Q

母乳黄疸について

母乳黄疸について教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。一ヶ月と10日の赤ちゃんがいるのですが、黄疸が続いていて一ヶ月健診の時にも数値が高くその時の検査結果では母乳黄疸だと言われました。ですが、このまま黄疸が続くと赤ちゃんが貧血になるため再度検査が必要と言われました。万が一このまま、黄疸が続くのであれば母乳育児はやめるべきなのでしょうか?このまま、母乳を続けると何か悪い病気にならないかと心配です。ミルクで育てたほうが安心なのでしょか?
赤ちゃんに母乳が合わないと言うことはあるのでしょうか?
ぜひ、教えていただきたいです。よろしくお願いします。

質問者:hako34 さん

machokoさん

私は3人の子持ちですが、3人ともほぼ完全母乳で育てました。(3人目は現在進行中)3人とも黄疸が強く、出産を任せた超ベテラン助産士さんは「母乳の子は黄疸が長く続くけど心配いらない。」と言って下さいました。実際、2ヶ月を過ぎるくらいまでには黄疸も消えていました。3人ともとても元気です。母乳だからか熱も余りださず、すくすく大きくなっています。母乳を中断するのはもう少し待ってみても良いのでは?

hero2005 先生

黄疸が問題になるのは、脳血管のバリアーが未熟な新生児や未熟児において、ビリルビンが脳に蓄積することにより回復不能な障害をおこすために、対策が必要とされるのです。ですから、一定の期間をすぎて、赤ちゃんが充分に大きくなって脳血管のバリアが完成していれば過剰な心配は不要です。

ここで、重要なことは本当に母乳性黄疸であるかどうかとの検査が充分になされているかということでしょう。つまり、閉塞性黄疸などがないかを確認することが同時に重要です。

母乳の中断を必要とするときは、母乳に含まれるホルモンが新生児の肝臓に余計な負担をかけていると判断されるときです。大部分の赤ちゃんでは母乳を中止する必要はありませんが、すべての赤ちゃんがそうであるとはかぎりません。赤ちゃんの状態により、そのときのベストの選択をすることが重要です。過剰な心配をすることなく、余計な先入観を持つことなく、正しい選択をされてください。

hako34さん

アドバイスいただきありがとうございます。検査の結果だいぶ
、黄疸は落ち着いてきました。母乳で育てる自信がなくなりそうでしたが、がんばって続けてみようと思うようになりました。ありがとうございました。

hako34さん

血液検査の結果、黄疸は落ち着いてきているようですが、少し
貧血があるようですので検査は続けていくようです。母乳を止めようと思っていましたが続けていこうと思い直しました。まだまだ、心配ですががんばっていきます。色々と教えていただき本当にありがとうございました。また、何かありましたらその時はよろしくお願いします。

amiさん

うちの子もかなり激しい母乳黄疸でした。光がよいということで、よく日光浴させました。生後1ヶ月のころが一番激しくて以後だんだん色が取れていきました。結局完全母乳で育て上げました。母乳黄疸とはっきり言われたのなら心配ないと思います。心配しすぎはよいおっぱいが出ませんよ。

hero2005 先生

黄疸の治療に光療法がありますが、あれは、有害な光線をださない特殊な光です。勘違いして日光浴させる方がいますが、絶対やってはいけません。夏場だと脱水をおこしたり、体力を消耗させたりで、有害無益です。意識的に日光を浴びさせることなど、絶対にしないでください。

日本国内では、日常生活での日光量で日光の不足することはありません。将来の皮膚がんのことなどを含めて、新生児や乳児を日光浴させてはいけません。

hako34さん

アドバイスいただきありがとうございます。
正直、母乳をあきらめようと思っていました。ですが、もう少し様子をみてみようと思います。がんばってみますね。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

母乳中の卵胞ホルモンなどの代謝のため、肝機能が未熟な新生児の場合には、黄疸が続く場合があります。母乳が原因ならミルクにかえれば問題は解決するのですが、多くの場合には母乳を続けても、問題は生じません。

現在のお子様の発育の具合、黄疸の数値次第です。

hako34さん

ご回答いただきありがとうございます。
このまま、母乳をつづけても大丈夫なんですね。
貧血になると言われたのですが、最近、白目のところが青みがかっていたり、顔全体青白くて気になります。貧血に関しては適切な治療などあるのですか?やはり、母乳をしばらくやめることになるのでしょうか?再度、ご回答お願いします。

hero2005 先生

赤ちゃんで黄疸の値が問題になるのは、新生児の初期の段階での脳血管関門でのバリアの未熟性にあります。すでに一ヵ月後であることなどから考えて、母乳をやめなければいけない可能性は低いでしょう。

しかし、お子様の現在の体重や発育の程度、実際のビリルビンの値、母乳以外に黄疸の原因があるかどうかによって、最終的には判断されます。現在、診察をされて、そして検査値をみておられる担当医の先生に、「母乳をしばらくやめることになるのでしょうか」ということはお聞きになられないと、答えはでません。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。