ストレスと肝機能障害。運動療法のタイミング

10年程前に肝機能の治療(脂肪肝?)を始めてから一時的に良くなっても直ぐに悪くなるの繰り返しです。

入院(肝庇治療)に自宅療養(安静と食事療法)の繰り返し。

薬(ウルソサン)は飲み続けています。
1日3回最初の頃は50mgでしたが現在は100mg

注射や点滴(強ミノまたはネオミノファーゲン)は
倦怠感が酷い状態に20〜60cc

γーGTPは通常100〜300で悪いときは1000を超えました。
GOT/GPTは通常50〜100で入院した時は500近くだったと思います。

肝臓治療では基本は休養と食事だとは思うのですが、運動療法のタイミングはいったい何時でしょうか?
それというのも悪くなる原因のキッカケがストレスにある様に思えてならいのです。

適度な運動はストレスに強くなるし良い肝機能障害再発防止になるかと思うのですがタイミングは何時頃が良いのでしょうか?
またどの程度が良いのでしょうか?

以前チャレンジして逆効果になってしまった事があります。

person_outlineハウルキリクさん

2名の医師が回答しています

tora 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師