乳がんの術後補助療法について

2005/11月、左乳房乳がん
乳房温存にて摘出手術を終了。
放射線治療30回も終了しました。
病理検査は次の通りでしたが、
私の主治医は化学療法を「−」としました。

化学療法は副作用も強いことから
私の希望も聞かれましたが、
主治医が必要ないという判断であれば、
それでよいとも思ったのですが
今後無治療となりますが再発転移の心配も…。

2005/10月のSt.Gallenコンセンサス会議による治療ガイドラインを参照すると
私は中間リスクに入るのではないかと思います。

国内の標準的な治療としてはどうなのでしょうか?

1.患者の年齢 50歳
未婚、出産経験なし、直系にがん患者はなし

2.現在までの経過
・昨年8月自己触診にてしこりを発見
・10月に都内病院にて検査の結果、
「細胞診ランク5」となり乳がんと診断された
・11/2に、同病院にて乳房温存摘出手術を終了
・病理検査の結果は、主治医が記入された用紙 抜粋から次の通り

1)乳頭腺管がん しこり1.3×1.5cm 第1期
2)リンパ節 センチネル検査の他、1つ腫れて いるリンパ摘出、2個とも転移なし
3)ホルモン受容体
女性ホルモン・黄体ホルモンともに陰性
4)HER2蛋白3+
5)グレード2
6)脈管侵襲−
7)断端−

よろしくお願いいたします。

person_outlinenakamuraminamiさん

2名の医師が回答しています

和歌山の医師 一般内科 先生

腫瘍科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師