Q

放射線被爆について

2年前より擬肺癌の経過観察のため腫瘍マーカー・CT年2回、PET年1回受けています。放射線の被曝が気になります。如何なものでしょうか?

質問者:老犬ポチ さん

普通の放射線技師さん

放射線技師ですので、ドクターの見解と違うことがあるかもしれませんがお許しください。

年2回のCTと年1回のPETでしたらご心配する必要はないと思います。
確かに、CTやPETは他の放射線検査より被爆量は多いですが、もともと医療で使用される放射線量は少ないものです。
しかも特定の部位のみに照射しますので(PETは少し違いますが)、身体全体の被爆量でみますと、とても微量なものです。
依頼を受けた我々放射線技師もできるだけ低線量で良い写真を出すことを心がけていますし、先生方も被爆量を考えた上で検査を依頼されているので、過度の心配をされることは無いと思います。

それよりも、被爆を気にされて検査をせずに癌を見落とされるほうが危険ではないでしょうか?

放射線の性質的には紫外線が近いので、放射線が強いと日に焼けたように皮膚が赤くただれたりしますが、検査をした程度では赤くなることはないでしょう?
身体に残る物ではないですし、それ位の程度だと思っていただいてかまわないと思います。

PETは注射で放射線を出す薬を入れるので少し趣が違いますが、今使われている薬は半減期(放射線の強さが半分になる時間、寿命みたいなものです。)が110分程度です。
おしっこや便によっても排泄されるので、じきに身体からなくなるはずです。
少し被爆量は多いと思われますが、PETは微細な癌を見つけるにはとてもとても有効な検査です。
被爆によるデメリットより、検査により得られるメリットの方が断然多いでしょう。

あまり心配されずに定期的に検査を受けられたほうが良いと思います。

老犬ポチさん

早速私の悩みにお答え戴き恐縮に存じます。今後心配せずに受診できます。有難うございました。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

肺癌の疑いでの定期検査ですので,極めて重要です.CTを年に一回にして,仮に癌が見つかるのが6ヶ月遅れた場合の損失は大きいです.

確かに年に2回の定期検査が気になる気持も分かりますが,計算上数値的には放射線被曝による二次癌をはじめとする他の疾患の心配はないと思います.

老犬ポチさん

お忙しいのに早速のアドバイス有難うございました。悩まず受診できます。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。