Q

1型糖尿病です

1日4回の自己注射をしています。最近はA1Cが6.1あたりで、空腹時血糖は100前後くらいで、たまに低血糖なんかもありますが、少しは落ち着いてきています。
ただ、時々、食事の量やインスリンの単位もちゃんと守っているにも関わらず、空腹時血糖が250〜300超に跳ね上がることがあります。風邪をひいた時だとか、少し体調に変化があった時などにそうなって、病院で風邪の薬やなんかをもらうと、血糖も元に戻るのですが、急に血糖値が300を超えるほど高くなった時は、どうすればいいのでしょうか。いつもはそのまま放っておいて、病院で薬をもらって自然に血糖が落ち着くまで、通常の食事・通常の単位の注射をしてますが、さすがに空腹時血糖が400近くまで上がったりすると不安です。次に受診する時に、主治医にきいてみるつもりではいるのですが、一般的には、こういった場合にどう対処するように指導されているのか知りたいので、教えていただければ幸いです。

質問者:リマ さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

体調不良の時には、インスリンの必要量が変ります。いわゆるシックデイと呼ばれるものです。へんなたとえで申し訳ないのですが、「鼻づまりやくしゃみのとき」、花粉症が原因なら血糖値は正常、風邪なら上昇というのが、私の場合の花粉症と風邪の見分け方です。すべてのヒトに当てはまるとは言えませんが、それくらい体調によって血糖値は変動するということです。

シックデイのときは、主治医の先生にご相談されるのが一番です。スライディングスケールという方法もありますが、低血糖の問題もありますし、血糖を悪化させている原因にたいする治療も重要です。空腹時が400というのはあんまりですね。シックデイ以外の原因を含めて、記録をお持ちになって、早めの受診をされることをおすすめします。

リマさん

やっぱり主治医に相談が一番ですね。当然、高血糖の時は、その後も血糖値を見ながら、どんなに遅くても24時間以内には受診しています。高血糖の時は、やっぱり風邪ひいてたりします。炎症を抑える薬なんかをもらって飲むと、それまでの高血糖が嘘のように、正常値ぐらいまで下がります。そういうことで、今までは高血糖があっても、すぐにはインスリンの単位を変えなかったのでしょうか。
以前、一度だけ食前の注射を忘れたまま食事して、そのまま3時間ほど経過し、血糖値を測ったら400近くあって、注射を忘れたことを思い出し、あわてて注射をした、なんてこともありましたが、その時とおなじような値が、注射もちゃんとしたにも関わらず、空腹時に出た時は、「インスリンが効いてないんだろうか」なんて思ったりもしました。その時は、手に湿疹が出ていて、ちょうど皮膚科で飲み薬をもらってきたところだったので、注射・食事の後にその薬を飲んだところ、血糖値がストーンと落ち着いたので、その湿疹が関係していたのだろうとは思いましたが。
あと、ちょっと気になるのが、生理が始まる前に3〜4日続けて空腹時に250超という、高血糖が続き、生理が始まると急に血糖値が元に戻る、ということが、以前に2〜3度ありました。その頃、生理不順で産婦人科を受診していたので、「先月こうだったんですけど」と産婦人科の医師に話したところ、「血糖のコントロールが悪いから生理が来ないだけじゃないんですか」と鼻で笑われてしまいました。A1Cは6.1%ぐらいで、極端に高くはなかったので、「そんなことないだろ」と思ったのですが、どうなんでしょうか。

hero2005 先生

糖尿病のコントロールが悪いと過多月経などの症状が出ることもありますが、「生理がこない」ということは、必ずしも血糖のコントロールの問題ではないでしょう。

むしろ、血糖コントロールを悪化した原因が月経に悪影響を及ぼした可能性があります。多くの因子が複雑に絡みます。婦人科医師が必ずしも、月経や糖尿病などに詳しいとは限りません。残念ながら、婦人科内分泌のすべてをカバーする知識を、すべての産婦人科医がもつとは限りません。

リマさん

産婦人科に行くと、「血糖値が高いから良くないんじゃないか」とか、産後すぐの頃、低血糖が頻発していた時は「あなた、今まですごくたくさんたべてたんじゃない?それに合わせてインスリンの単位を多くしてたから、入院した途端に低血糖起こすようになったのよ」と言われ、とても嫌な思いをしてきました。食べたくても一生懸命我慢してきたし、内科の先生は、妊娠したらインスリンを少し増やすんだと言っていたのに、どうしてそんなことを言われなくちゃいけないんだろうと、とてもつらい思いをしましたが、それは産婦人科の医師の知識不足と思って、気にしないことにしてもいいんですね。そう思っただけでも気が楽になります。本当にありがとうございました。

hero2005 先生

私は間脳−下垂体−内分泌系、ならびに糖尿病・生活習慣病、さらに運動生理学をやっている、産婦人科専門医でもあります。エストロゲンが及ぼす影響、妊娠時の糖尿病に対して多くの知識を必要なにですが、妊娠糖尿病を詳しくやっている医者以外では、知識がすくないかたもおられます。私自身が、インスリン注射を3回打ちしていることもあり、勉強をする機会と必要性にせまられて詳しくなっております。

くしゃみや鼻水がでるとき、血糖値が正常なら花粉症、血糖値が上昇気味なら風邪なんてことを自分の身体でも経験しています。血糖値のコントロールがうまくいかないのは、何らかの体調不良が起こっている場合でもあります。糖尿病を持つヒトは、「他の人以上に日常生活を規則的にする、身を慎む」ことの重要性をわが身をもって自覚させられています。

入院したとたんに、インスリン量が少なくてすんだのは、体調が改善されたためで当然のことです。体調がよくなれば、シックデイではなくなるのでインスリンの必要量は減少します。そのようなことを、教育してくれる内科医との協力体制ができると、患者様にとっても未熟な産婦人科医にとっても幸せなことだとおもいます。

妊娠中のコントロールは、つわりのときは、きわめて困難なことを経験しております。ひとつひとつの積み重ね、毎日の積み重ねが重要です。無知な未熟な産婦人科医を教育するくらいの勢いで頑張ってください。でも、張り切りすぎないで、ときどき「ガス抜き」で少しだけならワガママを言うことも大事です。糸は上手に緩めたり張ったりしないと切れてしまいます。妊娠中に羽目をはずしすぎると後が大変です。切れてしまわないようにご用心を。

リマさん

なかなか身近には同じ病気の人や、よくわかっている人が少ないので、わからないことも戸惑うことも多いですが、この先、人生長い道のりですから、神経質になりすぎないようにしながら生活していこうと思います。
知識もないのに、自分が医者だというだけで知ったような顔をして患者を責めるような人の言葉にいちいち敏感になってても仕方ないですよね。それがストレスになって血糖値が上がりでもしたら困りますし(笑)
丁寧にお答えいただき、助言・励ましもいただき、感謝しています。本当にありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。