軟部腫瘍についていくつか相談があります。

男性です。28歳の時、外科で左後腹膜腫瘍と診断され画像検査上はCT、MRI共に神経鞘腫でしたが自覚症状はなぜか右鼠径部に鈍痛、四肢の機能障害がなかった為に担当医は腫瘍摘出による腹部の感覚の喪失が出る可能性の説明はありましたが、実際、認識が甘く術中においても神経鞘腫になっている神経の確認をせずまま安易に神経ごと摘出した為に術後間も無く左大腿四頭筋が麻痺しました。腫瘍は拳大あり病理検査上良性で腫瘍表面には神経線維が確認できました。病院側は術前の説明不足と想定外の合併症を起こしたとして医療事故として対応するとの事ですが軟部腫瘍は発生率が少ない、後腹膜で大腿神経L2根の一部が腫瘍化するのは予測不可能で、手術手技に問題は無かった等少しでも責任を逃れたいという意図を感ます。しかし術中の神経の確認を怠り、摘出の仕方が悪かったのかL2根の一部の欠損なのに大腿神経本管が絞扼し大腿四頭筋が全麻痺し一年半後の現在でも変わりません。ほんとに手術に落ち度は無いと言い切れるのでしょうか?
軟部腫瘍に関して一部外科医は考えなしに摘出したが為に麻痺などの症状を引き起こす事例があるようで裁判になり医師側が敗訴する判例もあるように担当外科医は軟部腫瘍に対しもっと注意すべきだったのではないでしょうか?実際同種の手術で脳外医師がマイクロサージャリーを使用して神経を温存して手術するなどがんセンター大学病院等の整形外科で軟部腫瘍を専門にされている所がある事を最近知りました、ほんとに外科だけでやる手術だったのでしょうか?病院側からは軟部腫瘍を専門でやってる病院は無いと聞いていたので怒っています。おかげで予後もどう注意していいかはっきりしません。病理検査上良性でも後に悪性で再発、肝臓、肺などに転移事もあるようなのですがどうすればいいのでしょうか?軟部腫瘍に有効なマーカーは何ですか?
長文、多数質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

person_outlineTOMSさん

2名の医師が回答しています

膿外科 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師