肝硬変末期の治療について

78歳の母が30年位前にC型肝炎に感染し、4年半位前から4回ほど初期の肝臓癌の治療でエタノールや塞栓でその都度処置していただきました。
昨年11月初旬に肝硬変の為腹水が溜まり、体重が6Kg程増えたので入院し、アルブミンや注射で抜き取って頂き、3週間程入院しました。その際CTで小さな癌が3個見つかったのですが、「肝硬変末期なので、予後は1ヶ月〜3ヶ月だと思われ、癌の治療で痛い思いをさせるよりはこのままにしておいた方が良い」という病院の方針で放置してあります。
ところが、退院して自宅に帰った母は、3ヶ月経った今も食欲もあり、倦怠感や黄疸も無く、腹水のコントロールもうまくいっていて、(利尿剤等を服用しております)とても元気に過ごしております。食事の支度等も自分で出来るほどです。家族としてはまだまだ大丈夫なのではないかと期待しております。
そうなると癌の存在が気に掛かるのですが、病院は一向にCTを撮ることをしてくれませんし、食道静脈瘤の検査もしてくれません。(数年前から確認されています。)すでに見放されたような状態に感じます。
セカンドオピニオンで他の病院に相談した方がいいでしょうか?
ご指導の程、宜しくお願いいたします。

person_outlineタイムさん

1名の医師が回答しています

芋ようかん 先生

血液内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師