乳がんとホルモンとの関連について

person50代/女性 -

lock有料会員限定

ちょっと調べてみたことで、よくわからないことがあり、
質問します。
>乳がんは、エストロゲン依存性のがんである。
>エストロゲン依存性のがんの予防に、プロゲステロンを併用したほうがいい。
ということですが、
>ホルモン補充療法では、プロゲステロンを併用すると、子宮がんのリスクは下がるが、乳がんのリスクが上がる。
とあります。なぜでしょうか。
そして、乳がんのリスクは年齢とともに上がるということ。閉経すれば、女性ホルモンはなくなるのに、リスクがあがるのはなぜでしょう。寿命が延びているからでしょうか。
若い人が月経時不順でプロゲステロン単独で、長期間使うと、ピルと同じ効果になるのでしょうか。
これも、乳がんのリスクを上げるのでしょうか。

わかりにくい質問になってしまいましたが、
お時間のあるときに、どなたか教えてください。
お願いします。

person_outline薬師さん
1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師