肺癌の診断と処置について

義母(72歳)が昨年8月の検診で、肺結核の疑い要再検と診断されました。再検の結果CT検査で左下葉部に直径10ミリの癌があるとのことでした。様子を診るとのことで、10月・1月と同じくCT検査を受け、変化が無いのでこのまま定期的に検査を受けて
急激な変化があればその時点で対応を考えるということになったそうです。手術をすれば肺活量が落ちるので、年齢から考えると寝たきりになる可能性があるので、このままがベストだとのこと。CT以外の検査は、していない様です。お医者様の指示通り経過を診て行くということでよいのでしょうか?

person_outlineつる姫さん

3名の医師が回答しています

えびちゃ 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師