セロトニン受容体各サブタイプの働きについて

偏頭痛治療薬のトリプタン製剤とオランザピンなどの統合失調症治療薬は、セロトニン受容体に対してはそれぞれ作動薬と拮抗薬のようですが、併用した場合、相互に影響しあうでしょうか。それぞれの薬剤が働くセロトニン受容体のサブタイプは異なるようですが。それと、セロトニンのそれぞれの受容体サブタイプの働き(食欲増進,錐体外路症状、うつ、偏頭痛、意欲、などほかにもいろいろあるのでしょうが)について詳しくご存知の先生がおられましたら、ご教示くださいませ。

person_outlineちんぞーさん

2名の医師が回答しています

Charisma Dr. K 先生

耳鼻咽喉科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師