腎不全患者に対するアルツハイマー治療

患者は家内;71歳、血清クレアチニン=2.49、尿素窒素=47.4、カリュム=5.8、アルブミン=3.07、総蛋白=6.01
日付け、時間、場所などについての認識が悪くなり、痴呆を疑いました。腎の主治医を経由して、神経の診察をうけました。1年ほどの様子見から、アリセプトDが処方されました。
腎に対しては、ノルバスク、メバロチン、カリメート、フェロミア、重曹、エポジン注/月1回がでています。
本人は食欲不振と多種類服用の副作用恐怖から、服薬を嫌がり、服薬率は60%くらいです。こうした状況で、更にアリセプトの服薬には抵抗大です。
すべての薬は腎に対して毒とおっしゃる先生もありますし、身辺には、多種類服薬から痴呆が進行した事例もあります。
腎およびアルツハイマー専門の先生から、それぞれに、アリセプトDを服用すべきかどうか、ご意見を賜れば幸いです。

person_outlineabcdefgkiさん

3名の医師が回答しています

精神科専門医 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師