Q

慢性副鼻腔炎

15年前より、アレルギーから喘息になってしまい、5年前に一度鼻たけの手術をしました、1年は喘息も治まりましたが、駄目でした、最近又鼻汁、においが無くなってしまいました、耳鼻科では、喘息患者は、何回手術しても同じ、ぶり返すので切らない方が良いとの事ですが?呼吸器科では、鼻の為に喘息が治らないとの事でした、耳鼻科の手術はむだですか?においが無いと、腐ったものも口に入れて初めて気づく状態がつらいです、良い治療方法を教えて下さい、お願い致します。

質問者:57歳女性 さん

D丸 先生
耳鼻咽喉科

D丸 先生

決して無駄ではありません。しかし、体質は変わらない為再発する可能性は充分あります。術後の経過観察を充分にしていれば再発を押さえ込めるはずです。治療を途中で中断しないことです。においは手術で改善できるかは判断できませんが、多少なりともわかるうちに手術をされると良いでしょう。においの神経は一度完全になくなると元には戻りません。長く付き合わなければならないとは思いますが、手術が無駄になるとは思いません。

57歳女性さん

有り難うございました、前回は、においも戻りましたので、がんばってみます。

玉置 益一さん

私も慢性鼻炎ですが、塩水+マキロンの混入液で鼻うがいをしていたらだいぶよくなりました。もっともその後喘息が出ちゃったんで、ベストかどうかはわかりませんが。塩水は海水ぐらいの濃度のほうが効果が高いようです。最初はかなり痛いので、薄い液からはじめたほうがよいようですけど。マキロンは少し入れておいた方が風邪とか引きにくいとか、あとからでてくる鼻水がくさくない(細菌は居ないんだと思います)とかのメリットがあるんでお勧めです。
(監修注:鼻うがい(鼻洗浄)に使用する液として塩分濃度は生理食塩水(0.9%)が適しています。厳密に調合する必要はないので、1%くらいと説明すると覚えやすいと思われますが、
海水(3.5%)ぐらいの濃度では明らかに濃すぎて鼻粘膜を傷めてしまいます。)

57歳女性さん

塩水等の鼻洗浄の件、有り難うございます、試して頑張ってみます。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

慢性副鼻腔炎による鼻汁があれば、喘息の治療、発作予防には悪影響でしょう。手術がすすめられるかもしれません。また、手術してにおいがわかるようになるかは、耳鼻科の専門医の意見が大切でしょう。状態によっては手術しても嗅覚が戻らないこともあります。今の耳鼻科医が手術をすすめないのであれば、違う耳鼻科医の意見も聞いてみてください。

57歳女性さん

有り難うございました、がんばってみます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。