飲んでいます。今回は今日で26日目になりますが、粗動が治まりません。担当の医師から再度カテーテルアブレーションをやるか、今のまま慢性化に慣れるのを待つか、自分で決断するように言われていますが、どうすべきか迷っています。69歳の年齢のこともあり、もう少し高齢になったらできないと聞いております。手術を行った場合のリスクとこのまま、薬を飲みながら、慢性にした場合のリスクにはどのようなものがあるか。発症の危険性はどうか。これらの点を教えていただき、再手術の可否についてご指導願います。

person_outlineしんぞーさん

1名の医師が回答しています

へたれ循環器専門医 先生

循環器内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師